ジブリ映画とトミカがコラボ 第1弾は「トトロ」「紅の豚」「千と千尋」

ジブリ映画とトミカがコラボ 第1弾は「トトロ」「紅の豚」「千と千尋」

「となりのトトロ ネコバス」 「紅の豚 サボイアS.21F」 「千と千尋の神隠し 海原電鉄」

 スタジオジブリのアニメーション映画と株式会社タカラトミーの「トミカ」がコラボした「ドリームトミカ ジブリがいっぱい」シリーズが誕生。

 第1弾として「となりのトトロ ネコバス」 、「紅の豚 サボイアS.21F」、「千と千尋の神隠し 海原電鉄」の全3種が11月19日に発売されます。希望小売価格は各税込1320円です。

 「ドリームトミカ ジブリがいっぱい01 となりのトトロ ネコバス」 は、「めい」を探して森を走る「ネコバス」を再現。

 行き先案内版が「めい」になっている他、生き物らしさを表現するため、細部までこだわって作られています。商品サイズは、W47.6mm×H38.2mm×D78.2mm。

 「ドリームトミカ ジブリがいっぱい02 紅の豚 サボイアS.21F」は、「ポルコ」の乗る飛行艇がトミカになって登場。

 操縦席やフィオが乗り込む座席、板を貼り合わせた飛行艇が、忠実に再現されています。商品サイズは、W93.8mm×H35.7mm×D78mmで、エンジン部分のプロペラは回る仕様です。

 千と千尋の神隠しからは、「ドリームトミカ ジブリがいっぱい03 千と千尋の神隠し 海原電鉄」がラインナップ。

 劇中で海の上を走る「海原電鉄」が、車体の内部まで再現され、車内には、「千尋」と「カオナシ」が乗車しています。商品サイズは、W26mm×H36mm×D84.7mm。2台購入で、前後に連結ができるそうです。

 「ドリームトミカ ジブリがいっぱい」シリーズは、トミカの安全基準を守りつつ、トミカらしいデフォルメでジブリの世界観を表現。第1弾に続き、今後もコラボ商品の発売が予定されています。

 なお、第1弾はトミカショップ、キデイランド(一部)、どんぐり共和国(全店)などで10月15日より先行販売。タカラトミーモールでは、9月15日より予約受付が開始されています。

(c)Studio Ghibli
情報提供:タカラトミー

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?