「うどんの国の金色毛鞠」第3話先行カットが到着。深夜に考える宗太、そしてポコの将来

「うどんの国の金色毛鞠」第3話先行カットが到着。深夜に考える宗太、そしてポコの将来

第3話「赤灯台」より

テレビアニメ「うどんの国の金色毛鞠」第3話「赤灯台」の先行カットが到着しました。

<第3話「赤灯台」あらすじ> 寝相の悪いポコと一緒に宗太が寝ていると、深夜三時だというのに幼馴染みの中島忍が釣りに誘ってきた。赤灯台の下まで来た三人は釣りを始めるのだが、なかなか釣れない。飽きたポコを尻目に、宗太と中島はお互いの結婚の話や将来のことを話してしんみり。家と店を売るかもしれないと寂しそうに言う宗太に、中島は「うどん屋継げや」と言うのだが、宗太は曖昧な言葉を返すだけだった。宗太は実家を、そしてポコをどうするのだろう。[脚本:遠藤智樹、脚本(Cパート):池田臨太郎、絵コンテ・演出:伊東優一、絵コンテ(Cパート)・演出(Cパート):山下英美、作画監督:高田奈央子・芳我恵理子]

第3話「赤灯台」は、10月22日(土)25:55から日本テレビで放送。以降、西日本放送・サンテレビ・ミヤギテレビ・BS日テレ・日テレプラスで順次放送されます。

「うどんの国の金色毛鞠」は、通称“うどん県”で有名な香川県を舞台にした作品。父親の死に際し、生まれ故郷へ帰った主人公・俵宗太が、人間の子供の姿に化けたタヌキのポコと出会い、ポコや親友の中島、姉、初恋の同級生など、周囲の人たちとの生活を通じて成長していく物語です。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)