名誉毀損と激怒の高須院長にミヤネ屋が謝罪 浅野史郎氏は裁判の内容を誤解「高須院長に対してお詫びする」

名誉毀損と激怒の高須院長にミヤネ屋が謝罪 浅野史郎氏は裁判の内容を誤解「高須院長に対してお詫びする」

画像は高須克弥氏のTwitterスクリーンショット

「情報ライブ ミヤネ屋」の26日の放送で林アナウンサーは、前日に放送した元宮城県知事・浅野史郎氏の高須クリニックへのコメントについて謝罪した。


ミヤネ屋では、高須クリニックに対して問題を抱えている美容外科であるかのように受け止められるコメントをした浅野氏に真意を確認。浅野氏は、「そのような意図はなく、裁判の内容を誤解していたことによるもので、高須院長に対してお詫びする」との気持ちを表したという。また、読売テレビとしても、高須院長や視聴者に誤解を与える放送を行ったことにお詫びするとした。


浅野氏は25日の番組で、高須院長が民進党の大西健介議員や蓮舫代表を名誉毀損で訴えた第一回口頭弁論についてコメント。大西議員が5月17日の厚生労働委員会の質問で、「『イエス○○』とクリニック名を連呼」するCMを「陳腐なCM」だと断じたことについて、「これは真実を言ったんですよ」「もしあるとすれば、この正直者と怒るようなもの」と発言した。MCの宮根氏が高須院長側をフォローをするも、「そんなの名誉毀損じゃないじゃない」とまくし立てた。


この発言に対し高須院長は激怒。自身のTwitterで、「明確な名誉毀損です。いまミヤネ屋さんに顧問弁護士から警告しました。浅野史郎様から明日中にお詫びがなければ提訴します。」と警告していた。26日朝には、「ミヤネ屋」のチーフプロデューサーから「浅野史郎さんは平謝りしてます」との連絡があったことを報告。さらに、「本日番組内でお詫びします」という回答を得たと明かしていた。

関連記事(外部サイト)