「走り勝った」西野ジャパンを支えた原口元気の陸上トレーニング

「走り勝った」西野ジャパンを支えた原口元気の陸上トレーニング

1991年生まれの27歳、原口元気選手 ©JMPA

 下馬評を覆しての勝利に、日本中が沸いた。

 ロシアW杯グループリーグ第1戦、格上と言われたコロンビアを相手に、日本は2-1での勝利をもぎ取った。

■特筆すべき時速32.18kmというトップスピード

 得点を挙げた大迫勇也(ブレーメン)や香川真司(ドルトムント)らの活躍に注目が集まる一方で、翌日のスタッツを見てひとつ驚きの数字を見せた選手がいた。

 それが、原口元気(ハノーファー)だ。

 アシストもゴールもない。放ったシュート数もゼロ。それでも、スプリント(時速24.48km以上の走り)回数ではチームトップの56と突出した数字をマークした。

 総走行距離でも長友佑都(ガラタサライ)に次ぐ2位の10.158kmを記録。特筆すべきはトップスピードの時速32.18kmという数字で、世界でもトップクラスのスピードを持つといわれるコロンビアのギジェルモ・クアドラード(ユベントス)をも上回って見せた。

 そんな原口が見せた献身的なスプリント能力の裏には、彼が師事しているあるコーチがいる。それがシドニー・アテネ五輪の110mハードル走の代表選手で、現在は筑波大学で准教授を務める谷川聡氏だ。

「僕が『(脚を)速くしてくれ』って言っても、なかなかトレーニングをやってくれなかったのが衝撃的で(笑)。まずは2年半、下積みというか、地道に能力を上げるようなトレーニングをやらされました。すぐに足を速くしたかったんですけど『ケガをするリスクがあるから』ということで、長期的に考えてやってくれた。そこは、他のトレーナーさんとは違うところだったのかなと思います」

 そう原口本人が語るように、4年前からはじまった2人のタッグは、如実に原口のプレーへ好影響を与えた。もともと才能型の“閃き”を武器にした選手だった原口は、驚異的なスプリント能力を持つ汗かき型の選手へと変貌を遂げたのである。

■サッカー選手は走りの専門的なトレーニングを受けない

 一昨年末には谷川が勤務する筑波大での自主トレも公開。腿上げやバウンディングなどをはじめとした動きづくりのドリルトレーニングから、ラダーやミニハードルを使った軽めのスプリントトレーニングなどが公開された。

 実はこの時、少し意外なことがあった。

 それは、原口がやっていたトレーニングが本当に基礎的なものだったことだ。もちろん、細かな意識の持ち方やトレーニングの時期という理由もあるとは思う。だが、いわゆる陸上競技を“かじった”ことがある人間ならば、中学生でもやっているような動きづくりのドリルを行っていたのである。

 さらに驚いたのは、その様子を普段サッカー専門に取材しているメディアの記者たちが、非常に物珍しそうに見ていたことだ。なんでも「サッカー選手のトレーニングで、こうした走りの動き作りのための練習を見たのは初めて」なのだそうだ。

 それはつまり、ほとんどのサッカー選手は日本代表クラスになるまで走りの専門的なトレーニングを受けずにくるということを意味している。これは少々、衝撃的な事実だった。

■天性の足首を持ちながら潜在能力を発揮できなかった

 谷川コーチは、原口の能力についてこう語っている。

「彼は日本のトップスプリンターと同じかそれ以上の足首の強さを持っています。この足首のスティフネス=固さが一番の能力。これはどのスポーツでも活きるもので、足首が固ければ反発力を使って、短い時間で高く足を上げられる。もちろん鍛えられる部分もありますが、それは天性のものだと思います。車で言えば、ドライバーは鍛えられますけど、もともとついているタイヤは変えられないですからね」

 逆に言えば、それだけのポテンシャルを持っていながら、原口は谷川コーチに出会うまでにその潜在能力を発揮できなかったということになる。これは実にもったいないことではないだろうか。もしも原口がサッカーの世界だけで生き、そのトレーニングだけに固執していたならば――ひょっとしたら今回のW杯での勝利もなかったかもしれない。

 サッカー選手として、専門的な走りのトレーニングを取り入れた先駆けとなったのが、今回の日本代表にも選ばれている岡崎慎司(レスター)だろう。10年以上前からバルセロナ五輪陸上短距離代表の杉本龍勇(たつお)コーチに師事し、サッカーのピッチ上でも活きる走りのトレーニングに力を入れて来た。

 岡崎は清水エスパルス時代に杉本氏が偶然、チームのフィジカルトレーナーを務めていたことから、走りのスピード改善に陸上競技的なアプローチを取り入れるようになった。その結果が2016−2017シーズンのプレミアリーグ優勝であり、日本代表での活躍なのだ。

■ラグビー日本代表は元総合格闘家をコーチとして招聘

 岡崎や原口が陸上競技出身のコーチに師事することで目に見える結果を出したことを受けて、いまでは多くの代表クラスのサッカー選手が自身の能力の改善に陸上競技的なアプローチを取り入れている。こういった競技の垣根を超えたトレーニングの探求は、日本の更なるレベルアップを生むはずだ。

 例えば、前回W杯で南アフリカを破る大金星を挙げたラグビー日本代表は、タックル向上のためのコーチとして元総合格闘家の高阪剛氏を招聘していた。また、スキージャンプの「レジェンド」葛西紀明選手は、トレーニングにリフティングなどサッカーの動きを取り入れている。

 サッカーは日本で人気が高く、非常に競技人口の多いスポーツである。

 一方で、その規模と人気が大きいだけに、どうしても競技の内側でトレーニングが完結しがちだ。多くの高いポテンシャルを秘めた選手が日本中にまだまだいるはずで、これは非常に残念なことだと思う。

 陸上競技以外にも、バスケットボールやバレー、野球など様々なスポーツから効果的なトレーニング手法を取り入れていく。自競技以外にも目を向けていくことで、サッカー日本代表もさらにもうワンランク上のチームになる可能性がでてくるのではないだろうか。

(山崎 ダイ)

関連記事(外部サイト)