「アジア人を代表してNFLに挑戦する覚悟ができました」 在日韓国人4世だった李卓が“日本人初”のNFL選手を目指す「深すぎるワケ」

「アジア人を代表してNFLに挑戦する覚悟ができました」 在日韓国人4世だった李卓が“日本人初”のNFL選手を目指す「深すぎるワケ」

NFLに挑戦中の李卓選手 ©?AFLO

 先日、プロゴルフの松山英樹選手が日本人男子で初めて海外メジャーを制した。

 近年はゴルフだけでなく、スポーツの分野で日本人選手の世界を舞台にした活躍が目覚ましい。これまで「日本人には不可能」と言われ続けてきた世界への扉を、多くの選手がこじ開けはじめている。

 一方、そんななか北米4大スポーツで唯一、アメリカンフットボールのNFLだけは、いまだ日本人には未踏のリーグとなっている。

 だが、ついにそんな最高峰の頂に手をかけつつある選手がいる。26歳の李卓だ。

 李はいま、インターナショナル・プレーヤー・パスウェー(IPP)と呼ばれるプログラムへの参加を目指し、9カ国11人の中で競いあっている。IPPは北米以外の国の有望な選手にも、NFL選手として契約のチャンスを与えるために2017年に開始されたプログラムだ。数カ月にわたる選考を通して実力を認められれば、実際にNFLチームへの帯同契約を結ぶことができる。

 現在、李は選考の中でトップクラスの評価を得ているという。チームへの帯同契約を手にする可能性も十分にある。では、李はいかにしてここまでたどり着いたのだろうか?

◆◆◆

■順風満帆なアメフト生活でぶつかった「壁」

 いまから7年前のこと。19歳だった李卓は、悩んでいた。

 幼少期から水泳、剣道、テニス、サッカー、野球とさまざまなスポーツに触れ、持ち前の運動能力と向上心で活躍してきた。中でも、愛知・南山中時代にはじめたアメリカンフットボールは性に合った。

「勧誘で連れていかれたらNFLの映像が流れていて。それがすごくカッコよかったんです。感激して翌日体験入部に行ったら、たまたま上手く走れてタッチダウンできたんですよね。そしたら監督に『お前はガッツがあるからいい選手になるぞ!』と言われて。今思えば勧誘のための甘い言葉なんですけど(笑)」

 そうして競技にのめりこんだ李は、どんどん力をつけていった。ポジションはランニングバック一筋。チームのオフェンスの核として、走りまくった。高校進学後には、2年生の夏に選抜チームに選ばれ、アメリカ遠征も経験した。3年時には全米の高校生が集い、強豪大学のスカウトも注目するテキサス州での合同練習にも、日本からただ1人加わることができた。

 大学は強豪校のひとつでもある慶大に進学し、そこでも力をつけた李は、2年生になった2014年には、U-19日本代表への選出を打診される。

「自分の能力に高い評価をもらえたのは、素直に嬉しかったですね」

 そう李自身が振り返るように、まさに順風満帆なアメフト生活だった。

 ただ、代表入りのためにはクリアしなければならない大きな課題があった。在日韓国人4世として生まれた李の国籍は韓国。そのため、代表入りするには国籍変更が必要だったのだ。

■思春期に悩んだ「自身のアイデンティティ」

「正直、すごく悩みました。自分は日本で生まれて、日本語を話して、日本の仲間と生活して、日本のフットボールに育てられた。両親もすでに韓国語はネイティブではなくて、教えられるほどでもないという感じでしたから。ただ、一方で自分のルーツが韓国にあることも間違いない。そこには大きな葛藤がありました」

 自身のアイデンティティについての悩みはずっと持っていた。

「やっぱり思春期には自分が韓国人なのか、日本人なのかが分からず、考えてしまう瞬間もありました」

 そんなとき、大きな影響を与えてくれたのが、当時サッカー日本代表で活躍していた李忠成の存在だったという。

「当時、忠成選手が日本代表で活躍されていたんです。同じように在日韓国人として生まれて、日本国籍に変えてからも日本名ではなく『李』の苗字のままで活躍していて、それが印象的だった。僕は自分のルーツに対して、愛国心…というほどのものは全然なかったんですけど、自分の両親や祖父母が“在日外国人”として日本で生きてきたということに対するプライドはあった。だからこそ忠成選手の活躍は、すごくカッコよく見えたんです」

