あのビーフが再び!? クリスティーナ・アギレラがP!NKとの諍いを振り返り、ビッチエピソード明かす

あのビーフが再び!? クリスティーナ・アギレラがP!NKとの諍いを振り返り、ビッチエピソード明かす

ぶりっこ表情ってこれかしら?

 典型的なディーヴァタイプのわがまま気質ともいわれる歌手のクリスティーナ・アギレラと、姉御肌でけんかっ早い歌手のP!NK。2人の間には、とある遺恨が残っている。いがみ合いというより「P!NKが一方的にクリスティーナを嫌っているだけ」とも言われているこの騒動のきっかけは、2人がリル・キム、マイアと共にコラボした「Lady Marmalade」(01)の打ち合わせに、クリスティーナが所属レーベルの幹部を同行させて、自分中心に歌割りなどを決めようとしたから。

 P!NKは、09年に放送された音楽番組『Behind The Music』でその時のことを苦々しく回想。その後、自分とタッグを組んできたシンガーソングライターのリンダ・ペリーが、02年にクリスティーナと「Beautiful」を制作したことについても、「マジで傷ついた。よりによって私の嫌いなアーティストと仕事をするなんて」と発言。04年のツアーで「Lady Marmalade」を歌う際、クリスティーナに見立てたブロンドヘアーのダッチワイフを登場させ、「Beautiful」のサビを歌うなど、敵意をむき出しにしてきた。10年、妊娠中だったP!NKがラジオ番組で、すでに子持ちのクリスティーナと電話越しに共演した際には、「ぜひ、子どもたちを遊ばせましょう」というクリスティーナの提案に、P!NKが「ハハハ……ノー」とお断りして大きな話題になったこともあった。

 このように、とことんクリスティーナを嫌ってきたP!NKだが、16年にクリスティーナが審査員兼メンターを務めるオーディション番組『ザ・ヴォイス』にアドバイザーとして出演したことで和解したと宣言。しかし、17年の『アメリカン・ミュージックアワード(AMA)』でホイットニー・ヒューストンへのトリビュートパフォーマンスで熱唱しているクリスティーナを、渋い顔で見ている姿をテレビカメラにキャッチされてしまい、世間は「おとなげないからと和解宣言しただけで、心の底ではクリスティーナを嫌い続けている」と見ているのだ。

 P!NKから一方的に嫌われてきたクリスティーナが、1月31日にトーク番組『Watch What Happens Live』でさりげなくP!NKのエピソードを披露。リベンジしたとネット上を騒がせている。

 17年にこの番組にP!NKが出演した際には、彼女がクリスティーナとの不仲について「2人とも超若くて、すべてにおいて超新米で、おまけに“自分が一番!”でしょ。言い争いになると、私は手が出るタイプ、彼女は言葉で攻撃するタイプ。全然違うタイプの人間だったわけ」と説明していた。司会者から「で、手を出したんですか?」という問いに、「ううん。逆に彼女に殴られそうになったことがあるのよ、クラブで。爆笑ものよね」とぶっちゃけたことがある。

 1月31日放送回では、「クラブでP!NKに殴りかかった」件について聞かれると、クリスティーナは「えへへ」と笑い、「その発言もだけど、『Behind The Music』も見たわ。彼女が『Lady Marmalade』での件で私をどう思っているか知り、もう怖くなっちゃって」と大爆笑。「ま、でもそれは昔のことだし。今の彼女はまるで別人。ママになってクールになったわ」とケラケラ笑いながら、昔のP!NKは相当なビッチだったことを示唆した。

 続けて、「例のクラブでの夜のこと。私の記憶は、彼女のものとは全然違うの」と、のけ反って大爆笑しながら「っていうか、彼女と私を見てよ。殴りかかるわけないじゃない。だって、彼女は……」とボディビルダーのような仕草をして、「冗談でしょ。あの頃の私じゃ、ノックアウトされてるって」と、体格がよいP!NKに、きゃしゃだった自分が殴りかかるわけないと断言。

 クラブでは、ボトルを回してキスの相手を決めるゲーム「スピン・ザ・ボトル」をやり、クリスティーナとP!NKがキスすることに。「私は、ヤッターってノリノリだったんだけど、P!NKは手を口に当ててね」と、無表情で口を手で覆い、その時のP!NKの様子を再現。「そうか、私とはキスしてくれないのかって思ったの」とぶりっこした表情を浮かべ、「だからって殴りかかるなんてしてないわよ」と言い放った。

 P!NKの話を否定するだけでなく、P!NKのあくどいエピソードを暴露したクリスティーナに、ネットは大盛り上がり。「これってリベンジだよね」「P!NKの反論が聞きたい」「2人が理解し合える日なんて、永遠に来ないでしょ」といった意見が飛び交っている。

 さりげなくリベンジしたクリスティーナだが、果たしてP!NKは応戦するのか? 2人のディーヴァのビーフはいつまで続くのか? 期待と注目が集まっている。

関連記事(外部サイト)