文春野球「コミッショナーだより」4月号

文春野球「コミッショナーだより」4月号

©文藝春秋

 今年もまた粛々と2018年のペナントレースが開幕いたしました。

 そしてチーム制となった文春野球コラムペナントレース2018も2年目のシーズンがはじまっています。開幕戦から各球団ともに素晴らしいコラムをいただき、またとんでもない代打が出てきたりと、すでに予想を上回る熱戦が続いております。このペースで1年間、持つのでしょうか。なんて懸念しつつ、コミッショナーだより4月号、はじめさせていただきます。

 というわけで、今月のおしながきです。

1、文春野球コラムペナントレース2018 開幕のおしらせ
2、個人タイトル制定のおしらせ
3、文春野球2018 春の順位予想まつり
4、オープン戦の結果

■1、文春野球コラムペナントレース2018 開幕のおしらせ

 3月30日、文春野球コラムペナントレース2018が開幕しました。開幕戦は12球団の監督による直接対決6試合が同時に行われ、1年間にわたる文系野球の熱い戦いの幕が切って落とされました。

 4月15日までにセ・パともに3試合を消化し、順位は以下の通りとなっております。

チーム順位 セ・リーグ(4月16日現在)
1位 巨人   
2位 ヤクルト 
3位 横浜DeNA
4位 広島   
5位 中日   
6位 阪神  

チーム勝敗数 パ・リーグ(4月16日現在)
1位 千葉ロッテ 
2位 日本ハム  
3位 オリックス  
4位 ソフトバンク
5位 東北楽天  
6位 埼玉西武  


 尚、今月の残りの日程とコラムニストの予告先発は こちら からご確認ください。

■2、個人タイトル制定のおしらせ

 今年度のコラムペナントレースから、文春野球ではこれまでの年間/月間タイトルに加えて、個人タイトルを制定することが決定いたしました。新設されたタイトルは以下の通りです。
・首位打者(打率=HIT数/PV数)
・本塁打王(記事ごとの最高HIT数)
・最多勝 (個人の勝利数)

 首位打者の目安になる打率の数字は、閲覧した数(PV数)のうち何人がヒットボタンを押したかによって算出されます。本塁打は一本のコラムで一番多くHITを稼いだ数です。飛距離みたいなものだとお考え下さい。測定値は24時間後のHIT数ではなく、測定日時点でのHIT数。最終的な本塁打王はペナント最終日での一番HIT数を稼いだコラムに決定します。最多勝は対戦における個人の勝ち星です。

 これにより文春野球のタイトルは以下の通りになります。

【年間タイトル】
年間最優秀コラム
MPV【最多PV数】
最多試合出場
最多勝
首位打者
本塁打王
新人王

【月間タイトル】
月間最優秀コラム
月間首位打者
月間本塁打王


 それでは、せっかくですので、4月13日までの個人成績を発表いたします。

セ・リーグ打率五傑
1位 .268 伊藤智仁(ヤクルト)
2位 .263 西澤千央(横浜DeNA)
3位 .253 長谷川晶一(ヤクルト)
4位 .195 真中満(ヤクルト)
5位 .188 高森勇旗(横浜DeNA)

パ・リーグ打率五傑
1位 .276 鈴木大地(ロッテ)
2位 .226 梶原紀章(ロッテ)
3位 .196 えのきどいちろう(日本ハム)
4位 .193 田尻耕太郎(ソフトバンク)
5位 .165 上岡真里江(西武)

本塁打セ・リーグ
1. 3227 真中満(ヤクルト) 「 真中満前監督がヤクルトを『4位』と予想した根拠 」(4/8)
2. 2685 西澤千央(横浜DeNA)「 井納翔一は『炭坑のカナリヤ』だった 」(4/10)
3. 2255 プロ野球死亡遊戯(巨人)「 上原浩治の復帰が巨人軍と巨人ファンにもたらしたもの 」(3/30)
4. 2243 Kameyama(巨人)「 菅野智之が大谷翔平に2倍以上の大差をつけている記録とは? 」(4/8)
5. 1666 高森勇旗(横浜DeNA)「 まるで経営者 DeNA・筒香嘉智の知られざるリーダーシップ 」(3/30)

本塁打パ・リーグ
1. 3251 鈴木大地(ロッテ)「 開幕3連戦を終えて ロッテ・鈴木大地の想い 」(4/5)
2. 2248 えのきどいちろう(日本ハム)「 ボッコボコの日本ハム 僕は石川直也を絶対、見捨てない 」(4/4)
3. 1143 田尻耕太郎(ソフトバンク)「 川ア宗則は『引退』じゃない 『野球から距離を置く』の真意とは 」(3/30)
4. 949 DOMI(オリックス)「 あえて宣言しよう オリックスの戦力は“12球団トップ”である 」(3/30)
5. 851 木村幹(オリックス)「 あえて言う、オリックスは先発投手の替え時を間違っていないか 」(4/5)

