阿部和重×伊坂幸太郎 最強タッグで挑むCTB=キャプテンサンダーボルトが帰ってきた!

阿部和重×伊坂幸太郎 最強タッグで挑むCTB=キャプテンサンダーボルトが帰ってきた!

©鈴木七絵/文藝春秋

 あのCTBが帰ってきた!

 2014年、阿部和重と伊坂幸太郎による「完全合作」として世に出たのが、小説『キャプテンサンダーボルト』だった。CAPTAIN THUNDERBOLTの頭文字をとって、CTB。  

 純文学の旗手たる阿部と、ミステリー界随一の人気を誇る伊坂。異色の二人がまさかタッグを組むとは。この組み合わせで何かが起こるなんて予想もしないから、誰もが度肝を抜かれた。

 ともにアイデアを練り、構想が固まったら一人がある章を書き、もう一人がそこに遠慮なく手を入れ、また戻し……というスタイルで執筆は進んだ。両者の才能の完全なる融合。だから、共作ならぬ合作と呼んだ。

 そうして生まれたのは、相葉時之と井ノ原悠の小学校時代の悪友コンビが外国人テロリストと敵対し、東北を駆け巡るノンストップ・エンタテインメント。

 このたび文庫化されたのを機に、阿部和重・伊坂幸太郎の対談が実現。はたして完全合作はどう生まれ、育っていき、二人の作家に何をもたらしたのだろうか。

◆◆◆

■「バランス派」同士だから合作ができた

伊坂 文庫化にあたってしっかり読み直しましたけど、この小説おもしろいですね(笑)。情報満載でいろんなアイデアがたっぷり詰まっているし。

阿部 そう、それでいてひじょうにバランスが取れているんですよ! 流れの中で自然に情報が提示され、そこにロジカルな謎解きやアクションシーンが無理なく入ってくる。すべてが溶け合い、ベタな言い方をすれば見事なマリアージュになっているといいますか(笑)。

伊坂 いきなり二人で自画自賛して、呆れられちゃいそうですけど(笑)。でも、エンタテインメントとして本当によくできたものになったと改めて思います。合作ってたぶん、バランスをとるのが難しいんですよね。僕も阿部さんも小説を書くときバランスを重視するタイプだから、どうにかできたんじゃないかなと思います。

阿部 初対面で食事したときにはもうそんな話をしていましたね。かっこよすぎず、でもちょっと引っかかりのある言葉をいつも探してしまうよねといったことを。

伊坂 それで、ともに「バランス派」だということで合意に達して。

阿部 中間管理職みたいで響きはイマイチですけど(笑)。そのときの会話は弾みに弾んで、小説のアイデアなんかも飛び交った。伊坂さんと小説を書いたら楽しそうだなとごく自然に思いました。

伊坂 学校の休み時間にクラスで無駄話しているみたいな感じでした。盛り上がって、それが結果的に、いっしょに小説をつくりましょうという話につながって。

阿部 ただ、実際に作業が始まると、さすがに緊張感がありました。章ごとにまずどちらかが書き、それをお互い直していくかたちで進めましたけど、何かを書くと最初の読者が伊坂さんというわけです。伊坂さんの目を常に意識しながら書いていましたね。

伊坂 小説を書くうえで気づかされたこともたくさんありました。阿部さんはとにかく執筆時の集中力がすごい。見習いたいけれど、自分は結局自分の書き方しかできないから、ただ感心するばかりで。阿部さんが論理的に話を構築していくさまも、近くで見られてよかったです。あるとき阿部さんからのメールで、一つの場面を楽天ゴールデンイーグルスの試合と絡めようとの提案がきました。そういう風に背景を作るのか、と感動して。

阿部 あれはカーチェイスの末、主人公の一人の相葉が救出される場面。仙台市内が舞台で、人が多いとその場面を成立させるのが難しかった。仙台に人が少ない状況をつくるには、当時盛り上がっていた楽天の試合を絡めるしかない。皆が大事な試合に集中していることにしようと考えました。

伊坂 理詰めですよね。僕なら「まあ人が少ないこともあるんじゃないか」くらいで済ませちゃうんですよ(笑)。そのあたりを阿部さんが、的確に補強していってくれました。

阿部 CTBには野球が全編に通底するテーマにもなっている。楽天が出てくるのは必然性もあると思いまして。伊坂さんを見ていて「そうか、こういうふうに書くのか!」と感じたことも多かったですよ。たとえばもう一人の主人公・井ノ原は、アレルギー持ちの子どもがいて苦労している。その子が病院に行く場面。  

 ぶっきらぼうな医師が、何気なく子どもの気をそらして、その隙に注射をしてしまう。その短い描写でキャラクターの性格、距離感、誰が何を大切に思っているかがすべて鮮やかに説明されています。「その医者は意外に優しい」などと書くのではなくて、行為と言葉のやりとりですべてを表す。すばらしいです。合作で得た学びは、その後の執筆に確実に影響を与えていますよ。

