ヒーローなんかじゃない『ハン・ソロ』 小物アウトローの「末路」を考える

ヒーローなんかじゃない『ハン・ソロ』 小物アウトローの「末路」を考える

©2018 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

『スター・ウォーズ』の原点である『エピソード4・新たなる希望』(1977年)から登場し、大活躍する宇宙の密輸屋ハン・ソロ。その若き日々を描いた新作映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』が公開中。『スター・ウォーズ』の初心者でも楽しめる快作だが、さらに深く楽しむためのポイントを紹介する(後半部分はネタバレを含みます)。

◆ ◆ ◆

■『ハン・ソロ』のファルコンは、ツルンとしていてメカっぽさが全然足りない

恋ちゃん(大手マスコミの、元気な映画好き若手社員)「小石さん、『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』はどうでした? ハン・ソロと『ミレニアム・ファルコン』に惚れ込んでいる小石さんには、語りたいことが山ほどあるんじゃないですか?」

小石輝(恋ちゃんの先輩社員だが、よくいじられているオタクおじさん)「いやあ、予告編でこの映画に登場する『初期型ミレニアム・ファルコン』を見た時には、ものすごく心配したけどね」

「どうしてですか?」

小石「ファルコン最大の魅力は、機体各部の外板がはずされて、複雑な内部メカが露出しているところや。不良のカーマニアが、むちゃな違法改造を繰り返したあげく、ほとんど原型をとどめなくなったオンボロのスポーツカー、というイメージやね。ところが、今回の映画のファルコンは、ツルンとしていてメカっぽさが全然足りない。『作り手たちはファルコンの魅力の本質を分かっとらんのか!』と怒ってたんやけど、実際に映画を観たら『ああ、こういうことがやりたかったんか』と納得。己の不明を恥じたわ。

 映画自体もようできとった。最近のスター・ウォーズ映画の中では、登場人物が段違いに生き生きとしていたし、物語の展開も二転三転。詐欺師が主人公の傑作映画『スティング』(1973年)を思わせるどんでん返しも用意されていて、すごく楽しめるでえ。成功の一因は、シリーズの中でも評価が高い『エピソード5・帝国の逆襲』の脚本を手がけたローレンス・カスダンが、息子のジョナサン・カスダンと共に、今作でも脚本を担当しているからやろうな」

「確かに『帝国の逆襲』は、各キャラクターそれぞれの、お互いに対する繊細な思いが伝わってきて、シリーズの中でも特に味わい深いですよね」

小石「それは、個々の登場人物の『動機づけ』が、しっかりとできているからや。主人公のルーク、ヒロインのレイア、そしてハン。それぞれがお互いを大切にしつつも、異なる人生の背景を持っていて己の道を行こうとするがゆえに、さまざまな矛盾が生じてくる。その過程や、登場人物たちの抱える葛藤が、観客にもよう伝わってくるんや。

 今回の『ハン・ソロ』でも、若き日のハンや相棒のチューバッカだけじゃなくて、ハンの元恋人キーラ、ハンのロールモデルとなるベテランの盗賊ベケットや、その恋人ヴァル、仲間のリオ、それぞれに背負ってきた過去があり、絆があり、求める未来がある。その絡み合いが物語を進めていくから、大人でも楽しめる深みのある作品になっていると思うで」

「だけど、興行的には『スター・ウォーズ』シリーズ初の大ゴケ作品として、さんざんに言われてますね」

小石「作品の出来と客の入りは関係ない、というのが映画を観る際の鉄則やからね。俺の周囲にいる『スター・ウォーズの達人』たちはみんな、『予想よりもずっとおもしろかった』『楽しめた』と好意的な評価をしているよ。

 ほんまにスター・ウォーズが好きな連中は、派手な戦闘シーンや、メカやクリーチャーのデザイン以上に、『登場するキャラクターたち(人間、エイリアン、ロボット)が、血の通った存在として魅力的に描かれているか』を重視するもんなんや。初期三部作が今でも人気なのは、やっぱりそこが秀でているからやろう。『スター・ウォーズ』を愛する人は、世評に惑わされず、ぜひ劇場でご覧になることをお勧めするわ」

「マニア向けっていうことは、『スター・ウォーズ』の初心者、一見さんはお断りなんですか?」

小石「いやいや。この作品のすごい所の一つは、『スター・ウォーズ』に関する予備知識がまったくない人が観ても、『宇宙を舞台にしたアウトロー映画』として十分に楽しめることや。『スター・ウォーズ初心者は、まずはこの映画を観てから、成長したハンが活躍する『新たなる希望』に入っていく、というやり方も十分ありやと思うで」

■今回のハン・ソロにはリアリティーがありすぎる

「なかなかの褒めっぷりですねえ。だけど、ハン・マニアの小石さんとしては、何か言いたいこともあるんじゃないですか?」

小石「ギクッ! 君もなかなか鋭いなあ。この映画はロン・ハワード監督の言う通り、『スター・ウォーズ銀河における本当の意味での最初のキャラクター研究』であり、ハンの人物像を徹底的に掘り下げている。それはすごくうまくいっていると思うんやけど、そこが逆にひっかかるところなんや」

