楽天・松井裕樹の先発、田中和基のブレイク……夢は必ず現実になる!

楽天・松井裕樹の先発、田中和基のブレイク……夢は必ず現実になる!

平石洋介監督代行とのツーショット ©かみじょうたけし

 文春野球コラム、今シーズンラスト登板でございます!

 我が東北楽天ゴールデンイーグルスは9月30日現在、残念ながらペナントレースもコラムも最下位。昨年はどちらも3位だった事もあり、始まって2年目だが何か共に闘っているように勝手に感じている。今シーズンからお願いした河内一朗氏も初めてのコラム執筆にもかかわらず選手、監督、コーチ陣の生の声、NOWな情報から選手の好きなおにぎりの具まで誰も知りえない情報を読者に伝えてくれました。選手はよくやってくれたのですっ。すなわちこの負けは監督である私かみじょうたけしの全責任である事は間違いありません。もちろんオーナーからの退任要請があれば受け入れざるをえない。

 ただしかし!

 ここに誰よりも早く宣言しておきましょう。

。。。

。。。

。。。

 来年も書きたい……。楽天イーグルスのコラム書き続けたい。監督解任でも一選手として書かせてもらいたーい! てか、監督解任はかみじょうたけしだけで、平石洋介監督代行には来年は監督でお願いしたーい!! わしふぉぉー!!!!

■コラムで書いたことが現実に

 さて、クライマックスへの切符もなくなった今、来シーズンに向けての話をしようではないか。まず正直びっくりしている事が一つある。僕が9月19日に書いた コラム 、松井裕樹投手は100セーブを一区切りに来シーズンから先発に戻ってはどうだろうか? という内容のものだ。実は前日の9月18日、今シーズン関西最後のカードという事もあり京セラドーム大阪で行われたバファローズ戦を試合前練習から見学させてもらっていた。

 そして最近元PL学園野球部の方からプレゼントしていただいたPL学園帽子とPL学園ジャージを着て観ていた事もあり、高校野球大好きプロ野球選手の松井裕樹投手が声をかけてくれた。

松井「お疲れ様です。その格好やばいですね(笑)」

かみじょう「ハハハ、んなことより100セーブおめでとうございます!」

松井「ありがとうございます!」

かみじょう「実は明日アップされるコラムに松井さんの事書いてます!」

松井「いつも読んでますよ! 読んどきますねっ!」

 そうなのだ松井投手はいつも文春野球コラムを読んでくれている。実は横に高梨雄平投手もいましたが、3人の会話はここではとても……(笑)。

 いや、そんな事ではなく、もうお気付きですよね?

 9月27日のマリーンズ戦で松井裕樹投手が先発登板をしたではないか!!! 結果は皆さんもご存知の通り5イニングを投げ球数83、被安打3、三振7と見事な成績で勝ち投手となった。しかも自ら先発志願したとかしてないとか……。

 これ完全に松井投手がコラムを読んで先発いったんちゃいまっか?? 絶対そうですやん!!! うわっ、すっげーなっ、すっげーなっ、すっげーなっ。

 って、ほんな訳あるかぁぁぁーい!!!

 演歌歌手ジェロのキャップか! ぐらいあっさいあさい君の考えなんか球団は想定内の想定内、56周目ぐらいじゃい!!

 もう誰に怒られてんのかわからんようになってきましたが、ただこれだけは確実に言える。これだけは言わせてください。このコラムで書いてきた事がちょいちょい現実になっていってるやん。

■田中和基の大ブレイクも予知 次なる夢は?

 昨年の5月24日のコラムを読んでみてほしい。

『田中マー君がいなくても、楽天には田中カー君がいる!』

 まさに今シーズンの大ブレイクを予知しているではないか。さらにそこには「カー君」こと田中和基は持っている選手だと書いてある。

 実は今年新人王をすぐそこまでたぐり寄せているのも持っている選手だったからこそなのだ。新人王の資格についてだが、打者として前年までの一軍での打席数が60打席以内という規定がある。なんと田中選手は2017年シーズン59打席なのだ。梨田昌孝監督にしてトリプルスリーを狙える素材といわしめた男の強運。そして現在の雰囲気をみても近い将来トリプルスリーは実現するだろうなと思わせてくれる。ならば両打ちで史上唯一トリプルスリーを達成したレジェンド松井稼頭央選手と昨年のルーキーイヤーに1年間同じ空気を味わえた事、こんなに大きな財産はないだろう。まさに持っている選手なのだ。

 さらに今年8月21日にアップされたコラム、 『盛り上がる夏の甲子園から、楽天ドラフト1位を探してみた』 には僕の希望する選手を書いた。今月25日に行われるドラフト会議で実現する事を祈っている。

 もうこうなったら、夢書いときましょうよ!

右の和製大砲内田靖人選手30本塁打。
田中和基3年目でのトリプルスリー達成。
則本昂大、岸孝之、松井裕樹、岩隈久志の鉄壁の4本柱完成!
ゼラス・ウィーラー選手がベストファーザー賞受賞。

 これぐらいにしておこう。来シーズンどの夢が叶うのか楽しみでならない。

〈おまけ〉
 9月18日PL学園ファッションで練習見学していた僕と快く写真をとってくれたPL学園OBの平石洋介監督代行と今江年晶選手。平石さんは去り際、僕のジャージの首元のジッパーが上まで上がっていない事に気づき、グッと上げながら「PL学園はシッカリ上まで締めないと!」。

 その後、今江さんは「 文春野球コラム 、読みました! かみじょうさん向日町競輪場で働いてたんですね?」と声をかけてくれ、去り際にジッパーを見て「ちゃんと上がってますね!」。

 現役時代上がってなかったらどないなったんやろ(笑)。

※「文春野球コラム ペナントレース2018」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト http://bunshun.jp/articles/-/9147 でHITボタンを押してください。

(かみじょう たけし)

関連記事(外部サイト)