Official髭男dismが『ドラえもん』に登場!メンバー全員が本人役で出演&新曲熱唱

3月5日(金)に公開される『映画ドラえもん のび太の宇宙小戦争(リトルスタ―ウォーズ) 2021』。

その主題歌を手がけるOfficial髭男dismの4人が、テレビアニメ『ドラえもん』に本人役で登場。このほどアフレコに挑んだ。

『映画ドラえもん のび太の宇宙小戦争2021』は、名作と名高い『映画ドラえもん のび太の宇宙小戦争』(1985年公開)を、新たな脚本と最新技術によってリメークしたもの。大きな宇宙の小さな星を舞台に、ドラえもんたちが大冒険を繰り広げていく。

その主題歌は、Official髭男dismが書き下ろした『Universe』。テレビアニメでも1月9日(土)放送分から、この新作映画とコラボ。エンディングに映画の最新映像と『Universe』が流れることが決定した。

しかも、この主題歌がつないだ縁で、Official髭男dismが1月16日(土)放送のストーリー「テレビとりもち」に本人役で声の出演をはたすという、さらに豪華なコラボが実現した。

ボーカル&ピアノ担当の藤原聡は、映画『キャッツ』(2020年1月公開)の日本語吹き替え版で堂々声優デビューを経験しているが、メンバーの小笹大輔(ギター)、楢ア誠(ベース&サックス)、松浦匡希(ドラム)と一緒にアニメに登場するのははじめてのことだ。

◆アフレコではアドリブも華麗に披露

“テレビとりもち”は、テレビに映ったものをなんでも取り出すことのできるひみつ道具。

ほしいものがたくさんあるものの買ってもらえないのび太は、ドラえもんからテレビとりもちを借りてテレビのなかからあれこれ取り出すことに。

©藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK

しまいには、しずかが大ファンだというOfficial髭男dismを音楽番組のなかから引っ張り出してサインをお願いする。

そんなストーリーだけに、アニメーションでOfficial髭男dismが『Universe』を披露するシーンも描かれる。

©藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK

アフレコ当日、さわやかにスタジオに現れたメンバー。リハーサルでしっかりタイミングをつかんだようで、なんと本番はほぼNGなし。熱唱中にテレビとりもちで引っ張りだされるというシーンではセリフのほかにアドリブ歌唱を求められたが、快く対応し、和やかにアフレコを終えた。

なお、2021年最初の放送となる1月9日(土)の放送は、「バランス注射」「お金なんか大きらい!」「初日の出セット」の豪華3本立て。1月16日(土)はOfficial髭男dismが登場する「テレビとりもち」のほか、「ぬけ穴ボールペン」もお届けする。

◆Official髭男dismコメント

――映画の主題歌に続いてテレビアニメ『ドラえもん』とのコラボが実現しました。劇中で歌唱シーンもあるという豪華なコラボですが、オファーを受けたときのお気持ちを教えてください。
あまりに想定外のオファーをいただき、大変驚きました。どんな感じになるのか想像がつかず、楽しみと緊張が混ざった気持ちになったのを覚えています。

――アニメになったご自身のキャラクターをご覧になって、いかがでしたか。感想をお聞かせください。
実際よりも男前にデザインしていただき、関係者の皆様に感謝の気持ちがあふれました!

――今回のアフレコの感想を教えてください。
楽しく、とても貴重な経験をさせていただきました。ありがとうございます。オンエアが楽しみです。

番組情報:『ドラえもん
2021年1月16日(土)午後5:00〜午後5:30、テレビ朝日系24局

関連記事(外部サイト)