ジャスティン・ティンバーレイク、「俺の奥さん、超HOTだぜ!」ツイートで大炎上!

ジャスティン・ティンバーレイク、「俺の奥さん、超HOTだぜ!」ツイートで大炎上!

「ねぇ、なんかめっちゃ怒られてるんだけど」

 1月7日、ロサンゼルスでゴールデン・グローブ賞授賞式が開催された。出席していたジャスティン・ティンバーレイク(36)のその場でのツイートに、非難が殺到している。性的暴力や抑圧に抗議する「Time’s Up」式典となった同授賞式で、彼も抗議に賛同したのだが、「女性蔑視男のくせに」「とんだ偽善者」だと大バッシングされているのだ。

 ゴールデン・グローブ賞の授賞式は、毎年世界的な注目を集める。今年は年明け早々、リース・ウィザースプーンやエヴァ・ロンゴリアらが、「この授賞式に黒いドレスやスーツを着て出席することで、性差別や性暴力、抑圧に抗議しよう!」と呼びかけ、これにセレブたちがこぞって賛同。昨年10月、ハリウッドの権力者だったハーヴェイ・ワインスタインが、長年にわたり女優や女性スタッフにセクハラしてきたことが相次いで告発され失脚したことが発端で起こった「Me Too」運動に続く、「Time’s Up」(もうこれ以上セクハラや性暴力に我慢するのはやめよう)運動として、SNSで拡散されまくるようになった。

 この「Time’s Up」運動は瞬く間に全米で認知され、性差別による不平等な賃金の是正が呼びかけられたり、職場でセクハラされている被害者を法的に支援する基金が設立され、一瞬にして1,500万ドル(約16億9,000万円)の資金を集めたりと、巨大ムーブメントへ成長した。ゴールデン・グローブ賞授賞式では、ほとんどのセレブたちが黒いドレスやスーツを着て出席し、葬式のような異様な雰囲気ではあったものの「Time’s Up」運動を世界中に知らしめる絶好の機会になった。

 ジャスティン・ティンバーレイクも、妻で女優のジェシカ・ビールと共にこの「Time’s Up」に賛同し、黒に身を包んで出席した。

 ジャスティンは授賞式会場に繰り出す直前、ジェシカとツーショット写真を撮影し、ツイッターに投稿していた。「来たぜ!! それにしても俺の奥さん、超ホットじゃねえか。ちくしょう!」というツイートに、「#TimesUp」と「#whywewearblack」いうハッシュタグをつけて投稿した。

 この投稿にファンは「美男美女夫婦!」「最高!」と大喜びしたのだが、徐々に「何このツィート」と嫌悪感を示すネットユーザーが現れ始めた。その数は瞬く間に増え、この書き込みに対して「妻を物と見なしている」「女性を性的なものとして見ている潜在意識の現れ」だと激怒する声が噴出したのだ。

 ジャスティンは昨年、ウディ・アレン監督の新作映画『Wonder Wheel』に出演した。ウディは一流監督として知られる一方で、事実婚関係にあったミア・ファローの養女で、自身も父親的存在として接してきたスン=イー・プレヴィンに手を出し、邪魔になったミアを捨てた卑劣な男だと報じられている。ミアの養女ディラン・ファローからも「性的虐待されてきた」と訴えられ、大スキャンダルとして連日のように報じられた過去を持つ。その後、訴えは取り下げられ、35歳も年下のスン=イーとは結婚。幸せな家庭を築いているため、過去の話だと思っている人も多いが、ディランにとっては忘れることなどできない出来事であり、今なおウディに社会的制裁を加えてほしいと訴えている。また、ミアとウディの間に生まれた一人息子ローナン・ファローにとっても、義姉を性的虐待した父親を今も許せない、生々しい現実がある。そんなウディの映画に、今となっては「出たくない」という役者も少なくない。

