少年ジャンプの名作たちとバーチャルドライブしてきたよ

少年ジャンプの名作たちとバーチャルドライブしてきたよ

FIT×jump-ラッピング

50周年を迎える集英社の「週刊少年ジャンプ」と、本田技研工業株式会社の「NEWフィット」がコラボレーションした体感イベント「NEWフィット×少年ジャンプ バーチャルドライブゲーム 〜マンガの世界をドライブ〜」が7月6日より六本木ヒルズでスタートしました。

そこで、今回は「バーチャルドライブゲーム」を体験してきました。

■ 早速、NEWフィットで少年ジャンプの世界を体験!

ステージ上にメタリックで可愛い色合いのNEWフィットが置かれています。これに乗り込みます。後ろには巨大なモニターが!あなたのゲームプレイは会場内のみんなが見れるのです。ドキドキ。

運転席に座ると、フロントガラスがまるでゲーム画面のようなスクリーンに!操作はハンドルを回して行います。最初は好きな作品を選択!
作品は、ドラゴンボール、ONE PIECE、NARUTO、ジョジョの奇妙な冒険、るろうに剣心、HUNTER×HUNTER、BLEACH、こちら葛飾区亀有公園前派出所、銀魂、テニスの王子様、ヒカルの碁、黒子のバスケ、ハイキュー!!、キン肉マン、キャプテン翼の15作品から選べます。体験では「ジョジョの奇妙な冒険」にチャレンジ!

バーチャルドライブスタートすると、軽快なBGMと共に、ジョジョの名場面がマンガのコマ割となって次々に飛び込んできます。しかし見とれていてはいけない。実際にハンドルを回して「赤色の玉」を回収しながら進むのが今回のミッション!
規定の赤玉を回収できれば次の作品を選ぶことができ、最大3作品をプレイすることができます。

ステージクリアをしてドライブが終わると、車内のルームミラーに取り付けられたカメラで自動的に記念撮影が始まります。
撮影された記念フォトは、クリアした作品と共にステージ隣の「大型パネル」へ表示される。ちょっと恥ずかしかったが、いい感じのレタッチに加工されていたのでオシャレ感バッチリ。SNSネタにピッタリです!


実は意外と難しかったバーチャルドライブ。筆者はクリアすることを目的としたため赤玉の回収に夢中。結果、スクリーンに登場するマンガの名場面を見逃すことがしばしば…。
途中、あの時感動したコマ割りが飛び込んで来たときは、思わず鳥肌立ってしまいましたよ…!

なお、全3ステージの所要時間は5分くらいでした。動画撮影したくなっちゃうクオリティです。

■ 名作たちとフォトセッション! SNSに投稿して記念プリントをゲットしよう。

その他、会場内ではジャンプ50周年ということもあり、主要なキャラクターたちと一緒に記念撮影ができるポイントがいくつか用意されています。

撮影した写真にハッシュタグ( #FIT_JUMP )を付けてツイッターやインスタグラムに投稿すると、限定フレームの付いた写真として「その場で」プリントすることができます。

■ 貴重な「ラッピングフィット」もお披露目!

また、会場内で特に目を引いたのが、ジャンプキャラクターを模した貴重なNEWフィット。
車体のホワイトカラーと、モノトーンで描かれた躍動感溢れるキャラクターたちとの融合は、まさに「フィット」していると言わざるをえない。

「走り続けろ。」というコンセプトの元に開催された当イベント。
これから走り続ける「フィット」は、既に50年走り続けている「ジャンプ」からパワーを貰うという意味合いが強く感じられました。そんな名作たちが集う当イベントは、六本木ヒルズにて第一部・第二部にわけて8月27日まで開催。第一部は六本木ヒルズ 大屋根プラザで2017年7月6日(木)〜7月9日(日)に実施、第二部は六本木ヒルズ ヒルズカフェにて2017年7月15日(土)〜8月27日(日)まで行われます。入場料は無料です。

(HideI / 画像・編集部撮影)

関連記事(外部サイト)