R・ケリーの「性暴力」告発番組、ガガやジャスティンは証言拒否! “アリーヤへの手切れ金は1万円”で大炎上

R・ケリーの「性暴力」告発番組、ガガやジャスティンは証言拒否! “アリーヤへの手切れ金は1万円”で大炎上

自分の被害を少女たちに話して、同情も支配の道具にしていたとか

 2017年7月、米ニュースサイト「BuzzFeed」に「未成年女性を洗脳し監禁している」と性暴力疑惑を報じられた、歌手のR・ケリー。昨年3月には英インターネットテレビ「BBC3」が「14歳の頃からケリーの性奴隷になるよう調教された」「彼は性奴隷を監禁している家を“セックス・ダンジョン”と呼ぶ」という女性の証言を放送し、4月には「ケリーから性病をうつされた」と告発する女性が登場。5月になるとケリーに対するボイコット運動「#MuteRKelly」が活発化。大手音楽配信サービス「Spotify」や「Pandora」がケリーの楽曲をプレイリストから除外するなど、イメージダウンの一途をたどっている彼が、ますます窮地に追い込まれている。米ケーブル局「LifeTime」が、『Surviving R.Kelly(R・ケリーからの生還)』を1月3日から3夜連続で、全6話を一挙に放送したからだ。

 これは、「ケリーがどうやって未成年の女性を心身ともに支配し、性奴隷に仕立て上げていったか」を、被害者や元妻、きょうだい、仕事関係者が告発するドキュメンタリー番組。3日に放送された『Surviving〜』第1話では、ケリーのバックアップシンガーだったジョバンテ・カンニガムが、1990年代前半にツアーバスの中で、ケリーと当時未成年だった歌手のアリーヤがセックスしているのを目撃したという証言を紹介。涙を流しながら「みんなアリーヤのことを大事に思っていたから、本当にショックだった」と吐露した。

 アリーヤが12歳の時、ケリーは当時のマネジャーであるバリー・ハンカーソンから「歌手志望のめい」と紹介された。それから間もなくリリースしたケリーのシングル「She’s Got That Vibe(彼女、いい感じ)」(92)で、「小ちゃくてかわいいアリーヤもいい感じ」と歌っていることから、ケリーは彼女をすぐさま気に入ったよう。ケリーは彼女のデビューアルバムのプロデュースを手がけることになり、彼女が14歳の時に「Age Ain’t Nothing But A Number」(94)をレコーディング。少女が「あなたがたまらなく好き」「今夜は最後までヤルわよ」と男を性的に挑発するとんでもない曲だが、抜群の歌唱力で評価され、アリーヤは「これまでにないタイプの歌手」としてたちまちスターとなった。

 『Surviving〜』に出演したケリーの元ツアーマネジャー、デメトリオス・スミスは、2人が親密すぎることを懸念し、ケリーに「何もしてないよな」と確認したことを証言。ケリーは「手は出していない」と否定していたが、しばらくたち「どうしよう。アリーヤを妊娠させたかもしれない」と告白され、「裏切られた気持ちになった」と振り返った。

 そして、94年。当時27歳だったケリーは、15歳のアリーヤの年齢を18歳だと偽り、結婚。立ち会ったデメトリオスは「アリーヤの年齢偽証は自分がした。悪いことをした」「イリノイ州メイウッドのホテルで結婚したのだが、挙式と呼べるようなものではなかった。アリーヤは白いドレスを着たわけでもなく、ケリーもタキシードではなく2人とも普段着だった」と回想。続けて、「アリーヤは当惑しており、おびえていた」と深いため息をつき、「心配そうで、すごく怖がっていたんだ。彼女の腕をつかんで、(本当にこれでいいのかと)話をしたくなるような衝動に駆られたよ。アリーヤは本当におびえていて。自分の話を聞いてほしいと訴えているような、そう思わせるような表情をしていたんだ……」と懺悔するように語った。

 この結婚は年齢を偽装したことが明らかになり、2カ月もしないうちに無効に。2人は別れることになり、「ケリーがアリーヤに、“自分のことを法的に訴えない”という同意をさせるための金として100ドル(約1万円)を支払った」というテロップが流れると、ネット上は「たった100ドル!?」「タイプミスでしょう?」「ケリー最低」「本当にキモい!」と大炎上した。

