阪神から西武に移籍の榎田大樹「好きな野球で苦しんでいる自分は幸せ」

阪神から西武に移籍の榎田大樹「好きな野球で苦しんでいる自分は幸せ」

岡本洋介とのトレードで西武への移籍が決まった榎田大樹 ©文藝春秋

 3月14日は、6回目の結婚記念日だった。西武・岡本洋介との交換トレードが発表された阪神・榎田大樹は、慌ただしい一日を終え、行きつけのレストランで3歳上の妻とようやく乾杯にこぎつけた。「結婚記念日にトレードされる選手なんて、いないよ」。妻の言葉で、タテジマを脱ぐ実感がわいた。

 朝、二軍の本拠地である鳴尾浜球場に到着した直後に、トレードを通告された。「正直、びっくりしましたね」。鹿児島にいる両親への連絡を済ませると、その足で甲子園球場へ愛車を走らせた。ヤクルトとのオープン戦を控えた金本知憲監督ら首脳陣、チームメートに別れのあいさつをするためだった。

 その後、球団事務所で行われた“最後の”囲み取材。虎番たちの最前列にいながら、なかなか質問できない自分がいた。「必要とされて行くので」と気持ちを切り替える左腕とは対照的に、学校のクラスメイトが転校する時のような寂しさが段々と募ってきていた。

■母・きよ子さんは「まじめな子だから」

 阪神担当を拝命した2010年。新人記者として、ドラフト指名直後から密着した選手が榎田だった。本人を取材する前に、鹿児島県曽於郡大崎町にある実家を訪問した際には母・きよ子さんが、特大のおにぎり、味噌汁を振る舞ってくれ、3時間かけて、息子の生い立ちを振り返ってくれたのは良き思い出だ。

 後日、所属していた東京ガスのグラウンドで対面した本人は、きよ子さんの「まじめな子だから」という言葉そのままの実直な男だった。差し出した名刺をしっかり両手で受け取り、僕の目を見て「これから、よろしくお願いします」と頭を下げてくれた。

 どんな時も立ち止まって取材に応じ、嫌な顔一つしない。それは7年経った今も全く変わらないのだが、右も左も分からない当時24歳の新人記者がどれだけ救われたことか……。だからこそ、活躍した際の「ヒーロー原稿」にも力が入ったことは、言うまでもない。

 1年目は、中継ぎとして球団新人記録を塗り替える62試合に登板。球宴出場も果たし、プロで最高のスタートを切った。プロ初登板に、プロ初勝利……とにかく力みまくって原稿を書いた記憶がある。これから、どんな速度でサクセスロードを歩んでいくのか……。思いを巡らせていたが、阪神でのピークがこの1年間になるとは、誰も予想できなかった。

■「良いことより、悪いことの方が多いのが人生」

 2年目の7月に左肘痛を発症し、シーズン中にメスを入れた。「もう野球ができなくなるかもしれない」と、挫折を味わった。翌年は先発に転向して、復活を期すも4勝止まり。甲子園を働き場としていた男は、気づけば、自宅と鳴尾浜球場の往復が当たり前になっていた。昨年、自宅で阪神戦を見ていた時、当時3歳だった長女が投げる仕草をして「パパは“エイ”しないの?」と聞いた。一家の大黒柱としての無念さがこみ上げた。

 7年目の昨季、シーズン終盤に一軍昇格を果たすと、9月7日の広島戦で初登板し3回無失点の力投。咄嗟に、記者席で「胸が熱くなりました」と、母・きよ子さんにメールを送った。1年目の輝きを取り戻したような躍動が、僕は素直に嬉しかった。

 オフには動作解析の専門家を訪ねて、フォームを修正。今春は、2軍キャンプでスタートしたが、投手陣最年長として投げ込み量や走り込みの多さで10以上も歳の離れた若手を引っ張った。「(2軍の)矢野監督は結果を出せば、推薦すると言ってくれている。その言葉を信じて投げていきます」。キャンプ終了後の3月上旬。行きつけの鉄板焼き屋で8年目の決意を語っていた。

 その数日後、忘れられない「結婚記念日」を迎える。トレード発表から一夜明けた15日、鳴尾浜球場に荷物整理にやってきた榎田と話すことができた。

「求められていくので、環境を変えて心機一転、頑張りますよ。阪神では辛いことの方が多かったですが、良いことより、悪いことの方が多いのが人生だと思うんで。大好きな野球で苦しんだり、楽しんだりできている自分は幸せなのかなと思います」

 浮き沈みの激しい阪神での7年間を言い訳することなく真っ正面から捉えることができる。榎田大樹という人間を象徴する言葉の数々だった。

「本当にお世話になりました。でも、自分が関西遠征で来たら、普通にいつもの店で一緒に食事してそうですね」

 そう笑って、運転席に滑り込んだ。白い愛車が見えなくなるまで、心の中で叫んだ。

 榎田大樹、ありがとう、と。

遠藤礼(スポーツニッポン)

(遠藤 礼)

関連記事(外部サイト)