「魔法科高校の劣等生 来訪者編」2020年TVアニメ化決定

「魔法科高校の劣等生 来訪者編」2020年TVアニメ化決定

魔法科高校の劣等生 来訪者編

 原作・佐島勤、イラスト・石田加奈による「魔法科高校の劣等生」のTVアニメ第2期制作が決定した。「魔法科高校の劣等生 来訪者編」として、2020年に放送される。

 また、第2期決定の発表にあわせあて特報PVとティザービジュアルが公開された。ティザービジュアルには司波達也、司波深雪と来訪者編の重要なキャラクター、アンジェリーナ=クドウ=シールズが描かれている。

 「魔法科高校の劣等生」は魔法が技術として確立された世界を舞台に、通称“魔法科高校”に通う1組の兄妹と仲間たちの波乱の日々を描いた大人気小説。メディアミックスでは、コミカライズ、ゲーム、アニメ化(2014年にTVアニメ、2017年に劇場アニメ)とされており、シリーズ累計は1500万部を突破(原作小説シリーズ累計1000万部)している。

 2020年に放送される第2期メインスタッフは、2017年に劇場版として上映された「魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女」から変わらず、監督・吉田りさこ、音楽・岩崎?、アニメーション制作・エイトビットが担当。声優陣も中村悠一、早見沙織、日笠陽子をはじめとした第1期、劇場版からの続投。

 さらに2020年1月からはTVアニメ第1期の地上波再放送が決定。その他には、ティザービジュアル使用Webアイコン・ヘッダーがスペシャルページで配布されている。

■「魔法科高校の劣等生」原作・佐島勤コメント
 アニメ「来訪者編」制作決定。このニュースに驚かれた方も多いと思います。私も初めて聞いた時には驚きました。「魔法科高校の劣等生」のアニメ化は劇場版「星を呼ぶ少女」で最後だと思っていましたので。それが再び、映像で達也や深雪、彼の仲間たちの活躍をご覧いただけることになり、感慨もひとしおです。また、劇場版では突然の登場となったリーナについても、キャラクターの背景を含めてご披露できるのは幸運なことだと感じています。
 「入学編」「九校戦編」「横浜騒乱編」とは打って変わってオカルト色が強い「来訪者編」ですが、視聴者の皆様には前回シリーズ以上にお楽しみいただけると確信しています。「来訪者編」の見所は「横浜騒乱編」のようにド派手な大破壊ではなく、友情(一部恋愛)に支えられたチームプレーです。若い彼らの「絆」の力にご期待ください。

(C)2019 佐島 勤/KADOKAWA/魔法科高校2製作委員会
情報提供:株式会社アニプレックス

関連記事(外部サイト)