期待を煽りまくったケンダル・ジェンナーの「重大発表」、意外な内容に米ネットユーザーがあぜん

期待を煽りまくったケンダル・ジェンナーの「重大発表」、意外な内容に米ネットユーザーがあぜん

関ジャニ∞村上と同じラインに立ったケンダル

 昨年末、2年連続で米経済誌「フォーブス」の「世界一稼ぐモデル」に輝いたケンダル・ジェンナー。年収はなんと2,250万ドル(約24億4、000万円)。その内訳は、雑誌やランウェイのギャラのほか、広告塔を務めるアディダス、エスティ・ローダー、カルバン・クラインなどブランドとの契約金、リアリティ番組『カーダシアン家のお騒がせセレブライフ』への出演料、妹カイリーと手がける服飾ブランド「KENDALL + KYLIE」の売り上げだとみられている。

 家族全員、自己主張が激しい家庭に育ったケンダル。両親が離婚した際、姉たちが軽く流す中、一人傷ついて涙したり、パニック障害を告白したり、繊細な性格の持ち主としても知られている。

 ケンダルの母親クリスが1月5日、自身のインスタグラムとTwitterに「私の愛おしい娘ケンダルが、6日夜に重大発表をする」という告知動画を投稿。動画は、薄化粧のケンダルが、「14歳のときは今ほどたくさんの人に自分の声を届けることはできなかった。でも22歳の今ならできる。すべてを乗り越えた今だからこそ、みんなを助けられるんじゃないかと感じるようになったの」とカメラに向かって語りかけるもの。「『いいんだよ』と伝えたい。私も経験してるけど、別に普通でしょう?」と笑顔を見せてから視線を下に落とし、「あなたのことが理解できる。あなたとつながることができるのよ」と真剣な顔でカメラを見据える。画面には「ケンダルとつながろう」とテロップが入り、「助けたい、それだけなの」というケンダルのつぶやきと「2019年1月6日」という日付が画面中央に現れて動画は終了する。

 クリスはこの投稿に、「私の愛しいケンダル・ジェンナーが勇気を振り絞って弱さをさらけ出した。その姿を誇りに思う」「みなさん、日曜日の夜、ケンダルのTwitterを忘れずに見てくださいね。私が何について話しているのかを知るために。それと、感動する準備をしておいてね」と期待を煽るようなメッセージを加えていた。

 ネット上はこの意味深な予告に騒然。「よほどプライベートな告白なのだろう」「性的指向のカミングアウトかも」「摂食障害に悩んでいると明かすのでは?」「豊胸手術する決心をしたのか?」「深刻な病気じゃないでしょうね」「いや、#MeTooの告発かも」と、あらゆる臆測が飛び交っていった。

 多くの人がかたずをのんで見守った6日夜、ケンダルはTwitterに、ハートのマークとともにニキビケア商品で有名なプロアクティブ公式アカウントのツイートを引用。投稿には動画が貼られており、ケンダルが「去年、ある授賞式に行ったの。初めて行く式典で、すごくワクワクしてた」「ドレスは最高だし、ヘアもメイクも美しく仕上げてもらったし、最高な気分だった」「でもね、ネットを見たら、みんな私の肌を話題にしてたの。あまりにも最高な気分だったから、自分の肌が最悪だったことを忘れてたのよね」と悲しそうにうつむく。

 続けて、「そうしたら、励ましの声が次から次へと上がってきて。クールじゃん! って思った」と笑顔を見せ、ニキビで荒れたケンダルの素肌を撮った写真が流れる。そして「正直に言う。マジックはプロアクティブなんだって」「プロアクティブのパートナーになることは、私にとって重大なことなの。たくさんの人の肌を救いたい。私が救われたように」とポジティブな言葉で動画は締めくくられている。プロアクティブは「家族でようこそ! ケンダル・ジェンナーはプロアクティブの新しい顔です」とツイート。彼女が新広告塔に着任したことを発表した。

 ケンダルが語った「ある授賞式」とは、2018年度ゴールデン・グローブ授章式のこと。彼女が言うように、当時はネット上で「ケンダルの肌がひどい」「メイクで隠しきれないほどのニキビ!」とネット上で大騒ぎされていた。

 ジャスティン・ビーバーにジェシカ・シンプソン、ケイティ・ペリー、ジェニファー・ラブ・ヒューイットらプロアクティブの歴代の広告塔には、若者に人気のスターが採用されることが多い。若い層から絶大なる支持を得ているケンダルはまさに適任者といえるのだが、「性的指向についてのカミングアウトなのでは」などとヒートアップしていたネットユーザーは、「えっ、プロアクティブ……」とあぜん。「期待していたのに、広告の発表なんてムカつく!」「これが重大発表? どこが重大?」「一種の過大広告だよね」「自分の悩みすら金もうけに使う家族だと忘れてた」など、ズッコケついでに大炎上している。

 何でもかんでも金絡みと揶揄されてしまうカーダシアン&ジェンナー一族。ジェシカは250万ドル(約2億7,000万円)でプロアクティブの広告塔を務めていたと伝えられているが、ケンダルが得た契約金は一体いくらなのか? 気になるところである。

関連記事(外部サイト)