西原理恵子が“卒母” 漫画「毎日かあさん」足かけ16年の連載を終了

西原理恵子が“卒母” 漫画「毎日かあさん」足かけ16年の連載を終了

連載終了、「卒母」します(描き下ろしイラスト)

毎日新聞で連載中の漫画「毎日かあさん」が、6月26日の通算723回で足かけ16年の連載を終了する。合わせて、10月からは西原による新たな連載がスタートすることも発表された。


「毎日かあさん」は、二児の母親でもある西原理恵子が家庭内の出来事を題材にしたギャグ漫画。2002年から週1回の連載を開始し、離婚や元夫の死去なども描かれた。2009年にはテレビ東京系列でTVアニメ化され、2011年には小泉今日子、永瀬正敏主演、小林聖太郎監督で映画化もされている。


16年の歳月が経過し、連載開始時に4歳だった西原の息子は、この春に大学入学、娘は16歳に。「このあたりで『卒母(そつはは)』して、新しい漫画を始めたい」と連載終了を決断したという。連載を振り返って西原は、「16年、幸せでした。みなさんで(連載を)守ってくださって、本当にうれしかったです」と感謝を言葉を綴っている。


10月から始まる新連載は、「毎日かあさん」同様、週1回の連載となるがタイトルは未定。人生経験を経て、さらにスケールを増したサイバラワールドのギャグ炸裂の作品になるという。新連載について西原は、「『卒母』した同じ女性の悩みや第2の人生を描きたい。女性にとって一番楽しい時期なんです。歳いったおばさんたちの柔軟な人生を描ければ」と抱負を語っている。


<西原理恵子のコメント全文>
・終了の理由
「お母さんが終わったからです。下の子も16歳になって、『あっ、お母さん終わった』って気が付いた。経済的な支援とかはまだ必要ですけど、それ以外はもう要らないな、と。子育て終わり、お母さん卒業、各自解散(笑)。すごいさみしいけれど、もう子どもに干渉しちゃいけないんだろう。私も後は自分の好きな人生を送らせてもらいます。だから『毎日かあさん』も終わり」
「それに、シリーズも13巻になって、飽きてきた人もいるかもしれないし、どっから読んだか分からなくなって同じ巻を2冊買っちゃうとか――私も同じ本を3回買ったことがあるからね――そんな方がいっぱいいそうなんで、ここらでリニューアルしよう、と」


・うれしかった反響
「私のだらしなくて、いいかげんな子育てを、『いいよね』って言ってくれた。みんなで慰め合ったという感じ(笑)。今までは子育ては聖域だったんです。その像をちょっと私が崩したら、たくさんの女性たちが『そうだよね』って。それが先輩女性からも来たのがうれしかったです」


・お詫びとお礼
「汚い絵とヘタな文字で、特にご高齢の読者の、老眼の方、本当にすみませんでした。長いこと描いているんで、絵も字も上手になると思っていたら、なりませんでした。そこらへんすいません」
「でも16年、幸せでした。みなさんで(連載を)守ってくださって、本当にうれしかったです」


・新連載について
「子どもたちは、家族としてちょっと描かせてもらうけど、もうそんなに出てこない。これまでキャラにして金儲けしてごめん(笑)」
「新連載では、『卒母』した同じ女性の悩みや第2の人生を描きたい。女性にとって一番楽しい時期なんです。歳いったおばさんたちの柔軟な人生を描ければ」
「私たちの母親の世代が夫に殴られたり、しゅうとめにいびられたりしても『あなたたちはそんな目にあってほしくない』と変えてくれたように、私たちも次の世代の常識を変えていきたい。おばさんの愚痴と説教だと思って読んでください」

関連記事(外部サイト)