「幽☆遊☆白書」が舞台化決定 浦飯幽助役は崎山つばさ

「幽☆遊☆白書」が舞台化決定 浦飯幽助役は崎山つばさ

(C)舞台「幽☆遊☆白書」製作委員会 (C)Yoshihiro Togashi 1990年-1994年

 冨樫義博の人気作品「幽☆遊☆白書」の舞台化決定が明らかとなりました。公演は、8月28日からの東京公演を皮切りに、大阪、福岡、愛知の4都市を予定。

 主役・浦飯幽助を演じるのは崎山つばさ。そのほか、桑原和真役に郷本直也、蔵馬役に鈴木拡樹、飛影役に橋本祥平、コエンマ役に荒木宏文などの名前が発表されています。脚本・演出はミュージカル「刀剣乱舞」やアニメ「東京喰種トーキョーグール」など多数の作品で活躍する御笠ノ忠次が担当。

 チケット先行販売の受付は5月11日から開始され、プレミアムシート 10800円(税込み、前方エリア/非売品グッズ付き)、一般席 8500円(税込み)にて発売されます。

 「幽☆遊☆白書」は集英社の週刊少年ジャンプで1990年から1994年に連載された作品。コミック累計発行部数は5000万部を越え、テレビアニメは1992年から全112話が放送されました。2017年にアニメ化25周年を迎えたこともあり、現在様々なメディアミックスが進行中となっています。

■東京公演
2019年8月28日(水)〜9月2日(月)
シアター1010 〒120-0034 東京都足立区千住3丁目92 千住ミルディスI番館
■大阪公演
2019年9月4日(水)〜9月8日(日)
森ノ宮ピロティホール 〒540-0003 大阪府大阪市中央区森ノ宮中央1丁目17-5
■福岡公演
2019年9月10日(火)〜9月12日(木)
ももちパレス 〒814-0006 福岡県福岡市早良区百道2丁目3-15
■愛知公演
2019年9月20日(金)〜9月22日(日)
一宮市民会館 〒491-0028 愛知県一宮市朝日2丁目5-1

<キャスト>
浦飯幽助:崎山つばさ
桑原和真:郷本直也
蔵馬:鈴木拡樹
飛影:橋本祥平
雪村螢子:未来
浦飯温子:角島美緒
ぼたん:平田裕香
剛鬼:新田健太
幻海:エリザベス・マリー
コエンマ:荒木宏文

<スタッフ>
原作:冨樫義博「幽☆遊☆白書」(集英社「ジャンプコミックス」刊)
脚本・演出:御笠ノ忠次
主催:舞台「幽☆遊☆白書」製作委員会
(Office ENDLESS/ぴえろ/読売広告社/サンライズプロモーション大阪/バンダイナムコアーツ)
キョードー西日本(福岡公演のみ)

(C)舞台「幽☆遊☆白書」製作委員会
(C)Yoshihiro Togashi 1990年-1994年
情報提供:Office ENDLESS

関連記事(外部サイト)