吉田秋生新作は「詩歌川百景」 「海街dairy」和樹が主人公

吉田秋生新作は「詩歌川百景」 「海街dairy」和樹が主人公

画像提供:株式会社小学館

 漫画家・吉田秋生の最新作「詩歌川百景(うたがわひゃっけい)」の連載が、2019年7月26日頃発売の小学館発行「月刊フラワーズ」9月号でスタート。表紙&巻頭カラー56Pの大ボリュームで掲載されます。

 第61回小学館漫画賞を受賞した、前作「海街dairy」の完結から、約1年ぶりとなる新連載「詩歌川百景」は、「海街diary」の浅野すずの義理の弟・和樹を主人公にした物語。 谷間の温泉町に生きる人々を描いた、心揺さぶる人間ドラマが展開されるとのことです。

 「月刊フラワーズ」は毎月28日頃発売の少女漫画誌。田村由美「ミステリと言う勿れ」、さいとうちほ「輝夜伝」、など、数多くの話題作が連載中。6月28日頃には、絹田村子の数学コメディー「数字であそぼ。」を表紙&巻頭カラーにした、8月号が特別定価590円(税込)で発売されます。

情報提供:株式会社小学館

関連記事(外部サイト)