岩田剛典、女性人気すごい!河瀬直美監督もびっくり

岩田剛典、女性人気すごい!河瀬直美監督もびっくり

この日も大人気だった岩田剛典

 三代目 J Soul Brothers/EXILEの岩田剛典が17日、丸の内ピカデリーにて行なわれた映画『Vision ビジョン』完成披露イベントに永瀬正敏、夏木マリ、美波、森山未來、河瀬直美監督と共に登壇。会場に若い女性が数多くつめかけていることに河瀬監督が「わたしの映画を観るシニア層がいないですね」と驚くと、永瀬が「原因はここですね」と岩田を指差すなど“岩田人気”が際立つ会場となった。

 本作は『あん』『光』などの河瀬監督が、オスカー女優ジュリエット・ビノシュと永瀬を主演に迎えた渾身作。薬草の一種で幻の植物と呼ばれる「Vision」を追い求めるフランス人エッセイスト・ジャンヌ(ビノシュ)が、奈良・吉野の森で山守の男・智(永瀬)と出会ったことにより起こる数奇な出来事を描いた。

 河瀬監督や永瀬の突っ込みに照れくさそうな笑顔を見せていた岩田だったが、河瀬監督が「その分、どういう反応が起こるか興味深いです」と会場をあおると、岩田も「楽しみです」と目を輝かせていた。

 そんな岩田は今作で、特殊伐採を生業にしている鈴(りん)という男性を演じており「ロープ1本で木を切るシーンがあったのですが、吹き替えを使わずにやりたかったので、奈良で数日間練習をしたら、1〜2日間で馴染んできたので、向いているのかなと思ったんです。もし転職するなら山守になりたいです」とコメント。それに対して河瀬監督が「言いましたね。失業したらよろしくね」と合いの手を入れる一幕があった。

 また、河瀬監督がイベント中に男性陣に「劇中ビノシュ演じるジャンヌに、役柄として惹かれていく理由を教えてほしい」と質問すると、岩田は「(撮影現場でビノシュと)目が合ったとき、言葉には表せないのですが、初めて会った気がしない『何か』を感じたんです。これまでの経験になかった。目に惹かれました」と回答。

 それを聞いた河瀬監督は「この回答は(役柄だけではなく)男性自身が相手に対して惹かれるものかもしれません。『まぐわい』がなければ命は繋いでいけないのだけれど、まぐわいって『目が合う』というのが語源なんです。昔の人は目が合えばまぐわうんです」と投げかけ、永瀬が「岩田くんは正解だね」と岩田の回答について言及。すると河瀬監督は「ダメダメ、それだけ取り上げられちゃうから」と慌ててみせ、会場の笑いを誘っていた。(取材・文:磯部正和)

映画『Vision ビジョン』は6月8日より全国公開

関連記事(外部サイト)