 ケリーと別れたアリーヤは01年に飛行機事故に遭い、22歳の若さで他界。ケリーは翌02年にシカゴ警察、03年にはフロリダ警察に、児童ポルノの罪で逮捕・起訴される。だが、シカゴの裁判は「逮捕のきっかけとなったセックス動画の中で、未成年の女性に金を手渡し、自分のことをダディと呼ばせながらフェラチオさせ、セックスし、女性に放尿した男は自分じゃなくて弟」という主張を陪審員が信じたのか、無罪に。フロリダの方も、証拠とされるデジタルカメラに収められていた「未成年女性とのハメ撮り写真」は、警察が不当な家宅捜索によって発見したものだと裁判所が判断し、起訴が取り下げに。この2つの訴訟、裁判に関しては、4日に放送された『Surviving〜』第3話、4話で紹介された。

 ケリーが無罪になったことは奇跡だとされるが、ネット上では「未成年への強姦ではなく児童ポルノだったから、適当に裁かれたのでは?」「黒人が白人の少女に同じようなことをした事件だったら、絶対に有罪になる。被害者が黒人女性だったから、軽く見られたのだろう」などと推測する声が上がっている。

 このようなセックススキャンダルに見舞われていたケリーだが、ロックスターがグルーピーなどの少女たちとの情事を好んでいた歴史がある音楽業界では、あまり問題視されなかった。無罪になったこともあり、ケリーは変わらず仕事をこなし、レディー・ガガやジャスティン・ビーバーなどの大物アーティストともコラボ。昨年「#MuteRKelly」が巻き起こるまで、ツアーを行うなど順調だったのだ。

 『Surviving〜』の製作総指揮者ドリーム・ハンプトンは、米ニュースサイト「Detroit Free Press」に、ケリーと一緒に仕事をしたレディー・ガガ、エリカ・バドゥ、セリーヌ・ディオン、ジェイ・Z、デイヴ・シャペルに同番組への出演を依頼したが断られたことを明かし、「#MuteRKelly」を支持し、今回番組にも出演してくれたジョン・レジェンドのことを「ヒーローだ」と称賛した。また、ドリームは米ニュースサイト「Shadow and Act」の取材に対しては、メアリー・J.ブライジ、リル・キム、クエストラブにも出演を断られたといい、「みんなケリーを支持しているわけじゃないけど、この泥沼に足を踏み入れたくない、関わりたくないんでしょうね。背を向けることで被害は拡大していくのに」と、出演を拒んだセレブたちをやんわりと批判した。

 米ニュースサイト「TMZ」によると、ケリーは女性たちの証言が「すべてウソ」の「売名行為」であり、「局は出演者のウソを知っている。その証拠である音声テープを2本持っている」と主張。弁護士を通して、放送直前まで「LifeTime」局に対して「もしオンエアしたら法的措置をとる」と警告していたことを報じた。

 弁護士から放送中止通告書まで受け取った「LifeTime」局だが、「インタビューに応じた女性たちを信じる」と断言。昨年12月4日の試写会イベントは「中止しないと発砲する」という脅迫を受けて中断したが、今回は予定通り放送に踏み切った。

 番組では第1話に「7歳から13〜14歳まで、ある親戚から性的虐待を受けていた」とケリーが12年に告白したインタビュー映像を流し、臨床心理士の「児童性虐待の被害者は、性的な関係において支配したがる傾向にある」というコメントを紹介。ケリー自身も被害者だと示したうえで、被害女性の証言を次から次へと紹介。5日に放送された第5話と6話では、未成年とのセックスに取り憑かれ、少女たちを精神的に虐待し、支配していくケリーの実態を放送した。

 全6話の放送を終えた『Surviving〜』。ネット上では「未成年をターゲットにするケリーは、(影響力を盾に女優たちに性的暴行を働いてたハリウッドの名プロデューサー)ハーヴェイ・ワインスタインよりタチが悪い」という怒りの声、「別に何も驚かない」「今も昔も変わらない、ロリコンのキモい男」だという声などが飛び交っている。

 業界から干され、さらに追い打ちをかけられた形となったケリーが今後、「LifeTime」局にどのような応戦をするのか? 昨年7月にリリースした反論ソング「I Admit」のように曲で対抗するのか、はたまた性的暴行で起訴されているケヴィン・スペイシーのようにYouTubeに動画を載せるのか? 今後のケリーの動向に注目したい。

関連記事(外部サイト)