オスカー有力候補の『ミナリ』 医者を目指していたリー・アイザック・チョン監督が映画監督になった理由

オスカー有力候補の『ミナリ』 医者を目指していたリー・アイザック・チョン監督が映画監督になった理由

左からアラン・キム/スティーヴン・ユァン ©2020 A24 DISTRIBUTION, LLC All Rights Reserved.

 なんという華麗なカムバック。

『ミナリ』の脚本を書いた2018年夏、リー・アイザック・チョン(42)は、映画監督を諦め、大学講師にキャリア転向しようとしていた。2007年の長編映画デビュー作『Munyurangabo(日本未公開)』はカンヌ国際映画祭で上映され、インディペンデント・スピリット賞にも候補入りしたのだが、その後は芽が出ず、家族を養うために現実的な選択をしたのである。それでも未練のあるチョンは、最後にもう1本だけ脚本を書いてみようと思った。それが、自らの子供時代の経験に緩やかにもとづく『ミナリ』だ。

 しかし、アイデアはすぐに浮かんだわけではない。それをくれたのは、意外にも、チョンが読んだこともなかったアメリカの女流作家ウィラ・キャザーだった。何を書けばいいかわからずぼんやりしていたチョンは、なぜか心の中で「ウィラ・キャザー」という声を聞いたのである。

 直感に従ってキャザーの本を読んでみると、ネブラスカの農家を舞台にしたその話は、チョンが強く共感を覚えるものだった。最初はこの作品を映画化しようと思ったが、以前から娘に自分の生い立ちをきちんと語ってあげたいと思っていたチョンは、そこから少しずつ自分の思い出を書き出していくことになる。

「謎の声は、本当に聞こえたんだ。人にどう思われるか不安で、この出来事はあまり話したくなかったんだが、それが真実。ライターにとって、アイデアは貴重。デビッド・リンチも、アイデアは希少だから、見つけたらなんとしても逃してはならないと言っている。『ウィラ・キャザー』という心の声を聞いた時、僕は素直にそれに従ってみようと思った。そこから自分の人生を振り返ることになったんだ。いつか自分の過去を語ってみたいという漠然とした想いは、こんな形で後押しされることになったんだよ」

■不安そうな両親に作品を見せたところ…

 映画の舞台は80年代のアメリカ。韓国からの移民ジェイコブ(スティーヴン・ユァン)は、人に使われて一生を終えたくないと、妻とふたりの子供を連れて、カリフォルニア州からアーカンソー州に引っ越す。ジェイコブの夢は、ここで自分の農場を持つこと。しかし、希望に燃えているのはジェイコブだけで、妻モニカの心は不安でいっぱいだった。新居として古いトレーラーハウスを見せられると、その不安は絶望に変わる。さらに、そのトレーラーハウスには、韓国から呼び寄せたモニカの母(ユン・ヨジョン)も同居することになった。アメリカ生まれで韓国に行ったこともない長男デビッド(アラン・キム)は、狭い空間での祖母との暮らしになかなか馴染めず、衝突する。実生活でジェイコブに相当するのはチョンの父。映画は、チョンに当たるデビッドの視点で語られる。

「最初、両親には、『ユン・ヨジョンが出る映画を作る』としか言わなかった。両親は彼女のファンなので、そう聞いて喜んだよ。だが、彼女の役は祖母で、舞台はアーカンソー、ほかに父、母、ふたりの子供が出てくるというと、両親は不安そうになった。フィクションだと言っておいたんだが、自分たちのことを映画にされるのだろうとわかったようだ。家族に映画を見せたのは、2019年の感謝祭の集まり。その日、僕は、まるで犯罪者のように肩身が狭かった。でも、映画を見ると、みんな感激し、涙を流してくれたよ」

 アメリカに住むアジア系は教育熱心で、わが子には医者、弁護士、会計士のどれかになれと言って育てるのが典型的なパターンだ。ご多分にもれず、チョンも、イェール大学に入るまでは、医者を目指すつもりだった。近くに映画館もないアーカンソーの農場に育ったチョンは、子供の頃、それほど多くの映画を見る機会もなく、映画監督などという職業を考えたことはなかった。

■「医者にはならない、映画監督になる」

「大学4年生の時に必修だった映画製作のクラスを取って、こんなものがあったのかと感激したよ。そして、メディカルスクールには進学しないと決めたんだ。そのことを両親に告げたのは、家族旅行でフロリダのディズニー・ワールドに行った時。列に並びながら、『医者にはならない、映画監督になる』と言い、地上で一番ハッピーであるはずのその場所は、一転、地上で一番悲しい場所になった(笑)。でも、父はそんなことをすっかり忘れたみたいで、先週も、『映画監督になりたいというお前を俺はいつも支えてやったんだ。ありがたいだろう?』と言ってきたよ。実際、ユタ大学で映画を学ぶようになってからは応援してくれた。両親のおかげでここまで来れたのは本当だ」

『ミナリ』が6部門でオスカー候補入りを果たした今、チョンの両親は、これまで以上に息子を誇りに思っているに違いない。さらに、チョンには、メジャースタジオによる話題作が控えているのだ。日本のアニメ『君の名は。』のハリウッド実写映画化作品である。プロデューサーはJ・J・エイブラムス率いるバッドロボットが製作。キャスティングは、これから決まる。

「新海誠のオリジナル版は大好きだ。あの映画はラブストーリーであり、家族の話であり、自然に耳を傾ける話。とても共感できるんだ。最高の形で実写映画化できるよう、最大限を尽くすつもりだ。もちろん、日本の文化にも敬意を払う。今はまだコロナの中でどう製作を進めていくか話し合っているところだが、このプロジェクトに心をときめかせているよ」

 オスカーの後も、彼への注目は続きそうだ。

◆◆◆

※TOHOシネマズシャンテほか全国ロードショー
配給:ギャガ

<プロフィール>
リー・アイザック・チョン(脚本/監督)●1978 年、アメリカ、コロラド州に生まれ、アーカンソー州リンカーンのオザークにある小 さな農場で育つ。イェール大学の学士課程で生物学を学んだ後、ユタ大学で映画学の修士号 を取得。2012 年には、全米アーティスト・フォード・フェローシップを授与される。脚本 家と映画監督として、受賞実績を持つ。長編映画デビュー作『Munyurangabo(原題)』(07) は、2007 年カンヌ国際映画祭でプレミア上映され、絶賛を浴びる。その他の長編映画作品 には、『Lucky Life(原題)』(10)と『Abigail Harm(原題)』(12)がある。新作は『君の名 は。』のハリウッドリメイク版『Your Name』。本作で世界中のメディアと映画ファンに熱狂 を巻き起こし、現在も受賞リストを更新し続け、一躍、エンターテイメントの未来を担う存 在となった。本作『ミナリ』は第93回アカデミー賞6部門にノミネートされている。

(猿渡 由紀)

関連記事(外部サイト)

×