話題のゲーム「焼肉シミュレーター」のSwitch/スマホ版が2022年配信へ

話題のゲーム「焼肉シミュレーター」のSwitch/スマホ版が2022年配信へ

フライハイワークス公式Twitter(@FlyhighWorks)より

「肉を好きなだけ食べたい!」「でも、太ってしまう」。そんな悩みを抱えている人の救世主になってしまうかもしれないゲームが「焼肉シミュレーター」。

 現在、Steam版(PC)が販売され人気を博していますが、さらにNintendo Switch版とモバイル版(iOS/Android)の開発が明らかとなりました。499円で、2022年発売が予定されています。

 「焼肉シミュレーター」は牛タンやハラミ、カルビなど、お皿に盛られた生のお肉を熱した網の上にのせ、焦がさないようにタイミング良くひっくり返し、タレの入った小皿へ運んで食べるだけのシンプルなゲーム。特に複雑なシステムではないのですが、逆にそのシンプルさがウケ、SNSおよびYouTubeなどで人気となっています。

 制限時間内にたくさんお肉を焼きまくる「スコアチャレンジ」や、お肉を焼いて目標のスコアに到達するまでの時間を競う「タイムアタック」、自分の気が済むまで肉を焼き続ける「フリーモード」など、3つのモードでプレイが可能です。

 Steam版では今後、上記のモードに加えて、「ハラミマスターモード」「大食いコンボモード」「焼肉ブギョウモード」「オンラインマルチモード」が、アップデートで追加される予定。

 「焼肉シミュレーター」は、タイの開発スタジオ「Secret Charactor」が手がける作品。7月5日に、パブリッシャーをフライハイワークスがつとめること、「Yakiniku Simulator」から「焼肉シミュレーター」へ名称変更となること、そしてNintendo Switch版とモバイル版の開発・発売が発表されました。

 なお、Steam版は現在税込205円でプレイできますが、7月15日からカルビ1皿相当の税込499円に変更されるそうです。

<参考・引用>
フライハイワークス公式Twitter(@FlyhighWorks)
Steam「焼肉シミュレーター」
※画像はフライハイワークス公式Twitterのスクリーンショットです。

(佐藤圭亮)

関連記事(外部サイト)