勝利数セ・リーグ
1位1勝 プロ野球死亡遊戯(巨人)
    ?真中満(ヤクルト)
    伊藤智仁(ヤクルト)
    高森勇旗(横浜DeNA)
    西澤千央(横浜DeNA)
    大山くまお(中日)
    若狭敬一(中日)
    藤田勇次郎(広島)
    オギリマサホ(広島)

勝利数パ・リーグ
1位2勝 えのきどいちろう(日本ハム)
    かみじょうたけし(楽天)
3位1勝 鈴木大地(ロッテ)
    田尻耕太郎(ソフトバンク)
    加藤淳也(ソフトバンク)
    堀江良信(オリックス)

 以上になります。熾烈な個人タイトル争いにもご注目ください。

■3、文春野球2018 春の順位予想まつり

 文春野球では、2018年のコラムペナントレース開幕にあたりまして、スペシャルイベント「春の順位予想まつり」を開催し、みなさまから投票いただきました。

 この企画は、文春野球をご愛読いただいている読者の方に、セ・パそれぞれのコラムペナントレースの順位予想をご投票いただき、シーズン終了後に全予想的中の方には何かしらの白いプレゼントを贈らせていただこうというものです。

 すでに4月2日から9日までの一週間の間に投票を受け付けさせていただきました。優勝に予想されたチームで支持を得たのは以下の順になります。

セ・リーグ優勝予想
1位 28.2% 巨人
2位 26.2% ヤクルト
3位 21.8% 横浜DeNA

パ・リーグ優勝予想
1位 28.2% ロッテ
2位 26.2% 西武
3位 21.8% ソフトバンク

 また同時に募集しました今年度の新人王候補で支持を集めたのは以下の方たちです。

新人王候補
セ・リーグ
1位 真中満(ヤクルト)
2位 高森勇旗(横浜DeNA)
3位 松嵜麗(ヤクルト)

パ・リーグ
1位 斉藤こずゑ(日本ハム)
2位 木村幹(オリックス)
3位 上岡真里江(西武)

 続きまして、皆様からいただいた順位予想の一部をご紹介させていただきます。

 まずは某県にお住いの40代男性からのセ・リーグ順位予想を見てみましょう。

1位 広島
2位 ヤクルト
3位 阪神
4位 巨人
5位 横浜DeNA
6位 中日

 ではその理由です。

「投打に駒の揃ってる広島は1位。2位のヤクルトは青木・川端の復帰が大きく12球団でも屈指の強力打線。3位阪神はロサリオ・糸井・福留のクリーンナップの破壊力。4位は巨人。正直、一番順位が読めない球団……。」

 ……えー。今回の投票ですが、どうやら本物のペナント順位予想と勘違いされている方がちょこちょこまぎれていらっしゃったようです。繰り返します。こちら、文春野球です。打つものはボールじゃなくてキーボードです。

「文春野球コラムペナントレース2018」の順位予想でお願い致します。それでは、気を取り直してまいりましょう。

【セ・リーグ順位予想】

カツさん(東京都/20代/男性)
1位 巨人
2位 横浜DeNA
3位 ヤクルト
4位 広島
5位 阪神
6位 中日

「セ・リーグは巨人、ヤクルト、横浜の三つ巴の戦いになると私は考える。巨人の死亡遊戯さんの巧みさや、ヤクルトの打倒巨人に本気を感じる長谷川さん率いる豪華メンバー、横浜の高森さんの内側から這い出る様なコラム、この3チームが上位で接戦を繰り広げるのではないだろうか? 広島がどの様な動きをするかも注目である」

知人男性さん(東京都/20代/男性)
1位 ヤクルト
2位 巨人
3位 中日
4位 横浜DeNA
5位 広島
6位 阪神

「ヤクルトライター陣の陣容は超強力。真中、伊藤、松嵜の強力トリオは優勝時の川端、山田、畠山トリオを彷彿とさせ、巨人死亡遊戯の巨大な壁を打ち破るのではないか。中日はCBC若狭アナが非常に味のある原稿を書いており新風を吹かせるかも」

ひ。さん(愛知県/40代/男性)
1位 中日
2位 広島
3位 巨人
4位 横浜DeNA
5位 ヤクルト
6位 阪神

「若狭アナのドラゴンズ愛に期待」

まさあきさん(北海道/30代/男性)
1位 広島
2位 ヤクルト
3位 阪神
4位 巨人
5位 横浜DeNA
6位 中日

「予想がつかない事が起きると想定した予想です」

みたらいさん(兵庫県/50代/女性)
1位 阪神
2位 巨人
3位 広島
4位 横浜DeNA
5位 ヤクルト
6位 中日

「市川さん、マツモトさんの女性ライターの爆発に期待。現役記者の遠藤さんも強力な戦力で金本阪神と共にコラムも優勝!」

ダイ・ナガーチャさん(神奈川県/30代/男性)
1位 横浜DeNA
2位 巨人
3位 ヤクルト
4位 阪神
5位 広島
6位 中日

「今や京浜工業地帯のみならず、日本の人妻こと西澤女史のエロス迸る文章が炸裂し、辺りは眩い光に包まれた。次の瞬間『一体我々は何を争っていたのか』という思いに包まれることでしょう。『もうやめよう。こんな不毛な争いは。ちひろ、お前が優勝だ!!』というわけで、西澤さん好きです」

