品薄の「Nintendo Switch」をプレゼントして視聴者稼ぎ 大量に買い占めるユーチューバーに批判「転売屋と変わらない」

品薄の「Nintendo Switch」をプレゼントして視聴者稼ぎ 大量に買い占めるユーチューバーに批判「転売屋と変わらない」

画像はYouTubeより

任天堂の人気ゲーム機「Nintendo Switch」を大量に用意し、プレゼント企画を実施するYouTuberが相次いでいる。品薄状態が続いている商品を買い占めていることに、ネットでは多くの批判が寄せられている。


「Nintendo Switch」発売後、時折見受けられたYouTuberによる「Nintendo Switch」のプレゼント企画。ヒカキンが7月28日に実施した「スプラトゥーン2セット」10台のプレゼント企画が話題になって以降は、7月29日に禁断ボーイズ、8月2日にヒカル、8月8日にFischer'sと多くのYouTuberが実施している。台数も増加し続けており、Fischer'sはプレゼント数は50台。いずれもYouTubeでチャンネル登録し、通知をオンにするなど、視聴者になる条件を満たすと応募することができる。


「Nintendo Switch」は、量販店では抽選販売となっており、オンラインストアでも即時売り切れるなど、手に入れることが困難な状態。このような中で大量に買い占めて実施されるこれらの企画には批判的な声が多く寄せられている。
「こーゆーやつがいるから、買いたくても買えないやつがいるの分かってるのかな?と思う」
「金取るか取らないかの違いだけで転売屋とやってることが変わらない」
「転売と同じぐらい辞めてほしい(本心)」
「市場に出回ってたはずのSwitch110台。『並べば買えたかもしれない110人』が、並んでも買えず、更に『並んでまでは買いたくない人』と競わねば手に入れることが出来ないという地獄」


一方では、「正直何に買うのも人の勝手だしそいつらのせいで買えない人が増えるとかは言いがかりでは..」という声や、ヒカキンは災害募金を集めるためにチャンネル登録者を集めたと擁護する声も上がっている。





関連記事(外部サイト)