新海誠監督、不倫報道を否定 「交際の事実は一切ありません」

映画『君の名は。』の新海誠監督が不倫報道を否定 「交際の事実は一切ありません」

記事まとめ

  • 映画「君の名は。」の新海誠監督が不倫報道を受けてTwitterで報道内容を否定した
  • 新海監督は「記事にある食事等は事実ですが交際の事実は一切ありません」と不倫を否定
  • 日刊スポーツの報道によると、昨年春ごろに30代前半の編集者と出会い交際と伝えていた

新海誠監督、不倫報道を否定 「交際の事実は一切ありません」

新海誠監督、不倫報道を否定 「交際の事実は一切ありません」

画像は「新海誠作品ポータルサイト」スクリーンショット

映画「君の名は。」を手掛けた新海誠監督(44)は13日、不倫交際を報じられたことを受けてTwitterでコメントを発表し、報道内容を否定した。


新海監督は、「僕の交際関係を報じる記事が出たとのこと。記事中にある食事等は事実ですが、交際の事実は一切ありません。」と不倫を否定。しかし、食事等については「誤解を招いてしまう行動」だったとして、「お騒がせしてしまい、たいへん失礼いたしました。」と謝罪した。また、作品以外の内容を報じられたことについて、「僕のプライベートなどに関心をもっていただけるなんて」と驚きつつ、「僕の仕事は良い映画を作ることですので、今は新作制作に全力で向きあっているところです。重ねてお騒がせ、失礼いたしました。」と綴った。


日刊スポーツの報道によると、新海監督は、昨年春ごろに共通の知人を通じて30代前半の美人編集者と出会い、「君の名は。」がヒットした後の昨秋ごろに交際に発展。都内の飲食店や女性の自宅などでデートを重ね、映画を見たり、業界関係者のパーティーにも同伴していたと伝えていた。

関連記事(外部サイト)