織田信長役は山田孝之!? 2020年大河の出演キャストを予想してみた

織田信長役は山田孝之!? 2020年大河の出演キャストを予想してみた

長谷川博己の起用には、NHKスタッフの気概を感じる ©杉山秀樹/文藝春秋

 去る4月19日、2020年放送のNHK大河ドラマの制作発表があった。大河ドラマ第59作目となる本作は、『麒麟がくる』と題して、池端俊策のオリジナル脚本、長谷川博己の主演により戦国武将・明智光秀の人生を描くという。池端と長谷川は、一昨年にやはりNHKで放送された土曜ドラマ『夏目漱石の妻』に続いてタッグを組むことになった。

■五木ひろしやマイケル富岡も演じてきた「明智光秀」

 明智光秀はこれまでにも何度となく大河ドラマに登場してきた。『国盗り物語』(1973年)で悲壮感漂う光秀を近藤正臣が好演したのをはじめ、『春日局』(1989年)では五木ひろし、『信長 KING OF ZIPANGU』(1992年)ではマイケル富岡と、変化球的なキャスティングも飛び出した。

 ここ10年あまりは、光秀の古典文化に通じた教養人という側面を重視してか、歌舞伎俳優の坂東三津五郎(『功名が辻』2006年)、落語家の春風亭小朝(『軍師官兵衛』2014年)、作家の岩下尚史(『真田丸』2016年)と、伝統芸能と関係の深い人たちの起用が目立つ。そこへ来て今回、長谷川博己が抜擢されたことは、新たな光秀像を目指すスタッフの意気込みをうかがわせる。

 筆者は一昨年、2019年の大河ドラマは、脚本を宮藤官九郎がオリンピックを題材に書くと発表されたとき、登場人物と配役を予想したことがある( 「エキレビ!」2016年11月17日 )。まだこの時点では、主演俳優どころか、『いだてん〜東京オリムピック噺〜』というタイトルも、どんな人物が出てくるのかも決まっておらず、配役はこれまでの宮藤作品の出演者などを手がかりに予想した。それでも下手な鉄砲も何とやらで、このとき名前をあげたうち、橋本愛、武井壮、山本美月の出演が実際にその後NHKから発表されている。

 そこで今回も『麒麟がくる』の配役を予想してみようと思う。ただし、本気で予想するというよりは、あくまで「自分が見たいかどうか」を優先して選んでみたい。

■光秀の主君・織田信長はだれが適役か?

 まずはやはり気になる、明智光秀の主君であり、のちには彼によって討たれる織田信長の配役だ。 NHKオンラインの公式ページ では、『麒麟がくる』でめざす信長像について《革新的な魔王のイメージが強い光秀の主君・織田信長を、最近の研究で見直されている保守的かつ中世的な側面も強調、父・信秀から実直に受け継いだ財政面、経営面での才覚も描いていきます》と説明されている。はたしてこれに見合った俳優は誰なのか。

■年齢差もピッタリ? 山田孝之の信長はハマりそう

 昨年の『おんな城主 直虎』では市川海老蔵が扮するなど、これまで大河では信長を名だたる俳優が演じてきた。個人的にも信長を演じているところを見たい俳優は多いが(先日のTOKIOの記者会見を見ていたときには、ふと松岡昌宏の信長を見たいと思った)、これぞとひらめいたのが山田孝之だ。

 山田といえばNHKではデビューまもないころにドラマ『六番目の小夜子』(2000年)に出演、さらに連続テレビ小説『ちゅらさん』(2001年)のヒロインの弟役でブレイクした。この間、大河ドラマ『葵 徳川三代』(2000年)で江戸幕府三代将軍・徳川家光の少年時代も演じている。

 デビュー当初は内向的な美少年というイメージだった山田だが、その後大きく変貌を遂げ、いまでは不良やアウトローの役で抜群の存在感を示している。昨年には、吉村昭の小説を池端俊策がドラマ化した『破獄』で驚異的な身体能力を持つ脱獄囚を演じて、強烈な印象を与えた。

