「姉御中の姉御!」ジャネット・ジャクソン、パニクった女性ラッパーを救出しネット大絶賛

「姉御中の姉御!」ジャネット・ジャクソン、パニクった女性ラッパーを救出しネット大絶賛

クイーン・オブ・姉御

 女性ラッパー界の姉御的存在として知られ、国民的トーク番組『The Talk』の共同司会者にも抜擢されたイヴ(39)が、若い頃に出席したパーティーで飲み物にドラッグを入れられパニックを起こしたことを告白。怖くて大号泣する彼女を落ち着かせてくれたのは、当時まったく面識のなかったジャネット・ジャクソン(51)だったと明かしたため、「ジャネット、かっこいい!」と称賛する声が上がっている。

 イヴは、スタイリッシュで男に媚びないかっこいい女性ラッパーとして2000年代初めに人気を博した。人気絶頂だった05年に、恋人だったプロデューサー、スティーヴ・Jとのセックステープがネット上に流出して大きなダメージを受けたが、時間をかけて真っ向から戦い、乗り越えた。私生活では、14年にファッション・デザイナーで自動車公道ラリー「ガムボール3000」のCEO、マキシミリオン・クーパーと結婚してからは「異人種夫婦の代表格」として注目を集めてきた。ラッパーを目指す若い女子のメンター的存在でもある彼女は、昨年11月、複数の女性セレブが共同で司会を務める国民的トーク番組『The Talk』の新レギュラー司会者に抜擢された。

 その彼女が、現地時間9日に放送された同番組で、若い頃に出席したアワードショーのアフターパーティーで、飲み物にドラッグを入れられたと激白。「盛られた」とパニックになる彼女を、ジャネット・ジャクソンが落ち着かせたことを明かしたのだ。

 「ずっと昔の話だけど、とあるアワードショーのアフターパーティーに行ったわけね。知ってる人がたくさんいて、業界で一緒に働いている人ばかりだった。だから飲んでいたグラスを置いて会場を動き回って、知っている人のところへ行って話して、またグラスを取りに戻って飲んで……なんてやってたのね」と、語りだしたイヴ。

 「グラスを取りに戻ってそれを飲んでから、1時間くらいたった時かな。なんかクレージーな感覚になってきたのよ。酔っ払ってるのとは確実に違う感覚。自分はここにいるのにいないような妙な感覚で、一緒にいた人の肩を叩いて『ちょっと、何かがおかしいんだけど』って伝えたの。『酔ってるだけだろ?』って言われたけど、『違うんだって!』って。私、怖くて号泣し始めちゃって。これはやばいって、みんなに知られないように、誰かが個室にそっと連れていったのね」「私、もう泣きっぱなしで、『何かおかしい、何かが変なのよ!』って訴えていたのね。パニックになっちゃって」と、飲み物に薬を入れられたショックと、どんな薬を入れられたのかわからない恐怖で大号泣したことを明かした。

 「パニクって泣きまくってたら、後ろからとてもソフトな柔らかい声が聞こえたの。『大丈夫、大丈夫よ。私に任せてちょうだい』って。鼻水も出てマジでぐじゃぐじゃにガン泣きしている状態だったんだけど、誰?って後ろを向いたの。そしたら! なんと、ジャネット・ジャクソンだったのよ」とイヴがドヤ顔で語ると、ほかの司会者は「ワオ〜」と驚きの声を上げた。

 「ジャネットは、『私に任せてちょうだい。大丈夫。リラックスして。落ち着いて』って言ってくれて。泣いてる時の私ってマジでブサイクだし、鼻水拭いながら『こんな形でお会いしたくなかったですぅ』って、また泣いちゃった。それがジャネットとの初対面だったわけ」と微笑みながら当時を回想した。