「どういうことですか?」

小石「旧三部作におけるハンって、けっこう行動に一貫性がないやろ。自分を追ってきた賞金稼ぎを、相手が銃を抜く前に平然と射殺するなど、冷酷無情な男かと思えば、命がけでルークやレイアを救ったりもする。俺はそういう『いきあたりばったりで、その時々の自分の感情に忠実』というところが、ハンの一番の魅力やと思っていたんや。

 そやけど今回の映画は、ハンが旧三部作でなぜああいう一見矛盾した行動をとったのか、まるで推理小説の謎解きでもするかのように明快に示してみせる。『敵に情けをみせないのは、こういうことがあったからか』とか『過去にこういう恋愛をしていたからこそ、レイアにも惚れたんや』とか、いちいちちゃんと理由づけしてくれるんや。しかも、それが上っ面だけの話じゃなくて、生き生きした登場人物たちとの絡みの中で描かれるから、けっこうリアリティーがあるわけ」

「それって『人物がしっかりと描けている』ということだから、むしろ褒めるべき点なのでは?」

小石「普通のリアルな映画やったらな。そやけど、『スター・ウォーズ』って元々、ルーカスが古今東西の神話や昔話に共通するパターンを踏襲して作り上げた『現代人のためのおとぎ話』なんや。あんまりキャラクターの造形を明確にしすぎると、作品世界との『食い合わせ』が悪くなってしまう。あまりにもリアルな登場人物が出てくるおとぎ話って、なんか気持ち悪いやろ?

 ちょっと夢見心地で、あいまいで、ええ加減な感じ。それこそが『スター・ウォーズ』世界の最大の魅力や。作品世界に余白がいっぱいあるから、観る側が自分自身のイメージを投影させて『私の、俺のスター・ウォーズ』を作り上げることができる。心理療法家の河合隼雄も言っているとおり、おとぎ話や神話の魅力ってそういうもんやし、だからこそ人々の心を癒やしたり、成長させたりできるんやと思う」

「そこ、なんとなく分かるなあ。最近のスター・ウォーズ映画って、どんどん作品世界の設定を細かくリアルにしていくでしょ。『そんなことして何になるの?』とか『ついていけないなあ』とか、つい思っちゃうんですよね。『スター・ウォーズ』は、『ダース・ヴェイダーかっこいい!』とか『イウォークかわいい!』で十分な気がします」

小石「『スター・ウォーズ』作品を量産しているディズニーも、そこらへんはちょっと考え直した方がええかもしれんね。で、話を映画『ハン・ソロ』に戻すと、『スター・ウォーズのアナザー・ストーリー』であると同時に、『アウトロー映画』としてもようできたこの作品の新しい楽しみ方を、俺は提案したい。それはこの映画を『ルパン三世の本当の最終回』へと脳内変換してしまうことや。しかも、女たらしの三枚目ルパンじゃなくて、1971年に放映された最初のテレビシリーズや『カリオストロの城』で描かれた、『ハードボイルドでかっこいいルパン』の最期を描いた作品としてな」

■ベテランの盗賊ベケット=ルパン三世?

「はあ!? いつもひねくれたこと言っていますけど、今度ばかりは暑さで頭がおかしくなっちゃったんじゃないですか」

小石「まあ、聞けや。この作品でルパンに相当するのは、年老いた切れ者の盗賊・ベケットや。ルパンは基本的に年を取らないキャラクターやけど、宮崎駿監督は『カリオストロの城』で例外的に、最初のルパンから約10年後の『中年になったルパン』を描いている。だからこそ、その後の『年老いたルパン』も観たくなるやないか。ただ、ベケットは一見、『カリオストロ』のルパンのような心優しい男に見えるんやけど、その本性は、宮崎さんが演出に加わる前のファーストシーズン初期、大隅正秋演出のクールなルパンに近い。あえて言えば宮崎ルパンと大隅ルパンの折衷、というイメージやな。

 ベケット=ルパンとして映画『ハン・ソロ』のあらすじを語り直してみると、こんな感じになる。ここからは映画のネタバレも入ってくるから注意してな。若い頃は羽振りのよかったルパンも、年老いて体力・気力とも衰えが目立ち始めた。かつては袂を分かった峰不二子(ベケットの恋人・ヴァル)も、そんなルパンを心配してか再び仲間の1人になっている」

「不二子って、そんなに心優しい女でしたっけ?」

小石「だから、『大隅&宮崎バージョンのルパン』って言うとるやろ! 大隅さんや宮崎さんの描く不二子は、欲得づくで男の間を渡り歩く尻軽女やなくて、自立したしっかりとした女性やし、ルパンを思う心は常にある。ルパンが衰えたからこそ、ルパンを何とか支えようとして戻ってきたんやないか! その辺の人情の機微、分かって欲しいなあ」