■CTBだけが心の支えだった

阿部 CTBを書いていたのは2011年から2014年あたり。お互いにたいへんな時期でしたね。

 伊坂さんは仙台で震災に遭い、僕も結婚して子どもが生まれた。それぞれの人生が変化している時期で、ときにはこの作品にすがるようにして生きていた。

伊坂 震災後、僕はもう小説を書けないという気分になったりしていて、でも、CTBだけはやろうと思って、これを完成させることが心の支えになっていたんですよね。だから書き終えたら燃え尽きちゃって、今もまだ半ばリハビリ中なんですけど。  

 企画ものだから楽しんでやれた、というようなノリでは全くないんですよね。二人でなら本当におもしろいもの、完璧なエンタメ小説ができるんじゃないかと思ったし、そこを本気で目指しました。だから、二人の作家がいっしょに書いたという事実ばかりが注目されると、ちょっとさびしい。それよりも、合作の末に出来上がった作品が大事で、下駄を履かせずふつうに読んでもらって、おもしろいじゃん! と思ってもらえたらいい。

阿部 単行本を出したときには合作のインパクトが強かったかもしれないけれど、今回の文庫化を機に、作品にまっすぐ向かっていただけることも増えるのでは。みなさんが物語としてのおもしろさを読み解いてくださるのではという期待が今は強くあります。  

 よりおもしろくしたいと願って、改稿作業もみっちりしましたからね。内容的には、一ヶ所だけ書き換えたところがあります。

伊坂 終盤のシーンのごく一部ですが。全体の流れはまったく変わらないので限定的なことだと思ったんですが、書き直すの、かなりたいへんでしたね。

阿部 そう、描写もセリフも、少しでも変えてしまうと、たちまち前後に影響が出てしまう。それだけ緻密に構成された作品なんだと言えると思います。

伊坂 文庫は上下巻で、それぞれの巻末に「ボーナストラック」も収めてあります。

阿部 プロットはいっしょにつくり、二人が一つずつ持ち帰って書いたもの。相手の原稿の書き直しはしなかったので、本編との違いもまた味わえるんじゃないかと思いますのでお楽しみに。

■阿部→伊坂、伊坂→阿部 への三つの質問

 合作を経て、相手のことを知り尽くした感のある二人。そこで、「改めてお互いに聞きたい三つの質問」を、投げかけ合ってもらった。

伊坂 ではまず僕から一つめの質問です。『キャプテンサンダーボルト』をつくっていて、「これはもう完成させるのは無理だ」と思ったときはありますか?

阿部 書いているときは一切なかったですね。ただ、最初に打ち合わせをしたときに、すごくたくさんアイデアが出たから、この膨大なアイデアをまとめることなんて実際にできるのかなとは思いました。

伊坂 書きたい場面がたくさん上がりましたものね。すごいのは、そのときに出たアイデアがほぼ盛り込まれていることですよ。

阿部 ではこちらからも、一つめの質問を。登場するキャラクターで、こいつはもう少し書いてみたいなという人はいますか。

伊坂 そう考えると、作品の中でけっこう書き切ったという気がしますね。好きなタイプの登場人物は多いんですけど。「レッド」とか。あと、相葉と桃沢瞳の関係、あの感じも僕の好きなパターンです。

?

伊坂 二つめは、奥様(小説家の川上未映子さん)とは、小説の感想を言い合ったりするものなんですか?

阿部 仕事の話はよくしますね。自分にはそれがたいへん役立っています。小説を書くための脳って、トレーニングをしないと機能が低下するものだと思います。同業者が家にいて日頃から小説の話をしていると、脳がいつも動くというか、ほどよい緊張感があっていいですよ。

?

阿部 こちらの二つめを。伊坂さんの小説はよく映画化されますよね。僕の作品はまだ一つも映画化されたことがないのでわからないのですが、原作者としては映画化作品とどんな距離で接するんですか?

伊坂 なんというか、野球部のなかった高校に野球部を作った人のような気持ちなんですよね。今の現役チームが甲子園に出場することになって、すごいすごいと言われている。後輩たちも、先輩が野球部を作ってくれたおかげで僕らは甲子園に行けましたと言ってくれる。でも、僕自身は今のチームで試合に出たわけじゃないから、甲子園は僕の功績なんかじゃない。僕がいたから皆が甲子園に行けたのは事実と言えば事実なんですけど、「俺、試合出てないんだけど」というような感じでしょうか。

?

伊坂 三つめです。プリンスにデヴィッド・ボウイと、阿部さんの好きなアーティストが続けて亡くなっているじゃないですか。どういうお気持ちだったんですか。

阿部 デヴィッド・ボウイが亡くなったときは、俺こんなに泣くことあるのかというほど泣きました。自分でも驚いていたら、プリンスのときはさらに泣きました。感情をひたすら揺さぶられました。それほど自分の人生に深い影響を及ぼしていた人たちだったということなんですね。

?

阿部 では最後の質問。『キャプテンサンダーボルト』で特に気に入っている場面はどこでしょうか。

伊坂 自分で中心になって書いたところでいえば、校庭で相葉が走っていく場面は好きです。DVDがあるなら何度もリプレイしたいくらい(笑)。阿部さんが中心に書いたところだと、ホテルで人が入り乱れるシーン。ああいう群像劇、誰が主人公か分からなくて、大勢が騒ぎを起こしている場面って、僕にはちょっと書けないんですよね。

構成:山内宏泰

(山内 宏泰)

関連記事(外部サイト)