「佐藤って、去年のボーアみたいや」――阪神ファン少年野球日記@

「佐藤って、去年のボーアみたいや」――阪神ファン少年野球日記@

©いしいしんじ

 2021年4月3日土曜の京都。藤浪晋太郎が中日を6回7安打1失点に抑えた翌朝。

 いわゆる「花曇り」の鴻ノ巣山運動公園で、第89回城陽市長旗杯争奪大会、通称「城陽大会」の開会式が執りおこなわれた。錦林スポーツ少年団錦林ジュニアの背番号10番、K納キャプテンが背を伸ばし、凛とした面持ちで、前年度Bの部(5年生まで)の優勝旗を返還した。

■「今年、日本一なるから2回目やん」

 小5の息子ひとひが、一昨年、小3の秋から錦林ジュニアに入団。毎週土日、嬉々とした表情で、大ぶりなバットバッグにヘルメットをかぶり、腰を浮かせ自転車でかっ飛んでいく。グラウンドにはもう、同じ表情をした先輩、チームメイトが集まっている。僕も、仕事の手があいているときは、ソックスに短いベースボールパンツをはいて「いしい(へっぽこ)コーチ」として、グラウンドを整備し、転がるボールを追いかける。

 グラウンドに出ているからこそ、感じることかもしれない。プロの選手も少年チームの選手も、野球好き、の一点においては、誰もみな平等にちがいない。

 この日来ていた錦林ジュニア(以下「錦ジュ」)の選手12人に、好きなプロ球団をきいてみた。いわく。

阪神タイガース 7名
ソフトバンクホークス 2名
広島カープ 2名
読売ジャイアンツ 1名

 一見して明らかだが、タイガース以外すべて「強い」チームである。阪神、日本一になったんて、1985年の1回だけやで、と選手たちに教えると、へえ、という顔になり、

「今年、日本一なるから2回目やん」とこたえた。

 この日、城陽大会の一回戦。錦ジュ先発のH見投手は粘りのピッチング。1回2回を2四球1安打の0点に抑える。かたや錦ジュの攻撃陣は、1回と5回に2点、3回に1点を奪取。どれも四球にバントを重ねての、やはり粘り強い得点だった。3回からマウンドにあがったK納投手が、5回までの3イニングを1四球ノーヒットに抑え、錦ジュが5対0のスコアで勝利。傍目には、2回表、ショートからの難しい送球をすくいあげた一塁手Y本選手のプレイが、試合の流れを引き寄せたように思う。

■「佐藤って、去年のボーアみたいや」

 帰りのクルマでKコーチがテレビをつけると、大阪ドームがうつった。阪神対中日の二回戦がはじまったばかりだ。

 福留孝介が二塁打。錦ジュの正捕手K西選手「マジ、阪神のとき打ってやあ。チェンジアップで三振ばっかしてたのに」。「キャプテンていま大山なん」と、三塁手のH谷川選手、「糸原のままでよかったのにな」。小学生にして、銭湯のおっさんたちがむかし白黒テレビみあげて愚痴ってたまんまだ。

 大山悠輔が見逃したきわどい球がストライク。これをきっかけに、この日の試合の反省と、これからの展望に話題が飛ぶ。「大会の優勝まで、何回勝たなあかんのん」「6回」「サンズ五番なんか、四番かと思った」「コーチ、球数制限って、いつからですか」「佐藤って、去年のボーアみたいや」

 シートのひとひが頭をあげ、「ぼく、いま、何分くらい寝てた?」といってみな爆笑。けれどもその10分後には、車内の選手たち四人全員が、背もたれに頭をつけ、シートで斜めにずり落ちながら、すうすうと小学生らしい寝息をたてていた。寝る選手は育つ。

 少年野球は京都発祥。軟球も京都のスポーツ屋さんが発明した。タイガースで活躍する選手たちも、小学生のころはみな、試合のあとすうすう居眠りして帰るこどもだった。野球の磁力が、世代、性別、国籍をこえ、グラウンドに立つみんなをつないでゆく。

 翌日の4日日曜日、中京少年野球振興会リーグ戦の初戦、錦ジュは4回を14対0のコールド勝ち。同じ日の午後、タイガースは近本の先頭打者ホームラン、陽川のタイムリーなどで3対1の快勝。両チームとも今シーズンはほぼ理想的な立ちあがりをみせている。

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ペナントレース2021」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト https://bunshun.jp/articles/44407 でHITボタンを押してください。

(いしい しんじ)

関連記事(外部サイト)

×