アニメ「日本沈没2020」のキービジュアルが解禁 国際映画祭への出品も決定

アニメ「日本沈没2020」のキービジュアルが解禁 国際映画祭への出品も決定

アニメ「日本沈没2020」のキービジュアルが解禁

 アニメ「DEVILMAN crybaby」の湯浅政明監督が、ベストセラー小説「日本沈没」をアニメ化(2020年夏、Netflixで全世界独占配信)。今回、キービジュアルが解禁され、「アヌシー国際アニメーション映画祭2020」の出品も決定しました。

 アニメ「日本沈没2020」は、2020年の日本が舞台。 これまでの「日本沈没」の映像作品では描かれることの少なかった、ごく普通の家族の物語を通じて、“いま”がリアリティと緊張感をもって迫ってくる内容になっています。

 主人公は、陸上部のエースでオリンピックを目指している、武藤家の長女・14歳の歩(あゆむ)。オンラインゲームに夢中で、エストニアに住む夢を持つクールな弟の剛(ごう)、元水泳選手でどんな苦境でもポジティブな母・マリ、サバイバル能力がありいつでも頼れる存在の父・航一郎とともに、ごく普通の生活を送っています。

 しかし、ある日、突然の大地震が日本を襲い日常が一変。家族4人で東京から決死の脱出を始めるのですが、沈むはずのない日本列島が徐々に軋み始め、容赦なく彼らの行く手を阻んでいきます。極限状況の中で、否応なく究極の選択を突きつけられた人々が運命と向き合い、その先にある希望と再生へと進もうとする物語が、はたしてどのように描かれているのか、期待が高まります。

 解禁されたキービジュアルには、ところどころ擦り切れた1枚の写真が……。歩を中心に、武藤一家が笑顔で並んでいるのですが、その背景には、まさに大震災直後を思わせる衝撃的な風景が見え隠れしています。誰かの手によって掲げられている写真は、紺碧の海と青空、そして太陽に照らし出されていて、その先に希望を感じさせるビジュアルになっています。

 さらに、6月15日〜30日にかけて、デジタル上で開催される「アヌシー国際アニメーション映画祭2020」のTV部門に、日本から唯一出品されることも決定。この映画祭でノミネートされるのは今回が5度目(TV部門では2度目)となる湯浅監督は、2017年に「夜明け告げるルーのうた」でアヌシー映画祭長編部門・クリスタル賞(グランプリ)を受賞しています。

 「DEVILMANcrybaby」で、全世界を衝撃に包んでから約2年。湯浅監督が挑んだ最新作、 Netflixオリジナルアニメシリーズ 「日本沈没2020」は、2020年夏、全世界に独占配信されます。

(c)“JAPAN SINKS : 2020”Project Partners
情報提供:Netflix

(佐藤圭亮)

関連記事(外部サイト)