アリアナの「七輪」タトゥーは文化の盗用!? ツイートと日本語グッズを削除する騒動に

アリアナの「七輪」タトゥーは文化の盗用!? ツイートと日本語グッズを削除する騒動に

タトゥー見せないポージングはさすが……

 映画『千と千尋の神隠し』のキャラクター・千尋やアニメ『ポケットモンスター』シリーズのイーブイ、ひらがなで「うたいましょう」など、日本に関するタトゥーを入れている、歌手のアリアナ・グランデ。

 そんな彼女が、手のひらに「七輪」と彫ったことを明かしたのは、1月29日のこと。驚く日本人ファンに、アリアナは新曲「7 Rings」を日本語で表現したかったが、手のひらにタトゥーを彫るのは激痛で「七つの指輪」を“略して”「七輪」にしたのだと説明。しかし「アリアナがとんでもない日本語タトゥーを入れたらしい」と話題になり、バカにされてうんざりしたアリアナは、通っている日本語学校「FUJI School」のアユミ先生に相談。「七」と「輪」の間に「指」の文字を加えたら、とのアドバイスを受けたそうだ。

 だが、「指」と彫るスペースがない。だったらと「七輪」の「七」の真下に「指」、「輪」の真下に「ハート」を追加。1月31日にお直ししたタトゥーをインスタグラムのストーリーでお披露目した。大半の日本人ファンは「もうこれ以上はなにも言わない方がいい」「アリアナの日本好きは痛いほどわかってるし」と察したようだが、一部の人たちはそう思わなかったようで、アリアナの日本好きや日本語が出てくる「7 Rings」のミュージックビデオをまとめて、「日本文化を我が物顔で使っている。文化の盗用だ!」と非難し始めた。「私は日本人だが、これは完全に(文化の)盗用だ。日本語の読み書きもできないくせに、すごくイラつく」と批判する人も現れ、ツイッターは大炎上する騒ぎに。

 日本人には概念が希薄な「文化の盗用」だが、自分とは縁もゆかりもない文化を、商売の道具や売名のために使うことを指す。アメリカ人が着物やチャイナドレスを着た写真をSNSに投稿したり、ファッションやエンターテインメントでアジア文化を使うことも「文化の盗用」と批判されることがあり、近年その傾向が強まっている。

 批判に耐えられなくなったアリアナは2月2日、「そりゃ、私は漢字なんて知らないわよ」「愛と感謝の気持ちから入れたのに」「間違った文字のタトゥーでも、見た目が好きだから全然気にしないって人、どれくらいいるのかな? 私は超絶気にしちゃう」と傷ついていることを告白。続いて、「盗用と感謝には違いがある。私の日本人ファンは、私が日本語を書いたり、日本語がプリントされた服を着たりするとすごく喜んでくれた。でも、日本語がプリントされた私のグッズは公式サイトから削除したわ。誰も気づかないみたいだけど」とつぶやいた。

 そして「もう(日本語の)レッスンを受けるのはやめる。(日本語を学ぶことは)私に喜びを与えてくれた。夢中になってたんだよね。本気でいつか(日本に)引っ越したいと思ってたけど。でももういい」とやさぐれ、「私、深刻な不安症なんだよね。人を傷つけたくないのよ。でもこのアプリ(Twitter)の人たちは、間違えちゃった人を許したり優しく接したりする方法を知らないでしょ。みんな、自分以外の人の気持ちなんて考えもしない。なんで私、こんなこと書いてるのかな。意味ないのに」と吐露した。

 アリアナはこれらの投稿をすぐに削除したものの、責められたと感じた一部の人は激怒。「謝罪してないじゃない!」「ごめんなさいも言えないわけ?」とますます炎上。収拾がつかない状態になっている。

 さらには「アリアナに変な日本語を教えた!」とアユミ先生にまでファンの怒りが飛び火。彼女は、米カルチャーサイト「The CUT」の取材に応じ、4年前からアリアナに日本語を教えているが、今回の「七輪」タトゥーを入れる前に相談は受けていなかったと明かし、「アリアナはひらがなはすべてマスターしているけれど、漢字はまだまだだから、今回のようなミスも仕方ない」と説明。「自分はあのタトゥー、好きよ」と言い、「彼女を笑い者にしている人たちに怒りを感じる。外国語を習いたいという人たちの、気持ちの妨げにならないといいけれど」と語った。

 アリアナだが、「現地時間10日に開催されるグラミー賞授賞式でパフォーマンスする曲をめぐって主催者側との交渉が決裂し、欠席する」と米ニュースサイト「Variety」が報道。授賞式のプロデューサーが「この1カ月ほど話し合いをしてきた」「彼女から『準備するのに時間が足りない』と言われた」とコメントし、これにアリアナが「準備なんて一晩あればできる。欠席するのは、私のクリエイティビティと自己表現を自由にやらせてくれないから」とTwitterで反論。今度はグラミー主催者とのビーフでネット上を騒がせている。

 七輪のタトゥーから始まった「文化の盗用」疑惑騒動といい、アリアナにとって心の休まらない日々が続いているようだ。

関連記事(外部サイト)