長瀬智也、30代を駆け抜けて見えてきたもの

長瀬智也、30代を駆け抜けて見えてきたもの

長瀬、30代最後に社会派ドラマに挑戦! - (C) 2018「空飛ぶタイヤ」製作委員会

 TOKIOの長瀬智也が今年11月で40歳を迎える。振り返れば、30歳の誕生日を迎えた際、映画の舞台あいさつで「加齢臭をフェロモンに変えて」とジョークを交えつつ、「これからもリアルな演技を追求していきたい」と真摯に語っていた長瀬。あれから約10年、さまざまな荒波を乗り越えながら役者として成長した姿が、最新主演作『空飛ぶタイヤ』で見事に花開いた。30代の10年間で彼は何を学び、何を進化させたのか、不惑の年に向けて、長瀬が思いの丈を語った。

 基本的に「10年前とあまり変わらない」と語る長瀬だが、それはたぶん、人間・長瀬という幹の部分。表現者としての枝葉は、かなり変化したところもあるようだ。例えば、歌うこと、演じることにおいての取り組み方。「以前は、うまく歌いたいとか、うまくセリフを言いたいとか、技術的なところに囚われすぎていましたが、いまは、テクニックは二の次、観客の皆さんをいかに感動させるか、というエモーショナルなところに力を注ぐようになった」と強調する。

 さらに、長瀬流に言えば、「動物的に(役に)入ってしまえば、かなうものはいない」のだとか。つまり、頭で考えるのではなく、主人公を“本能的”に捉えることがより大きな感動を生む、ということを意味しているようだが、長瀬は人と接するときも、「本物か、偽物か」を本能的に嗅ぎ分けるのだという。「明確な根拠はないんですが、自分の中に動物的なアンテナがあって、その感覚を信じているんです。だから、人が『あれはダメだ』と言っても、自分が『いいんだ』と感じたら、それが僕にとっての答えになる」
 
 情報や理論、あるいはイメージに惑わされず、本能で感じたものを信じる長瀬の生き方は、一見危うく見えるが、実は最も健全な生き方かもしれない。「失敗も時にはありますが、全て自分で判断し、自分にしかできないことを一生懸命にやる。この姿勢は10年経っても変わっていない。ただ、『俺はこうあるべきだ!』という若いころの凝り固まったものはなくなり、視野が広がり、よりシンプルになったところはある」という長瀬。

 「例えば、シリアスなものよりコメディーの方が自分に合っている、大好きなコメディーからいろんなメッセージを発信していきたい、とずっと思ってやってきたんですが、最近、それは違うだろうと」。そして、社会派の王道である本作出演にもつながる思考の変化が40歳を前にやってくる。「このメッセージを伝えるためなら、コメディーであろうが、社会派ドラマであろうが、ジャンルは関係ない。ラブソングとロックンロールが違うように、自分で歌い方を変えればいいだけだ、ということに、ようやく心を開けるようになったんです」。

 そんな進境著しい長瀬の最新主演作『空飛ぶタイヤ』は、「半沢直樹」「下町ロケット」などの原作者として知られるベストセラー作家・池井戸潤の小説を『超高速!参勤交代』シリーズなどの本木克英監督が初映画化した衝撃作。トレーラーの脱輪事故で整備不良を疑われた2代目運送会社社長・赤松徳郎に長瀬がふんし、愛する家族や社員たちの暮らしを守るべく、リコール隠しを目論む巨大企業に立ち向かっていく。

 「世の中、不条理なことだらけだと思いますが、それが当たり前だとは思いたくない。中には、仕事だと割り切っている人もいるし、自ら率先してやっている人もいるけれど、不正に関与したことに変わりはない。そこにどう臨むのかがすごく重要」と語る長瀬。ちょっぴり頑固で不器用だけれど、ひたむきに走り続ける赤松社長が、この夏、日本を熱くする。(取材・文:坂田正樹)

映画『空飛ぶタイヤ』は6月15日より全国公開

関連記事(外部サイト)