「ガンダムR(リサイクル)作戦 2022」が全国45か所以上で開催

「ガンダムR(リサイクル)作戦 2022」が全国45か所以上で開催

R作戦_イメージ

 ガンダムを通じてリサイクルへの関心を高める活動「ガンダム R(リサイクル)作戦 2022」が、7月16日の横浜ランドマークタワーとMARK IS みなとみらいでの開催を皮切りに、全国45か所以上で開催されます。期間は会場によって異なり、入場・参加は無料です。

 また、8月より渋谷・名古屋・大阪にて、ガンダム総合イベント「GUNDAM NEXT FUTURE -BASE SERIES-」が開催されます。

 「ガンダム R作戦 2022」では、ガンプラのリサイクル活動についての展示や、使用済みランナーをリサイクルして作られたキット「エコプラ 1/144 RX-78-2 ガンダム 組み立て体験会 Ver.」と特別冊子、限定ステッカーの配布が行われ、その場でエコプラを組み立てることができる体験会を実施。組み立て後に、使用済みランナーを回収ボックスに入れることで、プラスチックの循環を身近に感じられる体験会となっています。

 また、一部の会場では、リンプラこと「LINKL PLANET(リンクルプラネット)」が登場します。

 渋谷・名古屋・大阪で行われる、「GUNDAM NEXT FUTURE -BASE SERIES-」では、「機動戦士ガンダム 水星の魔女」の前日譚「PROLOGUE」の上映や、オンライン試写会参加チケットが付属するスタンプラリーが実施される他、各会場独自の展示も予定されています。

 渋谷PARCOで行われる「SHIBUYA MINI BASE」には、ニューヨークを拠点に活動するアーティスト カーティス・クリグ氏による「Love Me」デザインのガンダムが展示され、渋谷PARCO1階の公園通り広場には、2m大のガンダム・エアリアル立像が登場。

 「NAGOYA BASE」では、会場となる名古屋PARCOの壁面に、実物大のガンダム・エアリアルが出現します。

 「OSAKA BASE」では、全高約 7mのガンダム・エアリアルのバルーン展示、「TOKYO BASE」では、リサイクルしたランナーを使用したガンダム・エアリアルの実物大ヘッドが展示されるなど、盛りだくさんな内容となっています。

(c)創通・サンライズ(c)創通・サンライズ・MBS
情報提供:バンダイナムコグループ ガンダムプロジェクト 株式会社 BANDAI SPIRITS

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?