“史上最強のクイズ王”水津康夫が語る「早押しの鬼・ポロロッカ西村との死闘」

“史上最強のクイズ王”水津康夫が語る「早押しの鬼・ポロロッカ西村との死闘」

「こんなふうに話すの初めてだな」水津康夫さん(左)と道蔦岳史さん

「めったに表に出なくなった」伝説のクイズ王・水津康夫さんがついに文春オンラインに登場! クイズ王の友人・道蔦岳史さんを相手に、“強敵・西村顕治”のことから、大人気番組の裏話まで語っていただきました。あの「水津・西村時代」の全貌が今、明らかに! (全2回の対談前編/ 後編 へ続く)

■この対談も受けるべきか躊躇したんだけど

道蔦 水津さんにお目にかかるのは去年、広島のクイズ大会以来でしょうか? 

水津 そうだと思うけど、まあしかし、お互い知り合ってから長いね。道蔦さんが出題者、私が解答者として出演したTBSの『史上最強のクイズ王決定戦』が何年前?

道蔦 平成とともに始まった番組ですから、1989年。29年前です。『ギミアぶれいく』の中で始まった、大型クイズ企画でした。

水津 29年前……。私はその頃39歳とかそれくらいでね、道蔦さんだって若かったでしょう。

道蔦 27歳ですかね。

水津 そうか、あなたとは一回り違うのか。クイズっていうのは、年齢関係なく友達になれるからいいんですよね。「史上最強」が終わってから、私はめったに表に出ないんですよ。この対談も受けるべきか躊躇したんだけど、「道蔦さんが相手というなら、これはしょうがない」ってやってきました。

道蔦 ありがとうございます。で、今日は「めったに表に出なくなった」水津康夫が降臨したということで(笑)、あの「クイズ王ブーム」の頃の思い出を中心に色々お話を伺えたらと思っています。

水津 まあまあ、どうなりますやら。

■『アタック25』で目をつけていた

道蔦 それで、最初に水津さんと僕が出会ったのは何だったか、思い出して来ようとしたんですけど、全然思い出せない。

水津 さて、いつだったかな?

水津夫人 明治大学の学園祭。

水津 ああ、あれか。クイズ仲間と一緒に、様々な大学の学園祭に行って、クイズ研究会のイベントを楽しんでたんですよ。ちょうど道蔦さんが『アタック25』、私は「パネル」って呼んでるんだけど、あの番組で強い勝ち方したのを妻が興奮して教えてくれたんです。その強い子が明大の学園祭にくるって聞いたんだ。

水津夫人 『アタック25』で道蔦さんが最後の難しい絵当て問題で「スカラ座」って正解したの覚えてますよ。

道蔦 なるほど。1981年、僕が大学2年で『ウルトラクイズ』に出た後ですね。それがお互いの初めての出会いだとすると、37年もお付き合いがあるのか。

水津 私はそれまでに、3年に2回くらいの頻度でテレビのクイズ番組に出ていたんです。まだあの頃はクイズブームでもなければ、クイズ仲間を見つけるのも難しい時代でしたけど、クイズ番組で活躍した一般人の草分け・村田栄子さんが主宰する「ホノルルクラブ」というクイズサークルでみんなと遊んだりしていた。道蔦さんは、その中でもうんと若い友人です。

■平成のはじまりは「大型クイズの時代」だった

道蔦 僕も水津さんも、それぞれの番組で活躍していましたが、ちょうど「史上最強」が始まる頃って、割とテレビのクイズ番組が少なくなっていた時期だったんです。そんな時にTBSから「日本一のクイズ王を決定する番組をやりたい」と相談が来まして。最初は「出場してください」というお話だったんですが、話を聞くとどうやら中身もルールも決まっていない。「じゃあ、僕が裏方に回りましょうか」って申し出て、クイズの作成からクイズ形式の考案まで携わることになったんです。

水津 あの番組は第2回以降、全国から集まったクイズの猛者たちが予選を戦い、本選に出場して勝ち抜いた人がディフェンディングチャンピオンと決勝で戦うシステムでしたよね。ああいうのも道蔦さんが考えたんだ。

道蔦 そうですね。TBSが「史上最強」、その翌年90年からフジテレビが『FNS1億2000万人のクイズ王決定戦』を開始、日テレは『ウルトラクイズ』がありましたから、大型クイズの時代が平成初期にやってきたことになります。

水津 そんな中、私は道蔦さんの掌の中で踊っていたわけ(笑)。

道蔦 いえいえ、そんなことないです。「史上最強」の第1回は名だたるクイズマニア7人と石坂浩二さんを招待して、その名の通り「クイズ王決定戦」を企画したんです。水津さんのことは存じ上げていたから、是非とお願いして出場していただいた。そして見事、初代チャンピオンに輝いた。

■「史上最強」は苦しかった。だって、白っぽい問題が多いんだもの

水津 第1回出場者には『ウルトラクイズ』優勝者が3人いましたよね。第1回優勝の松尾清三さん、第2回の北川宣浩さん、第10回の森田敬和さん。そういう中で、私は大きなタイトルを持っていなかったから、番組側としてはちょっと想定外だったんじゃないですか。「パネル」は2回優勝しているけど、他のタイトルっていったってフジテレビで毎晩やっていた『クイズグランプリ』とか、あとはテレビ神奈川でやってた……。

