都市開発ゲーム『シムシティ』の政治塾講師に東国原英夫氏決定 募集期間が8月6日まで延長

都市開発ゲーム『シムシティ』の政治塾講師に東国原英夫氏決定 募集期間が8月6日まで延長

政治塾講師に東国原英夫氏決定

都市開発シミュレーションスマホゲーム『SIMCITY BUILDIT(シムシティ・ビルドイット)』の開講する政治塾が、参加希望者多数のため募集締め切りを8月6日まで延長しました。

都市計画、都市運営を楽しく学べる『SIMCITY BUILDIT』を教材に用いて学ぶこのこの政治塾は、『SIMCITY BUILDIT School of Politics(シムシティ・ビルドイット・スクール・オブ・ポリティクス)』と名付けられ、二子玉川川 蔦屋家電 E-room 2にて8月21日〜23日の3日間(各日19時30分〜20時30分)、開校を予定しています。6月末に超一流講師陣を招き開催することが発表されるや、ゲームファンのみならず政治に関心を持つひとたちからも注目されていました。

今回の延長にあわせて3日間講義を行う講師陣の名前が発表されています。
まず1日目は元宮崎県知事として活躍した東国原英夫氏。生活者の満足度を高める・下げる政策について講義を行います。2日目を担当するのは、工学院大学建築学部まちづくり学科教授でまちづくり研究の第一人者でもある遠藤新氏。都市デザインの考察を通じて機能性と有機性を考えた魅力ある都市について講義。そして3日目は地方自治体を常に取材し続けている相川俊英氏が登壇。地域再生につながる政治に関して講義が行われます。

政治塾への参加は事前申し込みが必要。応募受付はSIMCITY BUILDIT公式経由の特設ページを通じて行われています。

(HideI / 画像提供・エレクトロニック・アーツ株式会社)

関連記事(外部サイト)