【パ・リーグ順位予想】

うちゅうさん(東京都/20代/男性)
1位 ロッテ
2位 西武
3位 オリックス
4位 楽天
5位 日本ハム
6位 ソフトバンク

「オリックスは大物ルーキーで生粋の物書き、木村教授が新人王と予想。ロッテは選手が登場するなど派手な企画が好きな梶原広報の名手腕に期待。ダークホースは西武。中川充四郎監督が今年の辻西武の快進撃と合わせて、名だたる黄金期のOBたちを登場させることに期待」

あきさん(北海道/50代/女性)
1位 日本ハム
2位 ロッテ
3位 楽天
4位 オリックス
5位 ソフトバンク
6位 西武

「えのきどいちろうさんが日ハムについては生き字引と言われるラジオパーソナリティをパートナーにしたのは戦略的に大正解だから」

カツさん(東京都/20代/男性)
1位 ソフトバンク
2位 ロッテ
3位 西武
4位 日本ハム
5位 楽天
6位 オリックス

「パ・リーグはホークスの優勝を予想する。ホークスの記事と言えばこの人と言う田尻さんが監督を務めるのは大きなアドバンテージだと思う。考えられる限りのベストメンバーで去年の雪辱を晴らそうと言う強い意志を感じる。予想が出来ないが間違えなく謎の覆面ライター達に無限の可能性を感じたロッテを2位とした」

HALさん(神奈川県/30代/女性)
1位 西武
2位 オリックス
3位 ソフトバンク
4位 日本ハム
5位 楽天
6位 ロッテ

「西武ライオンズ40周年、負けるわけにはいかない!!!」

よしおさん(神奈川県/30代/男性)
1位 オリックス
2位 ロッテ
3位 西武
4位 楽天
5位 日本ハム
6位 ソフトバンク

「オープン戦ではオリックスに一番面白いコラムが揃っていた。野球との距離が程よく近い。ただ、オリックスはジンクス的に優勝候補にしない方がいいか……?」

ヤスアキジャンプがしてみたい虎(大阪府/30代/男性)
1位 楽天
2位 ロッテ
3位 オリックス
4位 西武
5位 日本ハム
6位 ソフトバンク

「イメージを含めたコラムの面白さと言う意味でもこの順位。かみじょうたけし頑張って」

 順位予想の正解者には、何かしらの賞品を予定しております。発表はシーズン終了後に行います。

■4、オープン戦の結果

 2月5日から2カ月間にわたり戦って参りましたオープン戦の結果です。なんやかんやですっかりお伝えする機会を逃してしまっていたので、今更ですが発表いたします。

2018年度文春野球オープン戦最終順位

優勝 中日    ? 4216HIT 4試合
2位 オリックス  2215HIT 4試合
3位 ロッテ    2280HIT 7試合
4位 日本ハム    2145HIT 2試合
5位 ソフトバンク 2121HIT 5試合
6位 横浜DeNA     2055HIT 2試合
7位 阪神     1261HIT  2試合
8位 楽天     1045HIT  2試合
9位 広島     615HIT 1試合
10位 巨人     585HIT 1試合
11位 西武     571HIT 1試合
12位 ヤクルト   登板なし

 2018年のオープン戦は中日ドラゴンズが優勝しました。おめでとうございます。

 尚、オープン戦打撃成績は以下の通りです。

オープン戦 打率五傑
1位 .319 西澤千央(横浜DeNA)
2位 .225 上岡真里江(西武)
3位 .221 RISA(オリックス)
4位 .220 斉藤こずゑ(日本ハム)
5位 .192 田尻耕太郎(ソフトバンク)

 オープン戦、女性ライターの活躍が目立ちましたね。そして西澤さんのこの数字(倉本人妻キャンプレポート)をどう捉えるべきか。文春野球の羅針盤が試されていますよね。

 以上、長々とお伝えしました、文春野球コラムペナントレースコミッショナーだより4月号、ようやくエンディングです。

 最後に予告します。今年も文系野球の公募企画「文春野球フレッシュオールスター2018」を開催することが決定しました。詳細は今月中に号外で改めてお知らせいたしますので、今しばらくお待ちくださいませ。

 というわけで、引き続き文春野球を何卒よろしくお願い致します。ありがとうございました。

(村瀬 秀信)

関連記事(外部サイト)