道蔦 『クイズバトンタッチ』。

水津 ああそれ。私、準優勝とかが多くて、優勝があんまりないんですよ。『タイムショック』なんて11問正解しているのに、同点決勝で負けちゃった。だから、「史上最強」の優勝タイトルというのは貴重っちゃあ貴重ですねえ。

道蔦 裏方として心がけたのは、格調高い問題を出すことでした。それまでのクイズには出されなかったような、問題文は分かりやすいんだけど答えが出てこない、でも答えを聞くとみんなが納得するようなものを目指していました。

水津 でも道蔦さんの問題にはずいぶん苦しみましたよ。特に私が第1回のチャンピオンになってからの2回以降、私に負けてくれって言っているような問題、たくさん出されましたもの。もうね、スタッフの意図が見え見え(笑)。早く主役を交代して、番組に大きなストーリーを作りたいのね。

道蔦 そんなに水津さんをターゲットにしていたつもりはないけどなあ(笑)。

水津 だってさ、白っぽい問題が多いんだもの。つまり、カタカナが多い問題、答えがカタカナである問題。逆に黒っぽい問題というのは、漢字が多い問題。文章にして目にすれば、漢字の多い問題は総画数も多いし「黒い」でしょう。

■「はい、ワグネリアンです。」

道蔦 確かに水津さんは「黒っぽい」ほうが得意ではありますもんね。もちろん第1回、大木一美さんとの決勝では「はい、ワグネリアンです。」って答えて優勝を決めていますから、全く苦手というわけではないにしても。

水津 私は出版社で校閲の仕事をしていたんですが、その出版社は主に古美術や刀剣、仏教なんかの本を扱うところだったんです。それで自然と、そっちのほうの知識は身についていたんですね。だから中国古典の問題なんて出てくると、私の方が強いんです。たとえその相手が、やがてチャンピオンの椅子を交互にする西村顕治にしても。ところが流行語だ、ファッションだなんていう問題になると、私にわかるわけがない。

道蔦 将棋の問題はお得意ですよね。

水津 黒っぽいし、それに私は将棋が大好きだから。

道蔦 水津さんといえば、常に扇子を手にしているのがいつもの姿でしたが、今日お持ちのは……。

水津 これは森内俊之さんの紫綬褒章受章記念で頂戴したものです。森内さんは「パネル」で優勝経験もあるくらいクイズの実力がある方でしょう。実はお母様もクイズファンで、なぜか親子揃って私に注目していたらしい。それで森内さんがまだ20代前半の頃だったかな、年賀状が突然届いたんです。私は羽生さんより森内さんの棋風が好きだったくらいでしたから、もう嬉しくてね。それで交流が始まったんです。西村の家にも一緒に行ったこと、あるんじゃないかな。

道蔦 その時、僕も一緒だったと思いますよ(笑)。

■「ポロロッカ0.9秒」西村顕治の神業とは何だったのか

水津 そうだったか(笑)。しかし西村の早押しスピードというのは異常だったよね。

道蔦 世に言う「ポロロッカ0.9秒」ですね。「史上最強」の早押しクイズパートで、西村さんが「アマゾン川で……」と問題が読み上げられて0.9秒後に「ポロロッカ」と正解した、あのシーン。

水津 まず手が動いているんだな、西村の場合は。

道蔦 あれは早いというより、決断力のなせる技なんですよ。西村君は「これだ」と決め打ちしたら絶対に押す。そして、その決断には確度がある。そして押してから頭を整理しているところもある。

水津 「早押しが苦手な水津さん」って番組で紹介されることがよくあったんですけど、私だって早押しは苦手というわけではないんです。今でこそ、あんまり手が動かなくなってしまったけどね。とはいえ、西村を前にしてはそう思われても仕方がない。そういう神業なんですよね、西村の早押しは。

道蔦 早押しボタンの形って、クイズ番組によって違うじゃないですか。「史上最強」のボタンは押し心地どうでしたか? あれはでっかいキノコ型のものでしたけど。

水津 何せ普段練習しているボタンではないから、簡単ではなかったですね。それに私は左利きですから、突っ込んでいくような強い押し方ができないんです。それでちょっと独特の押し方に見えたんでしょう。

道蔦 「水津押し」。手前に引くような感じのスタイルでした。対して西村君のは「パーーンッ!」って押し出す感じでした。

水津 早押し機で思い出すのは、銀座の有名な鮨屋さんの「寿司幸」。そこのご次男がクイズマニアなんだけど、職人にならず「電気屋さん」になったんですよ。で、その人が私たちが早押しで遊べるようにって、4人用の早押し機を作ってくれたことがあった。

道蔦 そんなことがあったんですか。

水津 そりゃあもう、ずいぶん前の話ですよ。でもおそらく、あれが日本初の一般家庭用早押し機だったんじゃないかな(笑)。

道蔦 いやあ、そのエピソードがクイズになりそうな話ですね(笑)。

後編 につづく

写真=鈴木七絵/文藝春秋

すいつ・やすお/1949年生まれ。出版社勤務のかたわら、TBS『史上最強のクイズ王決定戦』の初代チャンピオンとなり、のちに日本クイズ史では語り草となる「水津・西村時代」を牽引した。

みちつた・たけし/1962年生まれ、横浜市出身。クイズ作家。『クイズ$ミリオネア』、『クイズ! ヘキサゴン』などを手がけ、現在は『オールスター感謝祭』、『Qさま!』、『クイズ! 脳ベルSHOW』を担当中。ネット環境の成長とともにクイズコミニュティの拡大にも関わる。

(「文春オンライン」編集部)

関連記事(外部サイト)