「ドラえもん」「クレヨンしんちゃん」が土曜夕方に引越し! ネットは悲鳴「今の時間の方が見やすい」「日曜10時台の方が…」

 テレビ朝日は22日、毎週金曜夜に放映されている人気アニメ「ドラえもん」(午後7時〜)と「クレヨンしんちゃん」(午後7時半〜)を10月から土曜夕方の放送枠に移行すると発表した。「ドラえもん」は1981年から38年間、「クレヨンしんちゃん」は92年にスタートし、2004年から現在の枠で放映されており、ネットは「毎週金曜の夜はドラえもん→クレヨンしんちゃん」という流れに長い間親しんできた視聴者からの戸惑いの声であふれている。

 同局によると、現代の子供たちのタイムスケジュールに合わせ、じっくりとテレビを楽しむことができる土曜夕方に「アニメタイム」を新設。「クレヨンしんちゃん」を午後4時30分から、「ドラえもん」を午後5時から放映するという。

 この一報にネットは騒然。SNSには「ドラえもん土曜日に移んの!?えええ???!!」「子供の頃から金曜日はドラえもんとクレヨンしんちゃんだったのにー!!」など、驚きの声が殺到。また今回の新編成について「金曜の夜だからこそ親も仕事を終えて、家族で食卓に集まって、家族みんなで楽しめていたのに残念です」「ドラえもんとクレしんのない金曜の夜なんて…リビングでの団らんが減っちゃうじゃないか」「ドラえもん→しんちゃん→Mステの流れがよかったのになぁー」と残念がるコメントも集まった。

 一方、同局の方針に対しネットでは疑問の声もあがっている。目立ったのは「土曜の夕方って家にいない」という書き込みだ。ツイッターには「子供がゆっくり見れる。ってあるけど、塾とか遊んでる子とかばっかだろうし、土曜はお出かけしてる人が多いから絶対金曜夜の方が視聴率取れたはず」「ドラえもんとしんちゃんは今の時間の方が見やすいと思う」「間違いなく視聴率下がるぞ」「古くは昭和の時代から、放送時間帯や曜日を変えると視聴者が離れるというジンクスがテレビ業界にあるのだけど、どういう結果になるのかな」という意見もあり、同局の考えに首をかしげるユーザーも多かった。

 また、かつて「ドラえもん」が日曜朝に放送されていた時期を思い出したユーザーもおり、ツイッターには「それならプリキュアと特撮の流れで日曜10時台の方がまだマシのような」「日曜朝の情報番組を短縮してAM7時半から『ドラえもん→しんちゃん→プリキュア→仮面ライダー→スーパーヒーロー』」と続けた方のが良かったかと」「こんな中途半端な時間にするならむしろ朝の方が良いのでは」といった提案も数多く見受けられた。

関連記事(外部サイト)