劇場版「鬼滅の刃」の興行収入が初日から3日間で46億円突破 約340万人を動員

劇場版「鬼滅の刃」の興行収入が初日から3日間で46億円突破 約340万人を動員

「鬼滅の刃」の興行収入が初日から3日間で45億円突破

 「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」が10月16日に全国公開。10月17日にはTOHOシネマズ六本木ヒルズで、監督・キャスト・主題歌アーティスト登壇による舞台挨拶も実施されました。そして、本日10月19日、初日から3日間の興行成績が発表され、観客動員は342万493人、興行収入はなんと46億2311万7450円でした。

 「鬼滅の刃」は2019年にTVアニメが放送。最終話では、主人公の竈門炭治郎とその仲間たちが、無限列車に乗り込むシーンで「竈門炭治郎 立志編」の物語が幕を閉じましたが、その無限列車を舞台に、炭治郎たちの新たなる任務が描かれたのが、「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」。10月17日に実施された舞台挨拶の様子は、全国206館の映画館へ生中継も行われました。

 そんな「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」の10月16日の興行成績は、平日における日本国内で公開された映画の興行収入・動員の歴代1位を記録(観客動員:91万507人/興行収入:12億6872万4700円)。

 さらに、17日(観客動員:127万234人/興行収入:17億172万3350円)・18日(観客動員:123万9752人/興行収入:16億5266万9400円)も同じく、土日における日本国内で公開された映画の興行収入・動員歴代1位となりました。

 また、パソコンと携帯電話を使ったWEB初日アンケートによると、映画の満足度は、「非常に良かった」(84.6%)、「良かった」(13.8%)を合わせて98.4%と、非常に高い満足度を示しているとのことです。

情報提供:東宝・アニプレックス

(佐藤圭亮)

関連記事(外部サイト)