 ジャネットといえば、天下に知られた大スター中の大スターだ。その出自ゆえに、「子ども時代から順風満帆だった人物」というイメージを持たれることもある。だが実際には、厳しい父親との関係は最悪で、マイケルから「デブケツ」と呼ばれたせいで長年自分の体形に自信を持てずにいた1人の女性だ。男運もイマイチで、昨年50歳での超高齢出産直後に、3番目の夫とも破局。たくさんの悩みを抱えてきた苦労人なのである。

 それでも確かにキャリアは順調だったが、メインアクトを務めた04年の『スーパーボウル』ハーフタイムショーで起きた「史上最悪の生放送事故」とも揶揄されるハプニングにより、人気は一気に低迷する。ハーフタイムショーの最後には、コラボ曲「Rock Your Body」を一緒にパフォーマンスしたジャスティン・ティンバーレイクに胸元の布を引きちぎってもらい、下に着けている星条旗を連想させる赤いブラを見せるサプライズを計画していたのだが、ブラまで取れてしまい乳首が丸出しに。NFLの優勝決定戦であるこの『スーパーボウル』は高視聴率の生放送番組であるため、1億4300万人の視聴者に乳首を晒してしまったのだ。

 メディアはこのハプニングを、政治スキャンダルのウォーターゲート事件にちなんでニップル(乳首)ゲート事件と命名。ジャネットはすぐに「直前に私が思いついたパフォーマンスで、局は知らなかった。計画通りにいかず、皆さんに不快な思いをさせて本当に申し訳ない」と謝罪する映像を公開した。だがジャネットは、この事件で「アイドルのジャスティンをそそのかして、わざとやった」「全国放送で乳首丸出しにするスラット(尻軽女)」という目で見られるようになってしまった。

 この前の年に、兄マイケルが少年への性的虐待容疑などで逮捕され、05年にはいわゆる「マイケル・ジャクソン裁判」が行われたため、ジャネットの受けたダメージは大きく、業界から干された状態が続いた。しかし、彼女は待ってくれているファンのためにも復活を誓い、アーティストとして活動を続けた。マイケルのことも信じ、急死した彼の追悼式では姪パリス・ジャクソンを支える気丈な姿を見せた。カタールの大富豪との3度目の結婚はうまくいかなかったが、かわいい息子に恵まれ、シングルマザーになった現在も精力的にツアーを行っており、レジェンド的な存在だ。

 イヴが今回告白した「飲み物にドラッグを入れられた」アフターパーティがいつ開催されたものなのかは明かされていない。イヴは01年にリリースした「Who’s That Girl?」で一気にブレークしたが、その数年前から多くのアーティストとコラボしており、その頃の話なのかもしれない。いつの話にせよ、面識のない若い女性の様子がおかしいと知り、避けるのではなく駆けつけ、安心させようと話しかけるジャネットの行動は「姉御中の姉御だ」とネット上で大絶賛されている。

 同時に「女性が軽く見られている業界だから、たくさんの人がいるアフターパーティーにもかかわらず、イヴの飲み物に薬を入れてあわよくば性交渉しようとする者がいたのだろう」「音楽業界では日常茶飯事なのでは?」「これってある意味#MeTooだよね」と、音楽業界における女性の立場の低さを批判する人も多い。

 ジャスティン・ティンバーレイクは06年に米MTVインタビューで、ニップルゲート事件について「正直(僕とジャネットには)50:50の責任があると思うけど、僕は10%くらいしか非難されていない。これってアメリカは女性に対して厳しい、特定の人種に対して厳しいってことだよね」と発言。慎重に言葉を選びつつも、アメリカには女性差別と人種差別があるから、こんなにしつこくジャネットだけが責められ続けているのだという見解を示していた。今はようやくジャネットもニップルゲート事件の被害者としてとらえられるようになり、「#TimesUp」運動ネタにも使われている。

 鼻水でぐじゃぐじゃになりながら泣くイヴに、「大丈夫」「任せて」と励ましたジャネット。気も芯も強い女性だとされている彼女が、このイヴの発言をきっかけに音楽業界の闇を告発してくれないかと期待する声は多い。今後のジャネットの言動に、ぜひ注目したい。

関連記事(外部サイト)