ウォーカー役のギャラはいくら? 『ウォーキング・デッド』の興味深いトリビア10選(前編)

ウォーカー役のギャラはいくら? 『ウォーキング・デッド』の興味深いトリビア10選(前編)

『ウォーキング・デッド』Blu-ray BOXより

 5月になって、シーズン9の撮影がスタートしたと報じられた米ドラマ『ウォーキング・デッド』。スピンオフの『フィアー・ザ・ウォーキング・デッド』は悲しいほど不評だが、本家を「見飽きた」という人は少ない。毎回「おぞましいゾンビが見たい」という欲求を満足させてくれるのはもちろんのこと、ゾンビ(今作ではウォーカーと呼ばれる)によって荒廃した世界で、「極限まで追い込まれた人間たち」が繰り広げる物語が壮絶すぎて目が離せないからだ。

 主要キャラクターであるリック(アンドリュー・リンカーン)はもちろん、ほかのキャラクターたちも個性が際立っている。シーズンを重ねるごとに見るに堪えないようなグロいシーンも増えていくのだが、中毒性が高く、世界中にファンも持っている。今回は、そんな人気ゾンビドラマ『ウォーキング・デッド』の興味深いトリビアを紹介しよう。

1.腐敗メイクのプロたちが大活躍

 本作になくてはならない存在が、リアルなビジュアルを持つウォーカー。これは、特殊効果クリエイターのグレッグ・ニコテロが、4人の番組専属メイクアップアーティストたちとチームを組み、1体につき平均1時間〜1時間半かけて創り上げていくもの。「死人のような濁った瞳を演出するコンタクトレンズを入れ、腐ったように見える義歯/マウスピースをはめる」のだとか。

 限られた数のウォーカーで撮影する日は至近距離でも腐敗して見えるように、細かなメイクを。60〜70体の大群が登場するエピソードでは、遠距離からの撮影に合わせて、ハイライトとシャドーを強調した死に顔メイクを中心に施していくとのこと。ピンクの舌や口内が映ると死体に見えないので、ケーキなどに使うアイシングで黒くするなど、細部にまでこだわってメイクをしていくそうだ。

 また、シーズンが進むごとにウォーカーがどんどん腐敗していくという点を意識し、肌色の調合についても探求を怠らないとのこと。ウォーカーだけでなく、オープニングで流れる『THE WALKING DEAD』のロゴもシーズンを重ねるごとに少しずつ腐敗が進行していくので、ぜひ注目してもらいたい。

2.ウォーカー役に適した人材

 毎シーズン撮影を行う前に、前述の特殊効果クリエイター・グレッグが、「ゾンビ・スクール」なるものを開催。まず、ウォーカー役のために集まった150〜200人のエキストラのオーディションを行い、外見とパフォーマンスでグレード分けをして、リアルにゾンビを演じる方法を伝授する。グレッグいわく、「脳と体の動きが一致していない」ような、泥酔した人間の動きを参考にしているとのこと。

 ウォーカー役に適している人は、厚みの出る特殊メイクを施しても違和感のない痩せ型。もちろん、感情ゼロのゾンビをリアルに、ナチュラルに演じられることも重要だ。

 ちなみに、ウォーカーが食い散らかす人間や動物の臓器は、酢漬けのハムを使用。臓器を食べているシーンはハイエナをイメージし、極力口で肉をかみ切るように指導しているという。CGでは、ゾンビが撃たれた時の血しぶきを加えるだけでなく、寒い時期に撮影した場合は口から出る白い息を消し(死人であるゾンビは息をしていないため)、まばたきを消して目が開けっ放しになるように修整。撮影時にはゾンビ役のエキストラは一切声を出しておらず、「おぞましい声」は編集で重ねていく。そのため、撮影中は不気味なほど静かだそうだ。

3. ウォーカー役のギャラ

 2011年、ウォーカー(エキストラ)を演じた人物がネット掲示板に、出演料として2日間で600ドル(約6万5,000円)、年末にはボーナスも支払われたと書き込んだ。数年後、別のエキストラ男性が掲示板に「1時間64ドル(約7,000円)で拘束時間は8時間。スタントをするとボーナスが支払われた」と告白。1日8時間労働と考えると、シーズンが進むにつれてゾンビ役のギャラも上がっている。とはいえ、特殊メイクをしたまま長時間出番を待つこと、撮影は一瞬だけで自分の顔は見えないため、放送されても役者として顔は売れないこと。また、撮影は外がメインなので体力を消耗することを考えると、もうちょっと高くてもよいのではないかという意見が多い。

4.ウォーカー役は休憩時間も隔離されている

 前述のエキストラの男性は、「グレン・リー役のスティーヴン・ユァンは、とってもいい人」「リック役のアンドリューは、典型的なイギリス人」と明かしていたが、撮影の休憩時間、人間であるメインキャストたちとウォーカー役のエキストラは離れた場所で待機しているため、基本的には交流する機会はない。これは「面識のない役者が、ウォーカーとの戦いのシーンを思いっきり演じられるように」と、番組プロデューサーがあえて設けたルール。ちなみに、メインキャストたちには休憩時につまめるように豪華なビュッフェが用意されているが、ゾンビ役のエキストラにはスパゲッティとサラダしか用意されていないと伝えられている。

5.ミショーン初登場シーンを演じたのは“名無し”だった

 「男前な性格でかっこいい!」とファンが多い女剣士ミショーン(ダナイ・グリラ)。日本刀で華麗にゾンビを斬る姿には見惚れてしまうが、最初の頃は「両腕と顎を切り落とした気味の悪い2体のゾンビをチェーンにつないで従えている、口数少ない異様なキャラクター」だった。ミショーンが初登場したのは、シーズン2第13話だったが、フードをかぶっており、顔は見えなかった。実はこのシーンでミショーンを演じたのは、ダナイではない別人だった。ダナイがキャスティングされたのは、シーズン3の制作/放送決定後。スタッフ側もまだミショーン役を誰に演じさせるのか、決めていなかったのだ。そのため、初回のミショーンを演じた役者はクレジットもされていない。まさしく名無しの権兵衛だったのだ。

(後編に続く)

関連記事(外部サイト)