「海月姫」「となかぞ」も視聴率低迷……フジテレビのドラマがことごとく惜しい

「海月姫」「となかぞ」も視聴率低迷……フジテレビのドラマがことごとく惜しい

お台場のフジテレビ本社 ©文藝春秋

 かつてお台場はおしゃれな場所だった。行くには、車か、ゆりかもめという究極の選択しかないにもかかわらず、観覧車、レインボーブリッジ、球体展望室のあるフジテレビ……と夜景を求めて人々が繰り出した。ところがいまは、2020年の東京オリンピックまでに盛り上げる使命がありながら、お台場遠いよねぇ……と億劫感が募り、それと関係あるのかないのかはわからないが、現在放送中のフジテレビ制作のドラマの視聴率も低い。

 1月期の連続ドラマでいうと、フジのドラマ、月9『海月姫』は平均6.1%(最低は4.9%)、木曜劇場『隣の家族は青く見える』は、5.9%(最低は4.6%)(いずれもビデオリサーチ調べ 関東地区 3月6日現在)と、テレビドラマの視聴率が低下の一途をたどっていると言われるサンプルのひとつに残念ながらなっている。

 とはいえ、ドラマのレベルは決して低いわけではないと、テレビドラマの取材や評論を90年代から長らく生業にしている私はそう思う。

■SNSで話題になる要素満載なのに……

『海月姫』は、映画化もされた東村アキコの人気漫画が原作で、不器用で内向きな人たちがもどかしいコミュニケーションを通して、自分は自分でいいと肯定していく物語はキュンキュンする。芳根京子、瀬戸康史、工藤阿須加、賀来賢人と朝ドラ出身俳優をそろえたメジャー感もあり、顔が命のはずの女性タレントに漫画のキャラそっくりに目を前髪で隠したまま演じさせるなど、チャレンジもしている。とりわけ、瀬戸康史演じる女装男子は眼福だ。

『隣の家族は青く見える』(となかぞ)は、松山ケンイチ、深田恭子が妊活する夫婦を、涙なくしては見られないほどピュアに演じて、女なら、こんな旦那さま、男なら、こんな奥さんが欲しいなあと思わせる。さらに、彼らと同じいまどきの共同住宅に住む3組の家族もキャラがほどよく立っている。コンサバ夫婦と事実婚カップルとゲイカップルの3組で、とりわけ、眞島秀和と北村匠海演じるゲイカップルの仲睦まじさが嬉しいほどに目の毒。

『海月姫』も『となかぞ』も、SNSで話題になる要素満載だが、なぜ、こんなに視聴率は低いのだろうか。身も蓋もない話だが、おそらく、『海月姫』は日本テレビの水10、『となかぞ』はTBSの火曜ドラマでやっていたら、もうちょっと取れたのではなかろうか。フジテレビには近寄るな的な風評被害のようなものだと思う。フジテレビネガ伝説についてはここでは詳しく触れないが、その代わりに、フジテレビのここが惜しい点を挙げたいと思う。

■ああフジテレビ、いろいろ早過ぎる

『海月姫』も『となかぞ』も、現代人の多様な生き方を認めようというような視点のドラマで、これは、社会現象となった『逃げ恥』こと『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS)にもあった要素だ。『逃げ恥』では、ガッキー演じる高学歴の就職難民、星野源演じるアラサー童貞、石田ゆり子演じるアラフィフ処女、古田新太演じるゲイなど、生き辛さを感じつつもそれぞれの生き方を模索していて、ドラマの提示する多様な生き方の最たるものは「契約結婚」だった。ガッキーと星野源演じるヒロインと相手役が、各々の生活を快適に行うための「契約結婚」。これが新しい!と日本中が興味をもった。そのうえ、「契約」のはずが、じょじょにお互いが惹かれ合うところも心を大いにざわつかせてくれた(「ムズキュン」という言葉が流行った)。すばらしい。

 ところが、それよりも2年近く前の2015年に、フジテレビは、月9『デート〜恋とはどんなものかしら〜』で、不器用な男女の「契約結婚」のドラマを放送し、一部で熱狂的に支持されていたのである。脚本は『リーガルハイ』シリーズで人気を確立した古沢良太、主演は杏と長谷川博己という申し分ない布陣だったが、視聴率的には爆発的とはいかなかった。その2年後、『逃げ恥』があんなにも跳ねるなんて誰も思ってなかっただろう。

■「逃げ恥」脚本家はフジのヤングシナリオ大賞出身

 漫画原作『逃げ恥』の脚本を書いたのは野木亜紀子。それで一躍、スターダムに駆け上がり、古沢良太と対談する(『美術手帖』のドラマ特集で)までになった野木が書いて、1月期の最もおもしろいドラマと話題の『アンナチュラル』(TBS)も、コンサバになりがちな医療ミステリーに、現代性(登場人物のあけすけな生態や会話など)や社会派な視点を盛り込んだ、フジテレビの名作『きらきらひかる』(98年)を改めて掘り起こし、21世紀仕様にアップデートした作品といえる。そもそも、野木亜紀子はフジテレビの新人脚本家の登竜門・ヤングシナリオ大賞出身。フジテレビで何本か仕事をした後、TBS の有川浩原作ものの脚本で力をつけていまに至っている。『カルテット』(17年)で人気が再燃した坂元裕二だって、『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』(16年)を最後の月9と宣言して書き終えた後、はじめてTBSで書いたオリジナルドラマが『カルテット』である。彼もヤングシナリオ大賞出身で、『東京ラブストーリー』で一世を風靡した、生まれも育ちもフジテレビっこだ。

■高橋一生もきっかけはフジテレビ!?

 映画化が控える『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命- THE THIRD SEASON』(17年)の出現まで、月9最後のヒットドラマとも言えそうだった『信長協奏曲』(14年)も、時代劇をSFと恋でコーティングした新たな鉱脈で、いま、時代劇×タイムスリップ×恋の法則でNHKの『アシガール』(17年/ 黒島結菜の足軽女子高生がかわいくて、18年に続編決定)に引き継がれ、密かに盛り上がっている。大河ドラマ『おんな城主 直虎』(17年)で日本中の女子を悶絶させた、政次こと高橋一生も、森下佳子が『信長協奏曲』の高橋を見たことがきっかけで出演することになったという。

 ああ、ことごとく、フジテレビ、いろいろ早過ぎる。

 持ってかれてばかりではないか。それはつまり、タイミングさえ合えば、またフジテレビが時代を牽引する可能性を示唆しているといってもいい。『海月姫』『となかぞ』のみならず、17年、10月期の『刑事ゆがみ』(浅野忠信、神木隆之介)も視聴率はふるわなかったものの、一風変わった刑事ドラマで、見巧者の受けは良かった。だから、ここは腐らず、波が来るのを待つしかない。まずは、古沢良太の『デート〜』以来の月9『コンフィデンスマンJP』(4月から)が波を変えることを期待したい。古沢さん、がんばってください。

(木俣 冬)

関連記事(外部サイト)