橋本環奈の白目鼻ほじり&全身蜂蜜の中村勘九郎 アクションも満載の実写映画『銀魂』新予告映像が公開

橋本環奈の白目鼻ほじり&全身蜂蜜の中村勘九郎 アクションも満載の実写映画『銀魂』新予告映像が公開

(c)空知英秋/集英社 (c)2017「銀魂」製作委員会

主演の小栗旬をはじめ豪華俳優陣によって実写化される映画「銀魂」の新予告映像が8日に公開された。


1分41秒に及ぶ新映像では、銀時(小栗旬)が妖刀“紅桜”に腹を貫かれる衝撃的なシーンやストーリーの全貌がわかるシーンが満載。銀時とかつての盟友高杉(堂本剛)が刀を交わらせる迫力のアクションシーンも解禁された。シリアスなシーンだけではなく、後半には銀時の「かぶと狩りじゃあああああ」の叫び声とともにコメディパートも。カブトムシを引き寄せるために全身に蜂蜜を塗った近藤(中村勘九郎)は金色に輝くふんどし姿を、沖田(吉沢亮)はカブトムシの被り物姿を披露している。さらに、橋本環奈演じる神楽の鼻ほじりシーンも解禁。白目を剥き、口を開けて鼻を目一杯伸ばした変顔で、豪快に小指を突っ込む姿が映し出されている。実写映画「銀魂」は、7月14日に全国で公開される。


<ストーリー>
幕末の江戸、鎖国を解放したのは黒船――ではなく、エイリアンと宇宙船だった!
今や地球人と宇宙からやってきた天人(あまんと)が共に暮らす、将軍おひざ元の江戸・かぶき町。ここで、なんでも屋「万事屋(よろずや)」を営む銀時は、従業員の新八や居候の怪力美少女・神楽といつものようにダラダラした午後を過ごしていた。だが、ぼんやり見ていたTV番組のニュースで、カブトムシ狩りで一攫千金できると知り…、てんやわんやの大騒動で幕が開く!
ある日、万事屋に仕事依頼が舞い込む。江戸で暗躍する攘夷志士の桂が謎の辻斬りの凶刃に倒れ行方不明になったというのだ。
その影にうごめくのは、「人斬り似蔵」の異名を持つ浪人・岡田似蔵。そしてかつて銀時と共に攘夷志士として救国のため戦った高杉晋助。
捕らわれた仲間を救出するため、この世界を護るため――満身創痍の銀時はひとり、走り出す。江戸の空に浮かぶ戦艦で、一世一代の大バトルが始まろうとしていた――!


関連記事(外部サイト)