社長令嬢、偏差値68の中学進学……高畑充希29歳、ちょっとすごい経歴と“にじいろ”の才能

社長令嬢、偏差値68の中学進学……高畑充希29歳、ちょっとすごい経歴と“にじいろ”の才能

「舞台で天下を取りたい」とも公言

 番組最高の視聴率12.3%で幕を閉じた「にじいろカルテ」(テレビ朝日系)。難病を抱えながら奮闘する医師を演じた高畑充希(29)の好演が輝いたが――。

◆◆◆

 ドラマ関係者が語る。
「彼女は16年の朝ドラ『とと姉ちゃん』(NHK)などで手堅く主演を務めてきましたが、実は相当な“ハイスペック女優”なんです」

 東大阪市出身の高畑。実家は、明治時代から続く家具関連の製造販売を手掛ける企業を営んでいる。年商約12億円(昨年度)で、社長は彼女の父親。つまり、“社長令嬢”なのだ。ただ、一人娘の高畑は舞台鑑賞好きの母親の影響で、幼い頃から「舞台女優になりたい」と考えていたという。

「早稲田大学の演劇研究会を目指しながら、オーディションを受けようと思ったそうです。その足掛かりとして挑んだのが中学受験でした」(事務所関係者)

 合格したのは、偏差値68の私立四天王寺中。京大合格者も多い中高一貫の名門女子校だ。高畑自身も朝日新聞の取材に「中学受験が人生で一番勉強した」と振り返るほど。だが、進学後も夢を追い続けていた。

「中学時代の05年、ホリプロが主催したミュージカルのオーディションで、9000人を超える中から主演を勝ち取りました」(同前)

■四天王寺高には進学せず上京し…

 卒業後、四天王寺高には進学せずに上京。一人娘を可愛がる父親は「1、2年で戻ってくるだろう」と考えて送り出したものの、

「女性敏腕マネージャーと二人三脚で、舞台やドラマに次々出演していった。その傍ら、法政大にも進学しています」(同前)

 飛躍の転機となったのが、13年の朝ドラ「ごちそうさん」(NHK)で見せた歌唱力だ。喫茶店の焼氷を宣伝するために、「焼氷有り?の唄」を熱唱。約2分間の歌声にお茶の間は釘付けになった。

「その5年前、無名だった高畑を、コブクロの小渕健太郎が『新人歌手』としてプロデュースしています。『みつき』の名でデビューし、竹内まりやからも楽曲提供を受けた。プロも絶賛の歌声なのです」(同前)

 ここから、ドラマの主演作やCM出演などが一気に増えていく。18年の主演作「忘却のサチコ」(テレビ東京系)の山岸聖太監督が彼女の演技力を語る。

「新郎に逃げられたアラサー編集者(サチコ)が辛いことを忘れるために旨いものを探し求めるという話でしたが、一つの役でも、多彩な表情を魅せてくれました。言葉もなく、一人ただ食べるだけのシーンでは寂しさや哀愁を訴えかけてくる。現場ではいつも静かでしたが、演技力で牽引するタイプの座長でした」

■坂口健太郎と破局、ファンクラブ閉会を経て…

 そんな彼女も今年12月で30歳。プライベートでも転機を迎えているようだ。「とと姉ちゃん」で共演した坂口健太郎とは16年から交際を続け、結婚秒読みと報じられていたが、

「昨秋に破局。互いが多忙になったことが原因のようです」(スポーツ紙デスク)

 実はファンクラブも年内で閉会。ホリプロによれば、

「SNS時代のファンクラブの在り方を考える中で、30歳という節目での閉会を決めました。ライブなどファンの方との交流の場はこれからも続けていきたいと思います。独立は全くありません」

 高学歴で社長令嬢。演技派で歌手。“にじいろ”の顔を持つ高畑は30歳になった時、どんな色を見せてくれるのだろうか。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2021年4月1日号)

関連記事(外部サイト)

×