マコーレー・カルキンがサイト上でミドルネームの投票を受け付け、まさかの案がダントツ1位に

マコーレー・カルキンがサイト上でミドルネームの投票を受け付け、まさかの案がダントツ1位に

「シャーク・ウィーク」への思い入れのなさ!

 クリスマスシーズン定番の名作映画『ホーム・アローン』(1990)で、世界中から愛される子役となったマコーレー・カルキン。長年交際していた女優ミラ・クニスとの破局後に激ヤセしてしまい、「薬物依存症で余命わずか!」とタブロイドを騒がせたこともあったが、現在はガリガリ体形から脱して、見た目は健康そのもの。

 友人と結成したコミックバンドが話題となったり、『ホーム・アローン』をネタにしたYouTubeのショートコメディ動画に出演してファンを喜ばせたり。現在の恋人、米ディズニー・チャンネルの人気青春コメディシリーズ『スイート・ライフ』に出演していたブレンダ・ソングとの関係も絶好調で、「子作りの練習はずっとしてるよ」「彼女はアジア系だから、小さな小さなかわいいアジアンベイビーになるね」とのろけるなど、精神的にも安定しているようだ。

 そんなマコーレーが、ミドルネームを正式に変更することに。「新しいミドルネームを、ぜひみんなに決めてもらいたい!」と、全米向けのテレビ番組で呼びかけたのだ。

 その番組は、11月28日に米NBCで放送された人気トーク番組『ザ・トゥナイト・ショー スターリング・ジミー・ファロン』。マコーレーは、「今って僕のシーズンだよね」と笑顔で言い、「彼女がテレビのチャンネルをザッピングしていて、『ホーム・アローン』が放送されていると“これにする?”って聞かれるんだ」「で、“『ホームアローン』をマコーレー・カルキンと見たい?”“イエ〜ス!”ってなるわけ。一緒に見てると、小声で自分の台詞を言っちゃうわけよ!」とテンション高めにトークを展開。

 そして話は、マコーレーが運営するライフスタイル・ウェブサイト「BunnyEars」へ。ここで、マコーレーの新しいミドルネームを決めるための投票が行われているのだ。

 マコーレーは、「最近、自分のパスポートを眺めていて。“カーソン”というミドルネームなんだけど、“マコーレー・カーソン・カルキン”はめちゃくちゃアイリッシュな響きの名前なんだよね」と、名前の部分をアイルランド訛りで発音し、観客は爆笑。「だから、ミドルネームを変えようと決めたんだ。友人や家族にアンケートをとって、最終候補を5つまで絞ってね。その中でどれが一番いいと思うか、今、サイトで投票を行っているんだ」と楽しそうに明かした。

 その最終候補とは、「マコーレー・カルキン」「シャーク・ウィーク」「キーラン」「ザ・マックリブ・イズ・バック」「パブリシティ・スタント」の5つ。

 1つ目については、「空港で、“あなたの名前は本当に、マコーレー・マコーレー・カルキン・カルキンなんですか?”って聞かれたら、“えぇ! ミドルネームがマコーレー・カルキンなんです”って返せるんだぜ!」と笑顔で説明。2つ目は、ディスカバリーチャンネルがサメの番組ばかり放送する毎夏の1週間「シャーク・ウィーク」にちなんでいるが、マコーレー自身は「一切見たことがない」とコメント。

 3つ目は『ホーム・アローン』にいとこ役として出演していた実弟の名前で、キーラン自身が「これ、どう?」と提案したとのこと。4つ目のマックリブは、マクドナルドの人気バーガーのことで「期間限定モノだけど。最近食べたけど、おいしかった!」とのこと。最後は「売名行為」を意味する言葉で、これはブレンダが提案したとのことだ。

 マコーレーはこの5つの中から最も票を集めたものを新しいミドルネームとし、「裁判所へ行って手続きをとる」とのこと。「本当にするから、みなさんぜひBunnyEarsにアクセスして、投票してくださいね!」と呼びかけられた会場の観客は、戸惑いつつ、パラパラと拍手をしていた。

 名子役として世界的な人気を誇ったかと思えば、そのギャラをめぐって醜い争いを繰り広げた両親を訴えるなど、アップダウンの激しい壮絶な人生を歩んでいるマコーレー。しかし、誰もが『ホーム・アローン』時代を知っているため、他人とは思えない感覚になってしまうようで、ネット上では「変なことしていても、元気な彼を見ているとホッとする」「楽しそうでよかったと、うれしくなっちゃう」といった声が多数上がっていた。

 投票だが、現時点では「マコーレー・カルキン」が3万票超えでダントツ1位。「マックリブ」と「キーラン」が後を追う展開となっている。新ミドルネームは、クリスマスイブにサイト上で発表するとのこと。マコーレーは番組司会のジミーに、「次にここに来る時は、新しいミドルネーム入りのパスポートを持ってくるからね! 楽しみに!」とはじけるような笑顔を振りまいていた。

(あなたの清き一票をこちらから)

関連記事(外部サイト)