え?これ痛車?「わかるひとだけにわかる痛車」が話題

え?これ痛車?「わかるひとだけにわかる痛車」が話題

2代目篠原重工社用車

 車の車体部分に、漫画やアニメ・ゲームで登場するキャラクターやロゴのステッカーを貼ったり塗装を施した「痛車」。普通はこれとわかるキャラクターがでかでか描かれ一瞬で「痛車」と分かるものなのですが、一般車両と見分けのつかないデザインを施した「痛車」がこのごろ、ネット上で話題になっていました。

 普段は舞台関係の仕事をされているという投稿者の綾小路 紅麿さん(以下綾小路さん)が制作したのは人気アニメ「機動警察パトレイバー」にて、主人公の一人である篠原遊馬(あすま)の父親が経営するメーカー「篠原重工」の社用車。

 ちなみにパトレイバーとは、1988年に公開された押井守監督によるOVAアニメ作品と、ゆうきまさみさんのマンガ作品(小学館発行「週刊少年サンデー」で連載)を皮切りに、映画・小説・ゲーム・実写など今でいうメディアミックスの先駆けとなった作品。先日には1989年に公開された劇場版第1作「機動警察パトレイバー the Movie」の4DX公開でも話題となり、現実とリンクしたリアル感のある描写は多くのファンを虜にしました。

 綾小路さんも、そんなリアル感のある描写に惹かれてリアルタイムで視聴していた世代。しかしこれは私の偏見かもしれませんが、痛車選びであえてパトレイバーに登場した社用車を選ぶのは少々意外なチョイスです。今回その理由を綾小路さんにお聞きしました。

 「元々痛車の祭典である痛Gふぇすたというのがありまして、2009年の第1回から参加していたんですが最初は皆さんが連想されるような”萌え感”のある車両で参戦したんです。ただ会場でただひたすらに文字だけが刻まれたトラックの痛車を見かけまして。それが凄く印象的でこういうのも楽しいんじゃないかなと感じたのがきっかけです」
 ※痛Gふぇすたとは2009年から2016年までに開催された芸文社発行「痛車グラフィックス」(現在は休刊)主催の痛車展示イベントのこと。

 確かにデコトラも中には文字圧のインパクトが強烈なタイプもありますし、痛車に転用するのも別段不思議ではない話。そんなわけで綾小路さんが当時運転していたダイハツ ミラがちょうど車種としてもピッタリだったので、これを改造してイベントにも参加されたそう。


 え?ちょっと話がおかしくないかって?

 そう、実は綾小路さんが制作した篠原重工社用車は2台あり、今回話題になったのは2代目。2010年のイベントにミラで参戦したのが元祖篠原重工社用車なんです。

 そして月日は流れ、綾小路さんも様々な痛車を制作しつつ、もう一つの趣味であるコスプレ活動に勤しんでいたわけですが、ある時またあの篠原重工の痛車を作ろうと思い立ったのが2019年。

 「まずは車種の選定もしっかりと行って、デザインも普段見かける企業の社用車を観察しながら作りました」

 そんな中で誕生した“2代目篠原重工社用車”。車種はダイハツ ハイゼットを選択し、初代よりも細部のディテールに拘ったとのことで、後方部分には作品にて登場しているキャラクターの名前を刻印しつつも、現代風に合わせて安全運転ステッカーも合わせて貼付しているという徹底ぶり。ちなみにこちらのデザインは自らフォトショップでデザインしたのち、プリントは看板屋さんに依頼したものの、貼り付けはご自身でされたそうです。パトレイバーという作品を知らなければ、篠原重工業株式会社という会社のなんてことない普通の社用車にしか見えません。

 この「わかるひとだけにわかる痛車」の醍醐味がいいんですと答えてくれた綾小路さん。そのねらいも語ってもらいました。

 「私もパトレイバーを見ていたので、ついつい細かいところを盛り込もうとしがちなんですが、でもそれだとパトレイバーファン向けだけのものになってしまうんです。いかに街中で自然に溶け込めるかということを意識した結果あのような作りになりました」

 ナンバープレートに関しても希望したナンバーにせず、あくまでひとりの痛車作りとしてこのデザインを選んだのとのこと。といいつつも車両通行証やオリジナル社員証をちゃっかり製作している綾小路さんのパトレイバー愛もとても深く感じるのは気のせいでしょうか。

 ちなみにこの社用車ですが、実は2019年1月にもTwitterにて投稿したところ、1万を超えるいいねの反応があり大きな反響を呼びました。約1年半が経った今回改めてクローズアップされたことで何か変化があったのか聞いてみると、

 「何もないですよ(笑)でも走行中に手を振ってもらったり、信号待ちをしているときに横断している方からサムアップポーズをしてもらったことはあったかな(笑)」

 この記事をお読みになった皆様、もしこちらの”コンディショングリーン”な社用車を見かけられましたらよろしければお手を振ってくださいませ。

<記事化協力>
綾小路 紅麿さん(@ayanokohji)

(向山純平)

関連記事(外部サイト)