通称「キムタクが如く」が新価格版で復活 7月18日に発売決定

通称「キムタクが如く」が新価格版で復活 7月18日に発売決定

JUDGE EYESプレイ画面(1)

 俳優やアーティストとして活躍している木村拓哉さんが主人公を演じたことで、巷では「キムタクが如く」とも呼ばれている、PlayStation4用ソフトウェア「JUDGE EYES:死神の遺言」の新価格版が、「JUDGE EYES:死神の遺言 新価格版」として2019年7月18日に発売されることが決定しました。

 今作は、木村さんが主人公を演じ、主要人物のキャストも谷原章介さんや滝藤賢一さん、中尾彬さんといった実力派俳優陣が集結。さらに、人気ロックバンド「ALEXANDROS」の書き下ろし楽曲も使用されていたため、2018年12月13日に発売されるや、瞬く間に話題となっていたゲーム。

 しかし、出演者の一人であったピエール瀧被告の逮捕が3月に報じられると、販売元のセガゲームスは、出荷とダウンロード販売の自粛を発表。欧米版については3月22日にホームページ上で、「ピエール瀧容疑者(当時)のキャラクターに関して差替えを行い、当初の予定通り6月25日に発売する方針です」と発表していました。

 そんな「キムタクが如く」が、いよいよ7月18日に新価格版で復活します。なお、ピエール瀧被告が演じていたキャラクター「羽村京平」は、俳優の田中美央さんに姿や声が差し替えられており、ストーリーなどゲーム内容に変更はありませんが、オリジナル版で作成したセーブデータを使ってゲームを再開することはできないとのこと。そのため、これを機会にお買い得になった新価格版で、あらためてプレイしてみるのもいいかもしれませんね。

(c)SEGA

<参考・引用>
株式会社セガゲームス(2019年5月21日プレスリリース)

(佐藤圭亮)

関連記事(外部サイト)