錦戸亮、“科捜研の男”に 来年1月スタート『トレース』で月9初主演

錦戸亮、“科捜研の男”に 来年1月スタート『トレース』で月9初主演

(左から)『トレース〜科捜研の男〜』に出演する船越英一郎、錦戸亮、新木優子(C)フジテレビ

 関ジャニ∞の錦戸亮が、2019年1月にスタートする月9ドラマ『トレース〜科捜研の男〜』(フジテレビ系/毎週月曜21時放送)で主演を務めることが発表された。月9ドラマ初主演となる錦戸は「(オファーを)言っていただけてすごく嬉しいことですし、一生懸命頑張らなくてはと思います」と語っている。

 本作は、「月刊コミックゼノン」(ノース・スターズ・ピクチャーズ)で連載中の古賀慶によるコミック『トレース〜科捜研法医研究員の追走〜』を原作にした本格科捜研サスペンス。科捜研法医研究員・真野礼二(錦戸)を主人公に、事件現場に残された痕跡(トレース)から真実を追い求める姿を一話完結形式で描いていく。

 錦戸のほか、新人法医研究員・沢口ノンナに新木優子、ベテラン刑事・虎丸良平を“サスペンスの帝王”船越英一郎が演じ、年齢も経歴もばらばらの異色トリオで難事件と向き合う。

 錦戸が演じる真野は、膨大な知識と高い鑑定技術、他人とは違う独自の着眼点を持つ主人公。「鑑定結果こそが真実」という信条を持ち、主観や憶測を排除し、鑑定結果から得られる客観的な真実のみを信じる。錦戸は自身の役柄について「冷たく見えて実は熱い、ということでしょうけど。原作とドラマになったときの真野というキャラクターがどれくらい一緒になるかわかりません」と話す。

 また、沢口靖子主演のドラマ『科捜研の女』(テレビ朝日系)を連想させる本作のタイトルについて錦戸は「大丈夫なんですか? 笑」と一言。さらに「科捜研といえば『科捜研の女』が出てきますし、イメージ強いんで」としながら、「対抗したいというわけではありませんし、あそこまで長く続く番組ということは魅力がある番組でしょうし、負けないような魅力のある番組になればいいと思います」と意気込みを語った。

 ドラマ『トレース〜科捜研の男〜』は、フジテレビ系にて2019年1月7日より毎週月曜21時放送。

関連記事(外部サイト)