田中圭、佐藤健、ムロツヨシ……2018年「ドラマの顔」はこの10人だ!

田中圭、佐藤健、ムロツヨシ……2018年「ドラマの顔」はこの10人だ!

『半分、青い。』のヒロインを演じた永野芽郁

 2018年のドラマ界をひっぱった「顔」は誰だろうか? 平均視聴率20%を超えるNHK朝ドラから、おじさんに光を当てた「おっさんずラブ」、「バイプレイヤーズ」まで、記憶に残る10人を選ぶ。(好評発売中の 『週刊文春エンタ!』 より)

◆◆◆

 2018年を振り返るうえで避けて通れないのはNHKの“朝ドラ”俳優である。近年、平均視聴率がたいてい20%を越えているドラマは“朝ドラ”だけ。当然ながら出演俳優の認知度も上がる。18年前期の『半分、青い。』は全156話の平均視聴率が21.1%と、16年前期『とと姉ちゃん』の22.8%以来の好成績となり、18年後期『まんぷく』の初回視聴率は23.8%と00年後期『オードリー』の23.2%以来の快挙。世間の注目のほどが感じられる。

■美少年とマイルドヤンキーを演じこなした佐藤健

『半分、青い。』では、永野芽郁と佐藤健が演じる、同年同日に生まれた運命的な幼馴染が、それぞれ一度はほかの人と結婚するなど人生を迷いに迷い、お互いバツイチになってから、ようやく一番大事な相手として認識する。10代の永野と20代の佐藤が高校生からアラフォーの中年まで長きにわたる恋心を懸命に演じきった。

 永野は朝ドラヒロインには珍しい傍若無人で言動粗暴な役を体当たりで演じ、若い視聴者の共感を得た。佐藤の役は『ベニスに死す』の美少年“タジオ”と呼ばれるほどの美形キャラ設定で、その役を特集した写真集は増刷するほど盛り上がった。佐藤はそのうえ、回を増すごとに視聴率が上がった『義母と娘のブルース』(TBS系)で同時期2作の高視聴率番組出演という偉業を達成。朝ドラとは180度違うマイルドヤンキー系な役を演じて俳優としての幅の広さを見せた。

■“広瀬すずの姉”を抜けた広瀬アリス

『まんぷく』のヒロイン・安藤サクラは、奥田瑛二、安藤和津の次女、柄本明、10月に亡くなった角替和枝の長男・佑の妻という芸能一家のひとりとして実力派ながら知名度はまだまだだったのが、今年、出演した是枝裕和監督『万引き家族』がカンヌ国際映画祭最高賞受賞という追い風に乗っての朝ドラヒロインで一気に脚光を浴びている。朝ドラヒロイン初のママさん女優で大阪での撮影に子どもを連れて臨んでいることも売りのひとつに。親しみのある雰囲気で、戦後から高度成長期、夫を支えてたくましく生き抜く女性のアイコンとして高齢層にも愛されそう。

 朝ドラとしての評判は少々おとなしめだった17年後期『わろてんか』は、広瀬アリスを“広瀬すずの姉”という認識から一気に抜けて堂々独り立ちさせた。吉本興業のミスワカナをモチーフに、三枚目の夫を尻に敷く女芸人を華やかかつかわいげも残して演じた後は引っ張りだこだ。

■愛玩犬系の田中圭がにわかにモテモテ

 18年のメガヒットといえば『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)。会社の上司と同僚から(どちらも同性)恋される主人公の戸惑いをコミカルに描いたドラマで、主人公・はるたんを演じた田中圭とピュアな上司を演じた吉田鋼太郎が女性層から高い支持を得て、番組の公式本も15万部を超えるベストセラーに。吉田演じる黒澤のInstagram「武蔵の部屋」はフォロワーが44万5000人と、シェイクスピアを中心にした舞台系実力派がお茶の間の人気者と化した。田中圭は小栗旬、綾野剛、坂口健太郎とイケメンが多く所属する事務所の繊細な演技派中堅ポジションであったが、世話が焼ける愛玩犬男子俳優としてにわかにモテモテ。

■“喜劇役者”ムロツヨシの台頭

 最近のブーム、もうひとつはバイプレイヤー。ドラマ『バイプレイヤーズ』(テレビ東京系)をきっかけに、長年、映画やドラマの脇をしっかり支えてきた演技も個性も熟成された手練のおじさん俳優が受けている。今年急逝した大杉?をはじめとして遠藤憲一、松重豊などがいるが、今、彼らよりもひとまわり若い人気バイプレイヤー予備軍が頭角を現しはじめている。代表格はムロツヨシ。『大恋愛〜僕を忘れる君と』(TBS系)で戸田恵梨香の恋の相手役に抜擢された。

『勇者ヨシヒコと魔王の城』や『銀魂』などの福田雄一監督作でユーモアを振りまく“喜劇役者”(自分でそう名乗っている)が恋愛ドラマの相手役をやるというサプライズは、朝ドラ俳優一強のようにすらなっている18年の俳優戦線に、終盤ようやく刺激を与えてくれたといえるだろう。だがしかし所属事務所のプロフィール写真を見るとイケメンふうで、喜劇役者はあくまでキャラなのではないかという疑惑がもたげてくる。

■28年目の共演 織田裕二と鈴木保奈美

 バイプレイヤーのもうひとりは、映画化もされる『コンフィデンスマンJP』と人気海外ドラマのリメイク『SUITS/スーツ』(フジテレビ系)と月9に連続出演し、長澤まさみ、織田裕二、鈴木保奈美たち主演俳優を支えている小手伸也。オンエア時の副音声放送では裏話などを担当し人気を得ている。元々小劇場で活動していた独特の濃さを醸す個性派で、三谷幸喜の大河ドラマ『真田丸』(16年)から注目され、月9でブレイク。月9に出てもバイトが辞められないことが売りの庶民目線キャラとして愛されていきそうだ。

『SUITS』といえば織田裕二と鈴木保奈美。伝説の『東京ラブストーリー』(91年)から28年めの再共演で、バブル時代、若さゆえの青い悩みを抱える社会人を演じていたふたりが行う、酸いも甘いも?み分けたセレブ弁護士同士の丁々発止のやりとりは当時を知る者にとっては胸アツ。アラフィフになってもお父さんお母さん役に収まらないふたりが眩しい。

■シニアのアイドルに進歩した内田有紀

 かつてのスターやアイドルの再ブレイクは18年の注目現象で、内田有紀もそのひとり。大河ドラマ『西郷どん』の大久保一蔵(瑛太)の愛人役、朝ドラ『まんぷく』のヒロインの姉役ほか、NHKが宮部みゆきの怪獣小説をまさかの実写化した『荒神』のヒロインも鮮烈だった。彼女の素晴らしさは衰えない美貌ももちろんながらその心がけにある。10月30日放送の『うたコン まんぷくSP』に“まんぷく三姉妹”として出演した際、元気ソングを選ぶにあたり、ナット・キング・コールの『SMILE』をチョイス。お母さんも好きなのだとコメントし高年齢層にアピール。彼女は若者のアイドルからシニア層のアイドルにみごとに歩を進めたのだ。

 年齢層を問わないアイドルといえば『チコちゃんに叱られる!』(NHK)のチコちゃん。俳優ではないが、「ボーっと生きてんじゃねえよ!」とキレッキレの5歳は、今年一番、新鮮でチャーミングな存在だった。再ブレイク組が多かった18年を経て、平成の終わる19年には新時代を担う俳優の出現を期待したい。

(木俣 冬)

関連記事(外部サイト)