 一方で、コメディ色の濃い『勇者ヨシヒコ』シリーズ(2011〜16年)やドキュメンタリードラマ『山田孝之のカンヌ映画祭』(2017年)など気鋭の監督と組んで新たな試みも展開している。こうして見ると、「革新的な魔王」と「地元を取り仕切る保守的な領主」両方のイメージを併せ持った信長を演じるにはまさに適役ではないか。ちなみに山田は、『信長協奏曲』のドラマ版(2014年)および映画版(2016年)では豊臣秀吉を演じている。

 なお、1528年生まれと伝えられる光秀に対し、信長は1534年生まれと6歳違う(ただし、光秀の生年には諸説ある)。これは長谷川博己(1977年生まれ)と山田孝之(1983年生まれ)の年齢差と同じだ。

■『夏目漱石の妻』タッグをもう一度!

 次に女性の出演者を考えてみたい。先述のとおり、長谷川博己は一昨年、池端俊策脚本の『夏目漱石の妻』に出演している。このとき漱石を演じた長谷川に対し、その夫人で主人公の夏目鏡子に尾野真千子が扮した。尾野はこれより前、同じく池端脚本によるドラマ『足尾から来た女』や『松本清張〜坂道の家』(ともに2014年)でも主演している。

 とすれば、『麒麟がくる』にも出演する可能性は高いのではないか。NHKで目下、尾野主演の連続テレビ小説『カーネーション』(2011年)が再放送されているのも、ひょっとするとその伏線だったりして。

 尾野が出演するとすれば、『夏目漱石の妻』に続き長谷川との夫婦役がふさわしいだろうか。明智光秀の妻・煕子には、光秀の没後、居城であった近江・坂本城の開城が論議された折、家臣に生き延びるよう説くなど、賢女ぶりを示すエピソードが伝わっている。こうした芯のしっかりとした女性は、尾野が得意とするところだろう。

 このほか、主要な人物の配役を以下のとおり、多分に希望を込めて予想してみた。

斎藤道三:香川照之

斎藤利三:滝藤賢一

今川義元:草g剛

足利義昭:宮藤官九郎

細川藤孝:大泉洋

豊臣秀吉:星野源

徳川家康:松尾諭

細川ガラシャ:浜辺美波(対抗:奈緒)

■“アクの強い重鎮”は香川照之にお任せしたい

 光秀が信長以前に仕えた斎藤道三には、ベテランがキャスティングされるものとして予想してみた。まず思い浮かんだのは、池端とは『昭和四十六年、大久保清の犯罪』(1983年)や『イエスの方舟〜イエスと呼ばれた男と19人の女たち〜』(1985年)などの実録物で何度もタッグを組んでいるビートたけしだが、前年の『いだてん』で語り手となる古今亭志ん生役に決まっている以上、2年連続での大河出演はちょっと考えにくい。

 それならと思いいたったのが、大河ドラマでたびたび主要な人物を演じてきた香川照之だ。長谷川博己とは昨年、TBSの日曜劇場『小さな巨人』で互いに対立する刑事役で共演したのが記憶に新しいし、池端作品では一昨年にNHKで放送された『百合子さんの絵本〜陸軍武官・小野寺夫婦の戦争〜』で主演している(薬師丸ひろ子とのW主演)。「美濃のまむし」と呼ばれた道三のあくの強いキャラは、きっと香川にハマることだろう。

■滝藤賢一と長谷川博己 “生涯の相棒”タッグを見たい

 斎藤利三は光秀の重臣で、徳川家光の乳母・春日局の父親である。長谷川博己の脇を固めるにはどんな俳優がふさわしいか考えてみたところ、滝藤賢一が思い浮かんだ。長谷川とは同年代で、いずれも映画監督を志して演劇の道に進んだことなど共通点も多い。

 それにもかかわらず、二人が共演したことは意外にもほとんどないようだ。ここはぜひ、光秀と死ぬまで行動を共にすることになる利三役で滝藤が長谷川と共演するところを見てみたい。