 李がたどり着いた結論は「自分は在日韓国人であり、韓国にルーツを持った“日本人”なんだ」ということだった。

「ある意味で韓国人でもあり、日本人でもある――大きな括りで言えば、『アジア人』なんですよね。そういう風に考えるようになりました」

 そうして李は「日本国籍を取得して、世界選手権に参加したい」と両親に打ち明けた。

 両親は「卓の権利だから、挑戦したらいい」と背中を押してくれた。当時、未成年の李が国籍を変更するには、保護者も一緒に国籍を変更しなければならず、母の美苗さんも一緒に日本に帰化してくれたという。

■日本人がまだ未踏であるNFLという夢

 結局その年のU-19世界選手権には間に合わなかったものの、翌年には学生でただ1人、社会人に交じってフル代表として世界選手権に出場。本場アメリカに敗れて準優勝に終わったものの、世界のレベルを肌で感じることができた。そして、その頃からNFLという夢は、現実的な目標へと変わっていったという。

「国際大会でアメリカ代表と戦った時も、スピードもクイックネスも勝負できるということは感じましたし、試合中にどんどん成長しているのを感じました。高いレベルの環境に身を置けば絶対に成長できると思ったんです」

 大学では3、4年時に2年連続で関東リーディングラッシャーに輝いた。卒業後はJALに入社し、自社養成のパイロットを目指しながら社会人リーグでも活躍。新人王にも輝いた。仕事に、フットボールに、充実した生活を送っていた李だったが「NFLを目指して勝負したい」という思いは消えなかった。そして、2018年にJALを退社し、夢を追いかけることを決めた。

■北米外の選手がNFLの舞台に立てない理由は…

 アメリカの国技ともいえるアメフト。

 その競技で北米以外の選手が最高峰のNFLの舞台になかなか立てない理由は、実はプレーの実力や身体能力だけではないと李は考えている。

 最大の要因は「語学」と「コミュニケーション能力」なのだという。

「ただ英語が喋れるというだけではなくて、フットボールの英語は『フットボール・イングリッシュ』と言って、全く違う認識なんですよね。僕は英語もネイティブではないので100%ではないですし、会話の中にはスラングや聞いたことがないワードがでてきたりする。それを瞬時に理解できないといけないんです」

 実際に、テレビのインタビューなどで李の話す英語はかなり流暢なものだ。アメリカで生活に困ることもほとんどない。それでも、ただ単に「英語ができる」というだけでは足りないのだという。

「日常生活では支障はないですし、コーチやスタッフと話す分には問題ないんです。でも、例えばロッカールームなどでなまりやスラング交じりの早口で会話しているなかに飛び込むのは、かなり難しい。どうしても『?』となる瞬間があるんですよね。

 プレーの面でも一番の課題なのは、プレーコールを正確に聞き取れることと、QBがパッと何かを言った時に、それを理解しきれること。自分のプレーを遂行するのはもちろんですけど、相手に対するアジャストについても、英語で言っていることを理解して瞬時に動けるようにするのが難しいと思います。でも、そこはもう、実際にフィールド上で経験していかないとできないことだと思うので…」

 例えば他の競技であれば通訳をつけたり、ある程度の英語が理解できれば戦うことができるのかもしれない。

 だが、戦術が複雑で流動的なプレーの中、フィールド上で選手同士の直接指示が多いアメフトにおいては、言語理解とともにチームメイトとの信頼関係が絶対的に必要になってくる。また、特にアメフトにおいて外様であるアジア人選手に向けられる視線は決してやさしいものではない。その状況を打破するには、相当の語学力を身に着け、恒常的に多くの選手と気持ちを通じ合わせておかねばならない。おそらく、これまでの日本人選手に最も欠けていたのがその要素だ。

