広島・ジョンソンのユニフォームの脇の穴に隠された意図を探る

広島・ジョンソンのユニフォームの脇の穴に隠された意図を探る

脇の穴が一目でわかるイベント・優勝パレード ©オギリマサホ

 一体いつからあんな穴が開いていたというのか。

 あの穴の存在にはじめて気付いた時、私は驚き、うろたえた。通常あんなところに穴が開いていた場合、人が取るべき行動はただ一つ、「繕う」である。しかし破れたわけではなく意図的に開けられているようなのだ。何なのか、あの野球選手のユニフォームの脇の下に開いている穴は。

 現在多くの選手のユニフォームに施されている脇の穴は、主に「肩の可動域を広げる」「通気性を良くする」という2つの理由で開けられているという。私が脇の穴の存在を意識したのは2000年代初頭だったと思うが、遡れば1989年、西武との優勝をかけたダブルヘッダーで4連発を放った近鉄・ブライアントがガッツポーズを決めた時、その脇には穴が開いていた。脇に穴を開け始めたのは野茂英雄だという人もいるが、野茂が1990年に近鉄に入団した時には既にユニフォームに穴は開いていたのである。逆に、大きく振りかぶる際に脇の穴からアンダーシャツや脇が見えることを嫌った野茂は、入団2年目には穴なしのユニフォームを希望し、トルネード投法に耐えうるよう伸縮性があって丈夫な赤色の布で穴部分を加工したという(参考:『プロ野球ユニフォーム図鑑1934〜2013』ベースボール・マガジン社/2013)。

 ではなぜ当時の近鉄は脇に穴を開けたのか。それは「ユニフォームがピチピチだったから」ではないかと推測する。1980年代のユニフォームはどの球団も体の線に沿ったピッタリしたフォルムであった。1970年代にいち早くメッシュ地ユニフォームを採用した近鉄だったが、現在の素材よりは伸縮性が弱く、肩を動かしにくかったのではないだろうか。

■2000年、カープの脇開け元年

 ところで先日、野球殿堂博物館に展示されている衣笠祥雄や山本浩二のニット地ユニフォームをしげしげと眺めていたところ、脇の下のみ三角形のメッシュ加工が施されているのに気が付いた。目立たぬうちに通気性対策の方は1970年代からなされていたのである。

 この流れをまとめると、通気性を良くするため脇部分のみメッシュにした→ユニフォーム全体がメッシュになった→ピチピチなので脇に穴を開けた→脇の穴で可動域と通気性の問題が両方解決できてめでたしめでたし、となり、現在のゆったりしたユニフォームにも脇の穴がそのまま継承されたのではないかと考える。

 しかし公認野球規則には「各プレーヤーは、その袖がボロボロになったり、切れたり、裂けたりしたユニフォームおよびアンダーシャツを着てはならない」(3.03(e))という規定がある。脇の穴はこれに抵触しないのだろうか。恐らく「この脇は裂けているのではなく、もとから穴を開けた加工なんですよ」という意思表示が必要なのだと思われる。そのためには一人ではなく複数人が一斉に脇穴ユニフォームを導入する必要がある。カープを見てみると、1999年までは誰の脇にも穴は開いていなかったが、2000年になると佐々岡真司、澤崎俊和、横山竜士、町田康嗣郎、前田智徳……と脇の穴が大発生した。この年がカープの脇開け元年であったのだ。

■可動域について考えてみた

 とは言え私はまだあの穴と和解した訳ではない。「普通、脇に穴は開いてない」という固定観念から逃れられない。着物における身八つ口のようなものかと自らを納得させてみるが、着物の場合は脇が見えないよう所作に気を付けるものである。ユニフォームはその点お構いなしだ。アンダーシャツが見えるのはまだいい。問題はアンダーシャツが袖なしだった場合、地肌が丸見えになることだ。せめて大きく振りかぶらないで欲しいと願うが、大きく振りかぶる投手にこそ脇の穴は必要であろうから悩ましい。

 肩の可動域がと言うならば、いっそのことユニフォーム自体を袖なしにしてみてはどうか。MLBのプロモーション「ターン・アヘッド・ザ・クロック」では、“未来のユニフォーム”という設定で袖なしユニフォームを着用している。日本でも過去に中日やロッテが袖なしユニフォームを採用した時期があった訳だし、非現実的な話ではない。

 第一可動域可動域と言うが、足を大きく上げるフォームの永川勝浩や小川泰弘(ヤクルト)などの足の可動域はどうなるのか、股下に穴を開けなくていいのか……などと思考が錯乱してきたところで気が付いた。時代は変わったのだ。今や脇の穴は普通の光景であり、個人が穴のあるなしを自由に選べる時代になったのだ。違和感を持つ私の方が石頭なのだ。

■なぜジョンソンは脇に穴を開けたのか

 打ちひしがれた気持ちで現在のカープ選手を見てみると、やはり投手・野手を問わず穴あきを選択する選手の方が圧倒的に多い。ところがここで脇事情に変化がみられた選手がいる。来日4年目の左腕、クリス・ジョンソンである。

 ジョンソンのユニフォームには昨年まで穴が開いていなかった。MLBでは脇開け加工はほぼ見られないため外国人選手が脇穴ユニフォームを着ることは珍しく、ジョンソンもその例に漏れなかった。ところが今年3月31日の開幕第2戦に先発したジョンソンの脇には穴が開いていた。ユニフォームはほぼ選手自身のオーダーにより作られるというから、脇穴はジョンソン自らの意思で開けたのだろう。しかしなぜ来日4年目の今年になって、ジョンソンは脇に穴を開けることを選択したのだろうか。

 来日1年目から2年連続2桁勝利を挙げ、一昨年には外国人投手として52年ぶりとなる沢村賞を受賞したジョンソン。しかし昨年は度重なる不調で離脱を繰り返し、6勝3敗に終わった。ジョンソンにとってはさぞ悔しいシーズンだったに違いない。

 そのためジョンソンの今シーズンにかける意気込みは並々ならぬものがあった筈だ。脇の穴はその決意の表れなのかも知れない。ただ、真面目な顔をしてバティスタのドレッドヘアをいじったり、お立ち台でスラィリーのマイクを奪い取ったりするお茶目なジョンソンのことだ。これはもしかすると「ツッコミ待ち」なのではないだろうか。

 先日7月4日に来日通算40勝目を挙げ、バリントンに並ぶカープ外国人最多勝利となったジョンソン。誰か次回勝利のヒーローインタビューの際、「今年から脇に穴が開きましたね!」とつっこんでくれないだろうか。その時ジョンソンがどんな反応を示すのか、私は今から心待ちにしている。

※「文春野球コラム ペナントレース2018」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト http://bunshun.jp/articles/-/7989 でHITボタンを押してください。

(オギリマ サホ)

関連記事(外部サイト)