TBS「世界の怖い夜」で放送の心霊写真は合成か 元画像には霊が写っておらず

TBS系『世界の怖い夜』紹介の心霊写真に合成疑惑 元画像の持ち主は怒り

記事まとめ

  • TBS系『生き物にサンキュー&世界の怖い夜 合体3時間SP』は田村淳を司会に写真など紹介
  • 心霊写真を紹介し、「事故死した女性の霊」と心霊研究家の池田武央氏がコメントした
  • 合成の心霊写真が使われたと元画像の持ち主がTwitterに投稿し怒りをあらわにしている

TBS「世界の怖い夜」で放送の心霊写真は合成か 元画像には霊が写っておらず

TBS「世界の怖い夜」で放送の心霊写真は合成か 元画像には霊が写っておらず

画像はTwitterより

TBS系で19日に放送された番組「生き物にサンキュー&世界の怖い夜 合体3時間SP」で、合成の心霊写真が使われたというTwitter投稿が波紋を広げている。


「世界の怖い夜」は、背筋の凍る怪奇現象など、科学では解き明かせない不思議世界を紹介する人気シリーズ。第19弾となる19日の放送では、ロンドンブーツ1号2号田村淳を司会に、「恐ろしい噂がある廃ホテルに潜入!」「心霊研究家 池田武央氏が選ぶ最恐動画ベスト」などを紹介した。


問題となっている写真は、心霊写真のどこに霊が写っているかを当てるコーナーで、とある展望台で友人と撮影した写真として紹介された。肩を組んだ3人の男性の後方、手すり下部の暗闇にぼんやりと女性の姿が浮かんでおり、心霊研究家の池田武央氏は「この場所で事故死した女性の霊 この世に強い未練を残している」とコメントしていた。


しかし放送後、番組で使用された画像と元画像を並べたTwitter投稿が拡散。元画像には、霊らしきものは写っていなかった。そのため、ネットでは画像の無断使用と加工が行われたのではないか、と物議を醸している。

関連記事(外部サイト)