■異文化が当たり前だった幼稚園時代

 だからこそ李には大きなアドバンテージがあるように思う。

 李はもともと幼稚園でインターナショナルスクールに通っていた。そのため、周囲には国籍も、言葉も違う友人たちがたくさんいたという。ところが、小学校で日本学校へ入学すると、突然自分が「異質なもの」とされる居心地の悪さがあった。

「小学校で日本の学校に入ったんですけど、そこでは何というか…すごく『閉鎖的だな』と感じて。みんな肌の色が違う、家で話す言葉も違う、食事も文化も違うという環境の幼稚園に通っていて、多様な文化があることを知っている自分がいるなかで、いわゆる普通の小学校での閉鎖性に直面した時は、結構、衝撃を受けました」

 異文化が当たり前で、自身の世界を広げてくれたインターナショナルスクールとは環境がまるで違う。同じアジア人のはずなのに、それでも日本人と韓国人として壁を作られる。

「周りと自分はちょっとルーツが違うんだな…」

 嫌でもそんなことを意識させられた。

 そのカルチャーショックは幼い日の李にとって、大きなものだった。

■積極的に発信するダブルルーツの選手たち

「姉妹は幼稚園のあともインターナショナルスクールに通っていたので、それと比べた時によりショックも大きくて。ただ、そこで自分のアイデンティティというものを自覚するきっかけになりました」

 こういった厳しい経験や、前述の国籍変更という大きな出来事に対する葛藤を通して、李は自身のルーツの在り方について考え続けてきた。だからこそ、文化の違う異国に飛び込んでなお、自分の殻に閉じこもることなくアクションを起こし、高い評価を受けることができているのだろう。

 近年、スポーツ選手だけでなく個々人のアイデンティティの問題はたびたび俎上に上がる。テニスの大坂なおみ選手や、バスケットボールの八村塁選手のようなダブルルーツの選手たちも、それぞれのルーツに根差した発信を積極的に見せている。そして彼らは、その多様性を原動力に、前人未到の場所へとたどり着いている。彼らと同様、きっと李自身もそんな風に多くの人々に希望を与える存在となっていくはずだ。

■「アジア人を代表して挑戦している」という自覚

 1月末に渡米してから、挑戦もすでに3カ月目に突入した。

 今月初旬にはNFLのドラフト有力候補たちとともに「プロデイ」と呼ばれる合同セレクションにも参加し、まずまずの結果を残している。11名のIPP候補選手の中からチームとの契約に進めるのは4名だけという狭き門だが、李の歩みはここまでは順調だ。

?

「このプログラムの期間中にもSNSなどで、日本だけでなく韓国、中国など多くのアジアをルーツとする人から『勇気をもらった』という応援のメッセージを貰いました。最初は“日本の”フットボールを代表してという気持ちでしたが、NFLという舞台に『アジア人を代表して挑戦しているんだ』という自覚も芽生えました。これまではあまり意識したことがなかったけれど、自分がそういう立ち位置にいることを理解して突き進んでいきたいです」

 韓国と日本という「祖国」と「母国」を持つ李が目指す“日本人初のNFL選手”という夢――。

 これまで日本の歴史で誰も破れなかった壁を壊すのは、そんな多彩なバックボーンをもった男なのかもしれない。

 運命の結果は、5月初旬に発表になるという。

李卓/り たく 1995年2月20日、愛知県生まれ。南山中・高時代にアメリカンフットボールをはじめる。大学は慶應義塾大学に進学し、RBひと筋でプレー。大学3年時に日本代表として世界選手権アメリカ大会に出場。大学3年、4年時は連続で関東リーディングラッシャーにも輝いた。卒業後は日本航空にパイロット訓練生として入社し、社会人リーグの強豪・オービックシーガルズにも加入。ルーキーイヤーから活躍し、最優秀新人賞も受賞。2018年秋、日本航空を退社してNFLへの挑戦を決意し、昨年末よりNFLのIPPプログラムに参加中。

?

https://twitter.com/takulee29

https://www.instagram.com/takulee29/?hl=ja

(山崎 ダイ)

関連記事(外部サイト)

×