「(ようやく熱くなってきた。こうでなくちゃイジリがいがないよねえ)じゃあ、次元は?」

小石「次元はもちろん、ベケットと組んでいる四本腕の腕利きパイロット・リオや。『ルパンの頼りになる相棒』という次元の役回りそのものやろ。残念ながら五右衛門はいない。『カリオストロの城』でも五右衛門は影が薄いからな。宮崎ルパンでは、五右衛門の居場所はあんまりないんや。ベケット=ルパンも、リオ=次元も、最後に一山あててこの世界から足を洗い、静かな余生を過ごしたいと思っている。そこで計画したのが、再生エネルギーの効率を飛躍的に高める大量のレアメタル合金を輸送列車から強奪し、犯罪シンジケートに横流しすることや。計画には軍用の大型ヘリがいる。中東の戦争に傭兵として潜り込み、どさくさまぎれにヘリを強奪しようとしていたところ、戦場で妙な若いチンピラ二人組と出会い、『俺たちにも一枚?ませてくれ』としつこく懇願されるんや」

「そのチンピラ二人が、ハンとチューバッカなんですね」

小石「そういうこと。こいつら二人は、これまでのルパンには登場していなかった『最終回用の新キャラクター』に相当するから、ハン、チューイと映画そのままの呼び方で行くわ。

 不二子は『こんな若造を仲間に加えたら、かえって危ない』と反対するんやけど、ルパンは自分たちの力量にすでに自信を失っていて、『人手不足だから』とか言って受け入れてしまう。そして決行の日。犯行は首尾良く成功するかに見えたんやけど、実は不二子が危惧していた通り、別の犯罪集団に情報が漏れていて待ち伏せに合う。不二子はルパンを逃がすために自爆し、次元も銃撃戦の最中に力尽きる。ルパンは自分の計画の詰めの甘さから、大切な仲間を二人とも失ってしまうんや」

■小物アウトローが受け入れている「みじめな最期」

「えらくハードな展開ですね。不二子も次元も、そんなに簡単に死なせちゃっていいんですか?」

小石「犯罪組織の大ボスならともかく、自らの知恵と力だけを頼りに生きてきたルパンたちのような小物アウトローの末路は、そんなもんやろ。『カリオストロの城』の最後で、ルパンがクラリスを連れて行かなかったのも、『最期は結局、野垂れ死に』という末路を、誰よりもルパン自身が覚悟していたからやと思うで」

「なるほど。そう考えると『カリオストロの城』のダークサイドが浮かび上がってきますねえ」

小石「そうそう。ルパン一味の明るさは、本当は『自らのみじめな最期』を100%受け入れていることから来る、反作用みたいなもんなんや。話を戻すと、ベケット=ルパンは仲間二人を失ったものの、新入りのハンの中に、若い頃の自分の姿を見いだす。生意気で口八丁手八丁だが、頭のキレも身体能力も抜群。何よりも、おそろしくハングリーで、自信過剰で、自分の未来を120%信じ切っている。しかも、キーラという一癖も二癖もありそうな危ない女に惚れ込んでいる」

「そう言われてみると、この映画のハンのキャラクターって、最初の頃のルパンそのものですねえ。キーラも、峰不二子とうり二つだし」

小石「そうやろ。『カスダン親子は脚本を書く際に、ルパン三世を参考にしたのかも』と、つい思ってしまうぐらいや。ベケット=ルパンは、レアメタルの横流しを約束していた犯罪シンジケートから、失敗の落とし前をつけるよう迫られる。そこで彼はハンとチューイ、そしてキーラを新たな仲間として、最後の大バクチに打って出るんや。

 ここから先の展開は劇場で確認して欲しいんやけど、ベケット=ルパンの本当の意図が、ハンとチューイを踏み台にして、自らの生き残りを果たそうとすることにあったのか。それとも、ハンに命がけで自らの『アウトロー魂』を伝授しようとしたのか。それは分からん。おそらく、自分自身にもよう分かってなかったんやないか。ただ、この作品における老盗賊ベケットの死を、『ルパンもこういう風にして死んでいったんやな』と受け止めることは、なかなか味わい深い映画の観方やと思うで。そんでな、ハンは最後にベケット=ルパンの亡骸を前にこうつぶやくんや。『じいさん、これからは俺がルパンの名を継ぐぜ』。これだけは、映画にはない俺オリジナルの妄想シーンや」

「ルパンの世代交代の話にしちゃうんですか!? 『スター・ウォーズ』のファンとルパンのファン、双方から石を投げられそうな話ですねえ。炎上しても知りませんよ」

小石「まあええやん。俺は『こういう楽しみ方もありまっせ』と提案しているだけなんやから。ただ、この映画のリアルでハードなテイストは、『スター・ウォーズ』世界以上に、ファーストシリーズやカリオストロの『緑ジャケット版ルパン』に合っていると思うんや。俺自身を含め、緑ジャケットのルパンをリアルタイムで経験してきた世代も、もう50〜60歳代。『自らの衰えに向き合わざるを得なくなったルパン』が、心にしみるんやないかなあ」

(小石 輝)

関連記事(外部サイト)