「龍が如く最新作」の助演女優オーディションに行ってきた

「龍が如く最新作」の助演女優オーディションに行ってきた

「龍が如く最新作」助演女優オーディション(撮影:佐藤圭亮)

 セガゲームスの人気シリーズ「龍が如く」の出演者を決める、PlayStation4「龍が如く最新作」助演女優オーディションが、5月18日に開催されたので、行ってきました。

 これまで、キャバ嬢オーディションなどを開催して話題を振りまいてきた「龍が如く」ですが、今回はPlayStation4「龍が如く最新作」のメインキャラクターの1人として登場する助演女優を決めるオーディション。そのせいか会場は緊張感に包まれていました。

 今回のオーディションには、1000人超の応募があり、グランプリに輝いた1人にはゲーム内への出演の他、副賞として100万円などが贈られます。この日は、一次審査の書類選考を通過した60人が集まり、その中の7人(2グループ)のオーディションの様子を取材させていただきました。

 審査をするのは、名越稔洋さん(「龍が如く」シリーズ総合監督)、佐藤大輔さん(「龍が如く」シリーズプロデューサー)、横山昌義さん(「龍が如く」シリーズチーフプロデューサー)、阪本寛之さん(「龍が如く最新作」プロデューサー)の4人と聞いていたのですが、審査員の机に名越監督の名前が無い……。あれ?と思い、何気なく周囲を見てみると、少し外れたところで記者たちに紛れて普通に座っていました。名越監督曰く「今回は、見物に近い形で楽しませてもらっている」とのこと。

 最初のグループは3人で、元アイドルの里々佳さん、大学生の三上喬子さん、役者の井元まほさん。「殺し屋の役をやってみたい」と言った里々佳さんや、理想の死に方は「公演を終えて、舞台袖の椅子に座った瞬間に息絶えたい」と言った井元さんなど、衝撃的な発言をしていましたが、筆者が最も印象に残ったのは、このグループで唯一、芸能経験が無かった大学生の三上さん。


 青森出身で上京して大学に通っているそうなのですが、「実家が金持ち」、「龍が如く」に感動して友人に「私、絶対『龍が如く』に出るからと公言していた」、「セガゲームスの就職試験も受けようと思っている」など、個性的発言が満載でした。

 2組目のグループは、役者の長谷川愛美さん、元モデルで会社員の椎名結加さん、以前はシンガーソングライターとして活動していた女優の清成咲月さん、ゲーム好きで女優の東野瑞希さんの4人。

 2005年に実写化された作品「龍が如く 〜序章〜」で澤村由美の幼少期を演じた長谷川さんや、ゲームが大好きで「(やり始めたら一気に)30時間ソーシャルゲームをやる」と言った東野さん、「ホイッスルボイスが出せるのが自慢」と言った清成さんなど、素敵な経歴や趣味を持つ人たちばかりでしたが、筆者が印象に残ったのは椎名さん。

 椎名さんは、以前はオスカープロモーションに所属していたモデルで現在は退所し、一般企業で働かれているそう。しかし、「龍が如く」が好きで、再び芸能の世界に挑戦するために戻ってきたとのこと。特に「龍が如く6 命の詩。」が好きで、尾道へ聖地巡礼の旅に行ったほど。ものすごい熱意を感じました。

 オーディションを終えて、佐藤さん(「龍が如く」シリーズプロデューサー)は、「キャバ嬢オーディションと違い、今回は演技経験が豊富な人に応募してもらった」と話し、「ひょっとしたら応募のハードルは上がっているかもしれない」と、今回のオーディションについて印象を話しました。

 また、横山さん(「龍が如く」シリーズチーフプロデューサー)も、応募者数が1000人超ということもあり「今までのオーディションの中で一番大変な書類選考だった」と話し、「これから先もいっぱい悩むと思う」と、今回のオーディションが今までと違うものになっている実感を語っていました。さらに、阪本さん(「龍が如く最新作」プロデューサー)も、「今回はかなり慎重に審査している」と言い、「出演者とキャラクター、どちらにとっても良い形になれば……」と話していました。

 そして、最後に名越監督は、今回の助演女優オーディションは、いろいろな切り口でやることで新たな楽しさが出るようにしたいと考えたとのこと。今回のオーディションでは、「お芝居」がポイントで、「ルックスから一つ先に進んだところを重点的に見る」と語っていました。

 今回の二次審査では、約60人から最大でも10人程度に絞られる予定だそうで、三次審査の模様は6月上旬からWEBで公開されるとのこと。いったい誰が二次審査を通過するのか?注目です。

取材協力:株式会社セガゲームス

(取材・撮影:佐藤圭亮)

関連記事(外部サイト)