「鈴木敏夫とジブリ展」東京で開催決定 4月20日から23日間

「鈴木敏夫とジブリ展」東京開催決定 神田明神に新設された「EDOCCO」内ホールなど

記事まとめ

  • スタジオジブリ約3年ぶりの東京展覧会、「鈴木敏夫とジブリ展」の開催が決定
  • 神田明神に新設された「EDOCCO」内の明神ホールおよびその周辺エリアで開催
  • 昨年の名古屋、金沢で開催されたスタジオジブリ展を元にさらにバージョンアップ

「鈴木敏夫とジブリ展」東京で開催決定 4月20日から23日間

「鈴木敏夫とジブリ展」東京で開催決定 4月20日から23日間

過去開催「言葉の魔法展」の様子

 スタジオジブリ約3年ぶりの東京展覧会、「鈴木敏夫とジブリ展」の開催が決定しました。場所は神田明神に新設された文化交流館「EDOCCO」内の神田明神ホールおよびその周辺エリア。2019年4月20日〜5月12日の23日間、期間中無休で行われます。

 「鈴木敏夫とジブリ展」は、スタジオジブリの敏腕プロデューサー鈴木敏夫氏の“言葉”に注目した展覧会。一昨年の広島(筆の里工房)、昨年の名古屋(松坂屋美術館)と、金沢(金沢21世紀美術館)で開催された「スタジオジブリ 鈴木敏夫 言葉の魔法展」を元にさらにバージョンアップした展覧会となります。


 会場には、 鈴木敏夫氏が書き下ろした書やイラストをはじめ、新たな時代へのメッセージを来場者に投げかける特別企画、本企画展の会場となる神田明神とジブリのコラボレーショングッズの販売も予定。

 入場料は未定で、2019年2月10日よりローソンチケットにて前売券の販売が予定されています。なお、前売券は数量限定のオリジナルグッズ付きチケットも販売予定。価格や特典についての詳細は近日、特設サイト(http://ghibli-suzuki.com/)他で告知されます。

(C)TS (C)Studio Ghibli
情報提供:「鈴木敏夫とジブリ展」東京会場実行委員会

関連記事(外部サイト)