 今川義元はここしばらくの大河ドラマでは、谷原章介(『風林火山』2007年)や春風亭昇太(『おんな城主 直虎』2017年)が演じている。

 前者はそれまで公家のイメージの強かった義元像を覆す演出が、後者は寡黙で何を考えているかわからない義元に、落語家をあてたことが興味深かった。それだけに次は誰が演じるのか悩むが、最近、NHKスペシャル『未解決事件 File.06 赤報隊事件』で印象深い演技を見せた草g剛なら、また違った義元像を見せてくれるのではないだろうか。

■足利義昭役の大穴は宮藤官九郎か?

 光秀が信長とのあいだを取り持った室町幕府将軍・足利義昭というと、大河ドラマでは、ミュージシャンの玉置浩二(『秀吉』1996年)や脚本家・演出家の三谷幸喜(『功名が辻』)と異色の人物が起用されてきた流れがある。

 とくに三谷は、大河で『新選組!』(2004年)の脚本を手がけたあとの出演だったこともあり、インパクトがあった。そこでここでもあえて変化球を狙い、前年の大河『いだてん』で脚本を担当する宮藤官九郎が、今度は俳優として起用されるものと予想してみた。まあスケジュールなどからいえば難しいだろうが。

 光秀とともに義昭・信長のあいだを取り持った細川藤孝(幽斎)の役には大泉洋を、池端脚本の『駄菓子』(TBS日曜劇場『おやじの背中』第8話、2014年)で主演していることも踏まえて選んでみた。

 大泉といえば、一昨年の大河ドラマ『真田丸』で、主人公・真田信繁(幸村)の兄・信幸(信之)を演じたことを思い出す人も多いだろう。大坂の陣で豊臣方についた信繁に対し、信幸は徳川方について真田家の命脈を保ったが、細川藤孝も本能寺の変では光秀からの誘いを断り、結果的に細川家を守っている。大泉にはそんなしたたかに生き延びる人物を、『真田丸』に続き、ぜひ演じてほしい。

 宮藤、大泉と来て、さらに秀吉役に星野源と来ると、どうもサブカル寄りすぎるとは思うが、星野ならきっと、人はいいけど腹に一物持っていそうな秀吉を好演してくれるものと期待を込めて選んでみた。

 家康役で予想した松尾諭は、長谷川博己とは映画『シン・ゴジラ』(2016年)で名コンビぶりを見せたのに続き、前出の『夏目漱石の妻』でも共演している。体つきからいっても家康役はハマるのではないか。

■光秀の娘・細川ガラシャには浜辺美波か、奈緒か

 最後に、光秀の娘で、細川藤孝の嫡男・忠興に嫁ぐ細川ガラシャ(玉)には、ミステリアスな美少女がふさわしいと考えた結果、最近活躍がめざましい浜辺美波をあててみた。

 さらに対抗として、昨年NHKのBSで放送された『赤ひげ』で存在感を示していた奈緒もあげておきたい。現在、連続テレビ小説『半分、青い。』にヒロインの親友役として出演中の弓道のあの子である。

 ここまで『麒麟がくる』の配役を考えてきた。脚本の池端俊策は、NHKではこれまでに大河ドラマ『太平記』(1991年)で起用されたほか、近年では、前出の『足尾から来た女』『百合子さんの絵本』など近現代史物でも意欲作を次々と発表している。つくづく惜しまれるのは、『太平記』など池端作品で多数タッグを組み、大河ドラマの常連でもあった緒形拳がすでにこの世にいないことだ。

 生きていれば2020年に83歳になっていたはずの緒形が、『麒麟がくる』に出演することになっていたら、どんな役に選ばれたのだろうか。不明な点が多く、ドラマでは創作で描かれることになるであろう光秀の父親など、きっと物語上重要な役を担ったことは間違いないはずである。

(近藤 正高)

関連記事(外部サイト)