 しかし、ジャスティンは、なんの躊躇もなく出演した。そのことからも今回、「養女を性的虐待し、もう一人の養女とは結婚したこの上なくキモい男の映画に出演したジャスティンに、Time’s Upする資格はない」「偽善野郎」「Time’s Upのことを、はやりのファッションか何かと勘違いしてるんじゃない?」と叩く声が上がっていた。

 また、ジャスティンがソロ歌手として成功したのは、押しも押されもせぬアイドルだったブリトニー・スピアーズを踏み台にしたからで、「とんでもないミソジニー野郎」という声も上がっている。「ミソジニー」とは女性や女性らしさに対して嫌悪感をあらわにし、蔑視することを指す。恋人だったブリトニーに浮気されて破局したことを示唆するような「Cry Me A River」MVを制作し、彼女がヤリマンだとこき下ろした「女の敵」。よって「Time’s Upする資格はない」と叩く人もいた。

 また、ジャスティンといえば04年に米NFLアメリカン・フットボールの王座を決める決勝戦『スーパーボウル』のハーフタイムショーをジャネット・ジャクソンと行い、最後にジャネットの衣装を脱がせるという演出をした際、片乳がポロリと露出した「ニップルゲート事件」の犯人だと大バッシングされたこともある。乳首が出たのはアクシデントだったのだが、このハーフタイムショーはゴールデンタイムの地上波に全米生中継されており、老若男女が見ていたことから「なんて破廉恥な男なんだ!」と非難が殺到。乳首をさらしてしまったジャネットにとっても、相当なイメージダウンとなった。このニップルゲートを持ち出し「演出だとしても、普通断るでしょ」「ジャスティンはセクハラ男じゃん」「そんな男がTime’s Upなんて笑える」と叩く声も今回多かった。

 ジャスティンにとっては、ウディのスキャンダルも、ブリトニーとの別れも遠い昔の話。ニップルゲート事件にしても、今年彼は再び「ハーフタイムショー」にパフォーマンス出演することが決まっており、「時効」だと思っているに違いない。何より、ジェシカと結婚し、子どもも生まれ、歌手だけでなく俳優としても活躍しており、公私ともに絶好調。「みんなに幸せをお裾分けしたい」と思っていても不思議ではないほど、ハッピーな日々を送っているのである。問題となっているツイッターと同じものがインスタグラムにも投稿されており、そちらも炎上しているが、本人はノーリアクション。このまま放置するものと見られているが、「偽善者!」と怒る女性たちの数は増え続けており、当分、炎上は収まりそうにない。

 ちなみに今年のゴールデン・グローブ賞の結果だが、このウーマンパワーに押されるように、女性が主人公の作品ばかりが賞を獲得した。本命視されていた戦争映画『ダンケルク』など、男ばかりが登場する作品は受賞を逃したため、今年の賞レースは女性優位になると囁かれるようになった。また「Time’s Up」を大声で唱えるわりには、ハーヴェイのセクハラを告発した女優たちは今回の授賞式に招待されず。「ハーヴェイのセクハラを知りながら見て見ぬふりをし、被害者の数を増やした大物セレブたちの、イメージ回復を狙った偽善的ムーブメントだ」という陰口も聞こえてくる。

 今回、功労賞に値するセシル・B・デミル賞を獲得したオプラ・ウィンフリーは「独裁や抑圧に抗い、真実や自由と平等のために戦う」という内容の受賞スピーチを行い、「2020年の大統領選挙に、ぜひ出馬してほしい!」という声が高まっている。本人もまんざらではなさそうで、もし実現したら、仲の良いジャスティンも応援すること間違いなし。しかしその時も、「偽善者!」と、再び叩かれてしまうのだろうか?

 思いがけずイメージダウンしてしまったジャスティンだが、2月4日に開催される『スーパーボウル』ハーフタイムショーであっさりとイメージアップするだろうとも見られている。ジェシカというしっかりした嫁に支えてもらっているので、大ごとにはならないようにも思われるが、ネット炎上は怖いもの。ウディ・アレンの過去の性的虐待疑惑にも飛び火しているこの騒動が、今後どのような展開になるのか、当分目が離せそうにない。

関連記事(外部サイト)