アニメのネット視聴は加速する? 「アニメージュ」編集長が感じた時代の変化

アニメのネット視聴は加速する? 「アニメージュ」編集長が感じた時代の変化

©時事通信社

 2016年は「劇場アニメの当たり年」と言われ、『君の名は。』『この世界の片隅に』『聲の形』などが大ヒットして、アニメ業界も大いに盛り上がりました。

 しかし2017年を振り返ってみると、凪のような1年だったという印象があります。2016年の大当たりを受け、2017年は劇場アニメの本数が増えたものの、前年のようなメガヒットは生まれませんでした。映画界全体にあまり大きなヒットがなく、劇場アニメも例外ではなかったと言えます。

 それでも、アヌシー(国際アニメーション映画祭2017)で長編部門グランプリ(クリスタル賞)を受賞した『夜明け告げるルーのうた』や、目の肥えた観客から絶賛された『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』のような良質な作品も誕生しました。

 もうひとつ劇場作品といえば、漫画原作の実写化も増加の傾向にあります。2017年は『銀魂』や『亜人』『鋼の錬金術師』などが実写化され、話題を呼びました。コア層と一般層の距離がどんどん近くなってきている、ひとつの証のような気がします。

■じわじわと火がついた『けもフレ』ブーム

 さて、本題のTVアニメについてです。TVアニメも本数自体はかなり多かったのですが、良作・佳作はあれどビッグヒットまではいかず、アニメ雑誌の立場からすると非常に静かな年でした。

 そんな中でもいくつか印象深い作品があります。まずは『けものフレンズ』。放送開始後からじわじわと火がつきはじめ、最終的にはオタク界隈で一大ブームを巻き起こしました。

 CGと作画のハイブリッド作品、『宝石の国』のクオリティも特筆すべきものがありました。独特な世界観の原作をうまくアニメーションに落とし込み、かつ感情移入しづらいと言われるCGのキャラクターを魅力的に見せたスタッフの手腕には脱帽です。

 人気の女性向けゲームのアニメ化も近年の傾向で、『活撃 刀剣乱舞』『刀剣乱舞-花丸-』『アイドルマスター SideM』などが2017年の代表作と言えます。さらに、2018年1月からは、女性ファンに絶大な人気を誇るスマホゲーム『アイドリッシュセブン』が放送開始予定。すでに第1話と第2話が先行配信され、ファンからの注目度も高く、編集部にも「もっと取り上げて!」と熱いリクエストが寄せられています。

 また、TVアニメでは続編が多かったのも2017年の特徴でした。『進撃の巨人』『おそ松さん』『ラブライブ!サンシャイン!!』『3月のライオン』『鬼灯の冷徹』『血界戦線 & BEYOND』などなど、人気シリーズの第2期が続々登場。

 この傾向は2018年も続き、第2期はもとより、『進撃の巨人』『弱虫ペダルGLORY LINE』『フルメタル・パニック!』『僕のヒーローアカデミア』『Free!』といったファンにはお馴染みの作品が、3期・4期と息の長いシリーズとして放送される予定です。

 加えて、ここ数年の現象でもあるのですが、“名作の復活”が目立ちます。2015年に『おそ松くん』が『おそ松さん』として甦って以降、2017年には『コードギアス 反逆のルルーシュ』『劇場版 はいからさんが通る』『GODZILLA 怪獣惑星』『Infini-T Force』、2018年には『キャプテン翼』『銀河英雄伝説Die Neue These邂逅』『カードキャプターさくら クリアカード編』『覇穹 封神演義』『劇場版 マジンガーZ/INFINITY』と、往年の名作たちが、続編・リブート・コラボなどさまざまな形で装いも新たに復活していきます。

 オリジナル版を観て育った世代が社会で決定権を持つようになり、自分たちで制作したいという情熱が実を結んだ結果ではないでしょうか。彼らと同世代のオールドファンはもちろん、その子どもたちと二世代で楽しむことによって、これらの作品はコンテンツとしての強度をさらに増していくと思われます。

■2018年はアニメ業界にとって「配信元年」

 アニメ業界全体を見渡したとき、2017年は視聴環境に大きな変革の兆しが見られた年でした。基本的にTVは毎週決まった時間に観るものですが、配信はオンデマンドでいつでもどこでも視聴可能です。そうした利便性もあって、配信でアニメを観る層が増えてきていた中で、2017年の夏、ついにNetflixが日本発のオリジナルアニメの配信を大々的に発表しました。

「TVアニメ」の配信ではなく、純粋な「配信アニメ」が登場するという意味で、これらの作品が配信開始される2018年は、アニメ業界にとって「配信元年」になると言えるでしょう。今後は、そのほかの配信会社も同様の動きをしてくる可能性があります。2017年〜2018年は、日本のアニメ界が新たな時代に突入した時期として、のちのち記憶されることになるかもしれません。

 最後に、2018年といえば――「アニメージュ」は6月に創刊40周年を迎えます。作品の傾向や業界の変化に対応し、その時々のファンのニーズに合った誌面作りを心がけてきた小誌ですが、「ファンとアニメーションをつなぐコミュニケーションツールでありたい」という想いは変わらず持ち続けています。アニメ雑誌のパイオニアとして、50周年に向けて「アニメージュ」はこれからも走り続けます!

(川井 久恵)

関連記事(外部サイト)